ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 JOURNEY −旅路−<終>

 今期視聴してきた中でもっとも見切りラインに近かったこの作品もついに最終回。結局、ベターどころかベストのハッピーエンドを迎えた。迎えてしまった。
 セラリア敗北のあと、ななみの危機を察知したのか七央が走っていくところはおおっと思ったが、疑似家族を残して落ちていくアリエスってのはよく考えればベタ、だが悪くない。しかし、実はハララクスの逃走ルートを使って生還、ってのはなあ。セラリアは最後それで脱出するつもりだったのかもしれない(パーフェクトスキュラだから落ちても死なない気がするけど)が、何の細工もしてないってのも納得いきにくい。「兄さん達のことだから、きっと脱出したさ」と仄めかすぐらいでも良かったんではないかなぁ。
 森本さんの死に方もあんまりだ。ゲイル隊長は別棟からの脱出が困難だったわけだが、森本さんの場合は盾になる以外にも色々あったろう…脱出寸前の気が緩んだところで、といえばそれまでか。
 一年後、か。ツンデレ妹が最後までデレなかったり、和彦×カレンが成立してたり、見所はそのへんかな。結局妹を除く全カップルが幸せになったようで。

#11 MOURNING −哀悼−

 ゲイル隊長に敬礼。あんなアホの子の相手を延々とお疲れ様でした。
 さて、沙佳が幼い頃に父親と別れたという話がここで出てきて(自分が視聴し始める前はわからんが)、沙佳が支えてくれた友達である亜弥へ強い思いを抱いているのがやっとこさ理解できた。ここまでトラウマっぽいのが全然出てきてないから思いもよらなかったわ。その亜弥が沙佳に会うことが出来たのも、ここまで必死で亜弥を守ってきたゲイル隊長のおかげ。ほんと、途中で放り出しててもおかしくなかったのだが最期までやり遂げました。隊長、あんた偉いよ。
 アリエスの落下が進み、涼太達は脱出の準備を開始。作業艇に何人乗れるのかわからんのだが、非効率的な運び方をしてる気がする。ななみは秀平を救うためセラリアのもとへ。シンによるとスキュラと人間の細胞を併せ持つななみならセラリアに対抗しうるとのことだが、無策で突っ込んじゃ意味無い…。換気口らしいところから向こうへ辿り着いたが、そこからスキュラ兵が逆にこちら側へ這ってくるかもしれんと誰か考えろ。封鎖しとけ。
 森本さんが沙佳のオヤジであるらしいことをつぶやいている。うわ、これは次回危ない気がする。……公式サイトの#12予告。「沙佳を守るため身を挺して一つの想いが散っていく」て、その前後の登場人物見たらその犠牲者は森本さんとしか考えられません。なんかもうちょっと書き方は無かったか。

#10.5 特別回想編 CELLARIA / NANAMI

 野球中継で30分遅れ。あの雨の中よく9回までやったもんです。
 Aパートはセラリアの語りで、物語をセラリア視点でふり返る。秀平が最初から気に入られていたこと、秀平がスキュラ細胞に感染したタイミングがわかった。あとはハララクスの連中のスキュラ細胞覚醒なんてフレーズがあったので、事前に仕込まれていたらしいことも判明。かなりどうでもいいことに分類されると思うが。
 七央がスキュラ化したのって秀平からの体液感染だったりしますか。アレにそんな意味があったなんて。
 Bパートはななみ。七央のおかげで目覚めたっぽく、名前は本の登場人物から。服はどこから入手したのかね、自分で構成したとかかな。
 ななみが一緒にいたい仲間にシンとカレンの姿が。シンはユウつながりだが、カレンまでもう仲間と認めてるのな。
 セラリアはアリエスを地上に落とすことで全人類のスキュラ化を企んでいるようだが、そうなったら手に入った研究資金とか関係なくなるのではないのか。半端なスキュラはみんなセラリアの言いなりだし、パーフェクトスキュラはそうそう産まれるものではないようなこと言ってた気がする。大体、全人類スキュラにして何の得があるというんだろうか。自己満足とかか。

Soul Link #10 STRAY -迷走-

 ななみがスキュラ化の進行を止められるらしい、というのが前回からの引き。セラリアはスキュラ研究のための資金とデータが必要らしい。なんだあのセクハラ。さすがエロゲ。
 スキュラは何にでも進化してすげー増殖して人の形を保つことができる、らしい。パーフェクトスキュラはその頂点に位置するので、セラリアの言いなり、ってことになるようだ。んじゃー、同じくパーフェクトスキュラになったらしい秀平もスキュラを操ることができそうなんだが…。
 若本節がいつもより効いてる。
 業を煮やしたセラリア、アリエスを落とすことを決断。そのショックの時になんかカップリング分かれてたのは何だね。
 さてさて、何人が脱出できるかな。すでに死亡することの判明しているゲイル隊長については格好いい散り様を期待してる。

