ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#11 お姫様とその手を重ね

 カレンの反逆を機と見たユルゲンが王を丸め込んだが、フィーナはそう簡単にはいかないな。というか、ユルゲンがかなり焦って艦隊を出そうとしているのは見え見えなのに、王も重臣も役立たずばっかりかスフィア王国。そんなに戦争がしたいのか。
 両軍一触即発の状況で達哉とフィーナに何ができるだろうか…一発の砲火ですべておしまいだが。

#11 それぞれの想い

 ケイトはどうも変化を余儀なくされているっぽい。姉の恋人は敵側の人間で、ケイトの目の前にエルヴェが現れる…懲罰委員会にかけられ、グレースから除名されるらしいし、今までの日常は遠い日の思い出か。学校の方はポーラが何とかしてくれるかな。
 クレアはバーガー屋へ戻ることに。おやじいいやつ。ローズの親探しは進展無し。なぜか最後の戦闘にもいなかったが、これ連帯責任だから来ないとまずいのでは。逃げてないから大丈夫なのかな。
 そして今回最も困ったのはレイチェルとルーク。レイチェルが最近本を読み出したことを文学の先生に気があると勘違いしたルークの嫉妬が実に醜い。まさか夜になると獣化した男と戦ってるとまでは考えられないだろうけれど、態度が変化したのは本に興味を持つ前からであることには気付いてあげないと。