ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

メジャー MAJOR

劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(2008)

@TOHOシネマズ西宮OS スクリーン2 吾郎が三船リトルを抜けて福岡に転校して、三船東中学校に戻ってくるまでの空白期間を描いたエピソード。吾郎はこの福岡のリトル時代に右肩を壊していたのだが、原作では重要ではないということで2コマぐらいで流されてい…

#26 さよならは言わない<終>

"ご都合"もやむなし。涼子ちゃんには悪いけど、やっぱ横浜リトルには勝たないといかんのですよ。茂野が福岡へ移籍するため転校か。やっぱり、新婚だから単身赴任とはならなかったってことかね。吾郎なら一人でも残るとか言いそうだよな。 そしてMAJOR第2期へ…

#25 みんなで一緒に

「おまえとキャッチボールしてるのは楽しいからさ、せっかくの楽しみを奪うなよ」はキメすぎじゃないんですかと。こんなこと言っておいて4年も放置されたらそりゃ怒るだろうという話だ。今は関係ないけど。 みんなが頑張ってきたから、俺も頑張るという話の…

#24 追いつけ!追い越せ!

寿也が吾郎の変わらぬ野球センスに喜んでいるけれど、無理矢理誘われて始めたのに横浜リトルに入れた君も凄いのだと思うよ。なんだこの漫画、天才ばっかりかよ! 挑発されてもチェンジアップ三球放り込んだのはお見事。吾郎の性格だとストレート放るかなと思…

#22 決戦前夜

ミラクル清水!吾郎の野球人生が続いたのは彼女のおかげである部分が結構ある気がするんだけれど、吾郎はあんまり気にしてなさそう。 涼子との微妙なラブコメ関係終了。デートのつもりだったのに寿くんがいたショックはいかほどのものだったか。

#21 これが野球!

出ました、バットを縦にしたバント。沢村が誰のヒントも無しに考えたのなら、なかなかセンスあるよなぁ。

#19 かーさんの幸せ

小学5年生に母親の再婚話って重いなぁ。こればっかりはチームメイトでもどうしようもない。そういえば、桃子先生まだ働いてるのな。そりゃ働かなくちゃ食っていけないんだけども、ころっと忘れていた。

#18 目指せ、初勝利

ミラクル清水。

#10 雨の熱戦

燃え燃え。やっと吾郎の肩があったまってきたのに雨で手元が滑って打たれるとか、沢村が野球の面白さに目覚めるとか、大人達が考えを改めていくところとか、たまんねえ。商店会チームの人が、ただイヤな大人なのではなくて、子供相手にだんだん熱くなる人た…

#09 一人ぼっちのマウンド

天才野球少年の栄光と挫折、ってわけでもないが、吾郎が信頼関係の大切さを認識するまで。清水の着替えより相手投手の投球の方が気になるみんな…ひどすぎる。

#08 チーム結成!

吾郎は弱いやつの気持ちはなかなかわからないに違いない。だから、そこでフォローをする清水の存在は大きい。清水がいなきゃ小森は入らなかっただろうし、沢村もどうなっていたか。「あのままじゃ小森、一生沢村たちにいじめられるぜ」なんて言ってる場合じ…

#07 本田吾郎、9歳!

やっぱ清水っていい子なんじゃねーの、と再確認。

#06 さよなら……

さようなら、本田茂治。吾郎は桃子先生が引き取ったが、養子縁組したのかな?

#05 メジャーの男

「"マイナーリーグバッター"ぐらい解るよバカヤロウ」。 代打の切り札・本田茂治。きっと現実にこんなプレイヤーがいれば(短すぎる打者生活もあるし)代打神とか呼ばれるんだろうなぁ。"代打の神様"八木でもあそこまで打たんよ。 さて、160km/hの直球をおとさ…

#04 一日遅れの誕生日

ギブソン来日のニュースに、「絶対メジャーの選手からホームラン打ってよね」と無邪気な吾郎。おとさんはきっと打つさ、そして... ああ、なんたる悲劇。

#03 おとさんなんてキライだ!

