ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#04 アンジェリカの復帰

 アンジェリカがほぼずっと赤面していて、マルコーべったりの可愛い子に仕上がっているのに、やっぱりアクションの動きや作画は低調。もったいないなぁ。
 1期のマルコーはもっとアンジェリカへ期待の裏返しのもどかしさをぶつけていて辛かったけれど、そういう部分は削れられていて、アンジェリカをかなり大事にしているのが伝わってくるキャラクターに変わっていた。だからか、作品も全体的に暗く背徳的な印象が拭われているんだな。あとはアクション作画なんかがサクサクと動けば2期の印象ももっと変わってくるんじゃないだろうか。

#04 その 明日を目指すものたちは…

 いつもの観光ゴンドラではなく、地元の渡し船トラゲットに挑戦する灯里。プリマ試験にうまくいかないシングルの修行の場になっているけれど、トラゲットを目指すウンディーネもいるってか。

「名前を残した馬たちへ」

不定期更新競馬日記(第5版)さんが2004年から書いていた供用停止種牡馬の紹介シリーズが今年で終わりらしいので、自分用にリンクまとめ。(移転対応済み)

2004:その1その2その3その4
2005:その1その2その3その4
2006:その1その2その3その4その5その6その7その8
2007:その1その2その3その4その5その6
とても面白かったのでシリーズ終了は残念

#04 アヤカシ使い

 "彼"が手駒として使えるアヤカシ使いは少なくないのか。むしろ、何らかの方法で増やせるのかな。今回のはわかりやすいイヤボーンで勝ったが、悠がアヤカシを使いこなせるようになりたいという気持ちを持っていることは大事だ。エイムが反対しているのは、悠のアヤカシの力を鍛えたくないのか。"彼"はそれを待っているような感もあるしなぁ。
 お風呂はいいサービスでした。織江とか初登場でそんなにすぐ仲良くなりそうなタイプじゃなかったのにな。陽愛パワーか。そういえば、陽愛と織江は救出が間に合ったけれど教頭や犬は存在していたこと自体忘れ去られてしまい、悠たち以外は思い出すこともないのか。イワナ、雑魚っぽいくせに怖いぜ。

#16 キリノの欠席と予選大会

 清村と杉小路がゲストで出てた。ああー、ほんと、アニメ化されないかなぁ。
 鞘子の紀梨乃への強い思いがよく伝わってくる話だった。サヤ、キリノのこと好きすぎるぞ。タマちゃんが倉庫に閉じこめられる件はそのうち同人誌で多用されそう。

#17 カガミ・ヨ・カガミ

 「佐々木まき絵だから」みたいな扱いはアニメ第2期のせいだわね。マンガやアニメだと気にならないけれど、ドラマになるととたんに派閥がクッキリと目に見えて分かれていてドロドロ風味。女子校としてはこっちの方がリアルなんだろうけれどね。
 ダンス覚えるのは本当にめんどくさそうだ…。