ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 睛眼 -blindness-<終>

 ついに視力すら失ったサイキがマニューバ・ブレイドに乗り、ウラとの最後の戦いに挑む。見えてないくせに戦い上手すぎるだろ、サイキ。圧倒的な強さを見せたウラのカスタム・マニューバ・ブレイドがプロトタイプゆえにシステムの不調で止まるのは緊張感に欠けるがアリ。でも、サイキが撃ってこないという思い込みで撃たれてしまったのは情けない。
 実はハルキが生きていましたってのはどうだろうね。他の仲間についても生きているかもしれないというフリがあったけれど、さすがにこれで生きてるのはウソだあ。

総評

 ちゃんとマニューバ・ブレイドでの戦いが貫かれていたのは嬉しいけれど、ドラマが薄い。ユニットの面々の過去まで扱うんだったら2クール欲しかった。

#11 真実 -truth-

 ユニットヴァイパーが活躍しすぎて町の守りを軍に戻すのが容易ではなくなったため出る杭が打たれた。なんという陰謀。
 ノーマの死が信じられなかったけれど、今回ガリブとルドラが戦死して、ユニット・ヴァイパーは全滅の方向へ向かっております。

#10 反撃 -counterattack-

 アゲハの助けを受けて、追い詰められたヴァイパーたちの反撃が始まる。寡黙なアゲハがノーマには心を開いていて、ここだけちょっと疑似親子っぽくていいなぁと思っていたらノーマが戦死(?)。襲撃者から受けた傷を治療することも追われる立場では難しいところだけれど、養女に出してしまった娘のためにも、アゲハのためにも、生きて欲しかったな。
 マニューバ・ブレード奪還は拍子抜けするあっさりさ。アルコンの警備がザルなのではなく、アゲハの攪乱がうまかったのだと思いたい。

#09 謀略 -intrigue-

 ハルキが英雄視されながらもハウンドの一員だったのではないかという噂が立ってしまうのなら、その所属していたユニット・ヴァイパーを悪役にして消してしまおうということか。アルコンからすればただの傭兵だし、軍からすれば煙たい存在、ちょうど都合がよかったのね。むろん、そんな理由で消されちゃたまったもんじゃない。

#08 楽園 -eden-

 本当に間違っているのはオグマ支社長なのか。親の心子知らずとはよく言ったもので、妻を亡くしたことをずっと忘れられず、その時のハルキの言葉も覚えていたからこそ、支社長室から見えるあの場所にヒマワリ畑を作ったんだろう。いつか息子と一緒にヒマワリ畑が見られればと思っていただろうに、支社長は言葉にはしなかったけれどさぞかし無念だったろうな。
 本当のスパイはテレジアで、やはりウラはハルキの理想像からはかけ離れた人物だったみたい。ハルキの死で、おそらくスパイ疑惑は濡れ衣着せられておしまいになるぞ。サイキやサクラコたちは信じていると思うけれど、ルドラやノーマたちはどう思っているか……。

#07 騒乱 -riot-

 武装市民グループ・ハウンドによるショッピングセンター爆破をハウンドではないと言い張るハルキ。自分のことのように怒るから変だと思ったら、グループ代表格のウラとは知り合いだったらしい。一応危ういところをルドラに助けられたんだから、そこはこらえようぜ。ユニット・ヴァイパーによるハウンド鎮圧作戦はヴァイパーのセンサーをハックされたために逃げられて失敗。ハルキ……。
 今さらだけれど、海外企業に防衛を委託しているダイバ・シティというのは日本で、シティを守っているPMCは在日米軍、サクラコたちダイバ・シティ出身者は自衛隊みたいなものか。PMCとかに出て行けというのは簡単だけれど、ルドラ(だったか)が言っていたように、出て行ったら誰が町を守れるんだろう。

#06 木偶 -golem-

 ガリブ回。口数が少なくて何を考えてるのか分からん人だが「昔、お袋に言われたんだ」でなぜか味方してくれたりもする。ハートは熱そうだが、やっぱりこの人はわからん。
 サイキに辛い物を食べさせるだなんてとんでもない!

#05 死神 -grim reaper-

 ユニット・ヴァイパーの各員を掘り下げる方向に向いたのか、今度はルドラ回。因縁の相手であるマヤとの決着をつけさせたサイキ、いつから相手にどこで気付いていたんだろう。スコープを貫通して相手の頭蓋を打ち抜くなんて芸当ができるホンモノのスナイパーだったんだね、ルドラ。ただの軽いヤツかと思ってた。
 まぁただこれが必要性のあるエピソードだったのかどうか……。

#04 魔女 -sorceress-

 戦争を生き抜く中で娘に辛い思いをさせないために養女に出して、どうやら養育費を送っていたらしいノーマ。こんな時代に立派なもんじゃないか。本当はノーマが娘を引き取って育てられればいいんだろうけれど、アルコンのようなところで働いている限り危険と隣り合わせだからそうもいかんだろうな。娘に母親だとわかってもらえないのは辛すぎるが、無事助け出せただけ良かったとしよう。

#03 銃声 -shot-

 かつては戦場でごまんと人殺しをしてきたサイキも今は借りてきた猫ってわけだ。砂糖好きなのはかわいげのあるところだが、実際はサイキがどっかぶっ壊れているという意味もあるのだろうか。

#02 新兵 -unknown-

 新兵っていうからてっきりサクラコの話かと思ったらヴァイパーに新兵がやってきた、だった。通常時だけではなくパイプラインを下りながらの戦闘なんかも軽くこなすあの四脚戦車、マニューバ・ブレードよりよっぽど強くないか。
 サイキ、コーヒーに砂糖入れすぎ。

#01 独眼 -cyclops-

 EX MACHINAなんかで培ったデジタルフロンティアによるマニューバ・ブレードの戦闘はやっぱり悪くない。世界観はあんまり語られてないけれど把握しやすくて助かる。まぁここからだけど、この時点ですでに面白いからあとが楽しみ。