ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

第七章 エピソード12 大いなる遺産(2015)

 @大阪ステーションシティシネマ
 前立腺肥大で倒れた警視総監の後釜に警備部長が推されるが、総監になるためには後顧の憂いである「大いなる遺産」を何とかする必要があった。それは、南雲隊長や後藤隊長が隠したという「警備部が吹っ飛ぶぐらいの大ネタ」だった。
 前半にここまでの総集編がある親切設計だけれど、ここまでの内容は一貫して何かを追いかけてきた話というわけでもないので、ナレーションで「特車二課を巡ってはいろいろな陰謀があり、そのたびになんとかしてきたが、いよいよ本格的に圧力がかかり出す」と言えば済む話ではある。総集編パートでは直接的な戦闘はかなりカットされていた……というよりも、レイバーの出てくるシーンの多くは整備や出撃に充てられていて、「実戦」に相当するシーンは実は多くなかったんだなーって。GA★PAとか……。その分、長編劇場版「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」に残った力を投入したと考えていいかな?
 なお、THE NEXT GENERATION パトレイバーは初代(機動警察パトレイバー)の約20年後を描いていて、野明や遊馬らは話に出てきたりシルエットが出たりするけれどきっちり出てくるのはシバ・シゲオだけ、だったのだが、ここへ来て南雲隊長(後ろ姿)と柘植(顔は出ず)も出てきた。が登場、後藤隊長もシゲさんの話の中の人物としてではなく、後藤田隊長の電話相手として出てきた。「首都決戦」予告編にはしのぶさんの声(榊原良子)もあったので、いよいよ初代とリンクしてきた。「機動警察パトレイバー2 the Movie」の20年後を、改めて映画でやろうというのか。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第二章 エピソード2 98式再起動せよ/エピソード3 鉄拳アキラ

 隙あらば特車二課を解体する口実を見つけようとする上層部により、警視総監による特車二課の視察の際、不調のイングラム2機を立たせておくよう指示が下る。これもレイバーが活躍するのではなく、レイバーを立たせるために整備班が奮闘するお話。リボルバーカノンでの礼砲を用意していたのに、その一発が特車二課を吹っ飛ばす一撃になろうとは……レイバーの首が吹っ飛び、ラストシューティングに。連作だけど、次回のエピソード時にはリセットされているギャグならでは。ん?パトレイバーってギャグだっけか。
 エピソード3では、ゲーセンでめちゃくちゃ強いオヤジに出会った明が、リベンジマッチに向けて修行。寺山修司を引用しつつ、それっぽい言葉を並べ立てるオヤジは「パト2」荒川役の竹中直人。「勝つための思想」を語るが、行き着くとそれは「負けないこと」なので明との勝負には出てこない、食えないオヤジ。このエピソードは、空手を習っている押井守が「修行やらせようよ」って言ったんじゃないかとしか思えない部分が。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第一章 エピソード0 栄光の特車二課/エピソード1 三代目出動せよ

 「機動警察パトレイバー」の一連の映像シリーズが完結して約20年、主役を「3代目特車二課」として復活したのがこの新規映画シリーズ。短編全7章があって、2015年GWに長編の公開があるのだそーで。メシをかっ食らう整備班の姿は間違いなく押井実写。細かく本編からのオマージュが散りばめられていて、そういうのを探す見方も面白いかも。キャラクターたちは初代特車二課とは関係ない(小説版ともそこまで関係ない)オリジナルだけれど、作品自体はやっぱり「パトレイバー」の枠組みの中にある。
 エピソード0は、そもそも旧シリーズからTNGの間に何があったのかをざっくり現在のシバシゲオが解説してくれる繋ぎのエピソード。初代メンバーはみんなちりぢりで、榊班長は亡くなっており、今や初代を知るのはシバだけ。また、警視庁のレイバー構想もかなり縮小されていて、いまや二課に残された2機のパトレイバーをなんとか整備・維持してるだけの伝統芸能状態、と。シバに語らせた二足歩行ロボットへの愛憎入り交じった感情は、まさに押井守が二足歩行ロボットというものに抱いている気持ちでしょう?
 エピソード1は三代目たちがどんなキャラクターなのか、部隊の現状がどういうものかを端的に示すお話。第一小隊が解体されているので、第二小隊の6名で二交代制を維持しているという悪夢。初代とは別のキャラクターだからってのもあるけれど、真野恵里菜にしても福士誠治にしても、「お、こうきたか」って感じがしてわりとすんなり受け入れられる。仮に初代メンバーでの実写だったとしても、泉野明=剛力彩芽とかしない限りはキャーキャーいわれはしなかったのではなかろーか。
 レイバーの動くシーンが極めて少ないけれど、それでもパトレイバーになってる。後藤田さんによる犯人説得演説は後藤隊長がやったやつそのもの。「レイバー動かしてこそだろ」という声ももちろんあるだろうが、たぶん、あの実物レイバー作るので予算の大半使い切ってるんでしょう。