ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#01 クロース・エンカウンター(デカルチャーエディション) 祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP

 もってっけー! 第1話先行放送だが、クオリティの高さが異常。サテライトがこのためにキスダムを犠牲にしたんだと言うのならばそれも仕方がないかというような出来(実際どうなのかは知らないが)。約25分間の本編がまるで45分か60分もあるように感じられた。
 宇宙怪獣っぽい敵との戦闘なんて、マクロスプラスをも越えたんじゃないのかと思えるほど。ランカ・リー役の中島愛は新人さんなのでちょっと棒なんだが、それがちょうど心地いいな。

#13 あばよ!風の中へ<終>

 最終回だけえらく凝った演出で来たな。最後にずっとキーになっていた絵里奈が死に、武蔵と小次郎をつないだか。結局、風魔が味方した白凰学園が完全な勝利を収めて物語は終わり。やろうと思えば原作だって続きがあるから第2期もできるけれど、今回のようなインパクトはなくなってしまいそう。EDが特別仕様で戦いを振り返っていたが、1クールしかなかったわりにはもう覚えていないような戦いもあり、えらく濃い話だったなぁと実感する。

総括

 今期の深夜特撮の中で最もネタに走り、最も成功した。思わずキャラクターソング集を買いそうになるほど気になる作品だった。8人+8人+α出しておいてばっさばさ殺す展開はある種爽快だった。

#12 月下の煌き

 劉匠は別に破軍に肩入れしているわけではなく、国を第一に考えているようで、いざとなれば岱燈を消すこともやぶさかではなさそう。揺れる劉煌、父親が慶狼というのはあり得るのかな。友を選ぶか、国を選ぶかってところですが。

紅の月

 一見さんを完全にお断りの作り。きっとファン以外は見ないだろうということで問題はないんだろうけれど、新規ファン層を開拓しようという気はないのかな…。
 福原への奇襲作戦が一度失敗して全滅に近い損害を受けたところで時間リセットというのはほぼ反則技だな…。主人公が運命を変えようと頑張るのは構わないが、変えたくても変えられない運命というのはあるはず。といってしまうと夢も希望もないか。
 豪華声優陣を使っているだけあって演技は立派なものだけれど、ストーリーはここからが面白くなるというところで終わってしまっているので惜しいわ。

#13 きずな<終>

 そして10年後エンド。朱里と修輔や、後半出番を失った雛子らの出番があったのはよかったが、不完全燃焼な部分もあったな。
 菜々香は何も悪かったわけじゃないのになぁ…。桜庭は自分の娘が可愛いのなら、その秘密は責任を持って墓まで持って行けよ。実はお前の娘は血が繋がってないんだぜと言われて、はいそうですかとそれまで通り接することのできる父親ばかりだと思うな。あまりにも菜々香が可哀想だ。
 10年越しで結ばれたリスカップル、幸せになれるんかなぁ。菜々香、母親にだけは似ないでくれ。
 この枠には驚かされることが多いが、この作品もなかなか。ガチ百合っ子に近親相姦にリスカ主人公ってなかなかないよね。しかし、せっかくのヒロインも思わせぶりに登場した先生はイマイチ生かし切れたようには見えず、惜しい部分が多かった。