この話、もちろん監督は悪いんだが、おとさんも言葉が足りないよな。吾郎はまだ5歳なんだから、なぜダメなのかを説明してあげないと。 打者転向以来、2軍で10試合5本塁打、打率は4割3分。1軍に上がったその試合で代打サヨナラ2ラン。本田茂治、恐るべし。

#26 さよならは言わない

横浜リトルには勝ったけど、結局4位というのがちょうどよい。茂野と桃子が結婚したが、吾郎はどういう扱いになるんだろう。桃子と吾郎って「親子」になってるけど、養子縁組したのだろうか。 そして吾郎は旅立っていった……続編作るのかな?

#25 みんなで一緒に

吾郎の想いが横浜リトルを打ち砕く、のか。樫本監督も熱意にほだされることあるんだなぁ

#23 負ける気ナシ!

ユニフォームが汚れてることをバカにするのはいいが、それは練習の証だと誰か思えよ横浜リトル。こういうことを言うヤツはろくな目にあわないです。 田辺、長谷川も活躍したことだし鶴田(メガネ)にももっと活躍のチャンスを!! あとは清水に尽きた。ムードメ…

#22 決戦前夜

清水がかわいかったので、他には何もないです。

#15 監督の思い

三船リトルに最初からいた四人もなんだかんだで野球が好きなんだな。彼らについてももっと掘り下げ希望。沢村が登板する試合では吾郎がセンターやるんだろうか?九人ではギリギリのやりくりになりそうってか、ケガできないよね。

#14 無謀な練習試合

結局、トラウマはなんとか克服したが打たれた、と。「タッチ」の上杉達也はストレート一本で甲子園優勝したが、やっぱり漫画でしかないのかなぁ。そもそも野球マンガですらない「泣くようぐいす」の千石うぐいすすらSFFを投げられたわけだし、天才野球少年の…

#13 夏だ、野球だ、合宿だ!

吾郎のトラウマ発動。三船リトルの選手たちはピッチャーが吾郎なだけにバッティングはいい練習ができて成長してそうだが、打球は飛んでこないから守備は下手そうだよな。"ちょっと太めの野球少年"がはなわなのだが、声優になったのか

#12 ギブソンからの招待状

ギブソンさんがかっこよくて濡れる。 微妙な年頃の小学5年生がホテルで二人っきりとか、何のイベント?清水が寝ていて吾郎はテレビ見ているシーンはどうかと思ったですよ。朝起きたら吾郎が隣に、ってのもアレゲ。

#11 おとさんのいたチーム

三船ドルフィンズ再始動。吾郎が上手すぎて他のモチベーションを下げてしまうってのはあるかもしれず。横浜リトルの見学へ。 おとさんがかつて所属し今はトシくんも所属する横浜リトルか、自分が友達を誘ってまで存続させたドルフィンズか。すでに吾郎の心は…

#10 雨の熱戦

心を入れ替えて球も速くなった吾郎、110km/hを投げる小学生ピッチャーですぜ。吾郎はもちろんのこと、沢村や小森の頑張りが光っている。試合中、子供達が案外頑張るのを見て感化されていく大人達萌え。沢村父もピッチャーが手を抜く気が無いのを見たときは「…

#09 一人ぼっちのマウンド

吾郎は最初から周りをあてにしてるとは思えないので、一人でやればいいと思います。清水の着替えをみんなで囲んで隠す……のは無理だろ。桃子先生入浴シーン以来のサービスカットでした。 草野球チームには吾郎の球がちょうど打ちやすいスピードなために打たれ…

#07 本田吾郎、9歳!

吾郎が9歳になって、以前入ろうとして一悶着あったリトルリーグへ。ところがリトルリーグは人気が無く、サッカーチームにグラウンドを取られる始末、グラウンドを返してもらうためには、商店街の草野球チームに勝たなくてはならない。まずチームを作るため、…

#06 さよなら…

第1話から「また子安か」なんて言いながら見てたが、子安さよなら……158km/hの球を頭部に受けたんだから、例え本人が起きあがってもすぐに医務室に連れて行かなきゃダメなのではないすか。危険球で、たとえ当たっていても無事にひょこひょこ一塁に行くプロ野…