#09 ROUSE −覚醒−

 やっぱり秀平はいつの間にかスキュラになっていたっぽい。そしてセラリアもそのようで、ここまで育ったパーフェクトスキュラは珍しいとか。スキュラをユウが撃退したところ泡になってしまったので、体の組織まで変わってしまうってことかな。
 ユウ、あれだけ多人数に囲まれながら無事司令室にたどり着く。えー、あんだけいたらその銃一丁では無理なのでは…。
 殺伐としてきたのでサービスシーンかと思いきや涼太かよ、そして亜希と入れ替わり…って、誰が入ってるかぐらい確認しろよ!ノックしろノック。亜希の一言にはもう涼太再起不能だな。
 ずっとセラリアと一緒にいたわりにはシン全然従ってないんですが。しかもセラリアから細胞注入されたってことはスキュラ化は避けられないみたい。ユウはシン妹のこと気にしてるが、何年も前のことだろうからきっと完全にスキュラ化してたりして無事ではないと思うな。ってななみ、アンチスキュラパワーみたいなのを持ってるっぽい。救世主は足らん子。う、うわあああああああ
 ちなみに全13話で第11話は総集編だそうですね。13話分でちょうどなのはわかるが、総集編て何。そんなにふり返ることあったかね。

#08 DESIRE −願い−

 今回は本当に見切ろうかと思うシーンが多々。一応は萌えアニメなんだろうから、作画崩壊は最低限に留めてくれっ!キャラの動きがぎこちないし変…。
 秀平と入れ替わりで現れたカレンはまたまたアホっぽい。ハララクスが潰滅状態にあるからもうどうでもよいのか、セラリアの居場所なんてあっさりと教えてくれてるし。ここからは対スキュラのお話になっていくってことだろうけども。
 誰もが自分のことばかり考えて行動していて、まともなのは森本さんだけか。

#07 FLUX −流転−

 メリハリないし、緊迫感もない…。ちょっと登場人物達のアホさ加減に疲れてきた今日この頃。でも切らない。
 一番萎えたのはセラリアの目的が研究資金確保(スキュラの研究らしい)だったこと。そんなの、ここまで大芝居うってやることかね。犠牲者も多いし、なんかもっと策があったんじゃないのかなと。ゲイルも完全に悪人キャラじゃなくなったし、人質はなついてるし(人質が立て籠もり犯に味方する心理効果があった気がするけども)。
 そしてヒロインよ、敵との境界であるところの扉にしがみつかない!爆破されて生き残らない!これは秀平と同じケガがすぐ治ってるってことで、ひょっとしてすでにスキュラってことか。今回拾われたななみとかいう少女もボケ具合がしんどいな。今まで生き残ってる生存力、きっとゴキブリかスキュラであろう。
 森本さんの案内で食料庫に初めて踏み込む…って知らない場所もありすぎる。この船広いんだか狭いんだか、どう通路がつながってるんだかさっぱりわからん。食料庫が実は向こうとつながってました、なんて出てきそうだし。
 実はスキュラ菌みたいなのがすでにステーション中に蔓延していて全員スキュラ化して…なんてオチにはきっとならないんだろうけど、もうなっても文句言わない。

#06 FAREWELL −別れ−

 先週の引き、えらいことになっとるではないか。セラリア先生のどえりゃー写真が…と思ったら実はもともとあちらのスパイでしたー。しかも何やら超能力まがいの力で秀平に悪夢を見せたりしておりますよ。スパイはいてもいいけど超能力はねーよなぁ。
 秀平はというと、撃たれたはずの傷がなかったり何やら悪夢を見せられたりで、ポケットから取り出した指輪を七央にあげたかと思うとそのままセクロス突入。一応元エロゲだけに覚悟はあったけれども、まさかストレートに来るとは思わなかった。つーか何しとんだ君らは。
 ユウが実はハララクスのメンバーでしたってのはもう驚き無し。そこまでの驚きがでかすぎるわい。
 そしてずっとエンディングなんかで姿を見かけるけれども本編中にいなかった黄髪少女が来週登場。予告に秀平の姿が無かったのですが、やっぱり死んだか。フラグ立てすぎだもんな、主人公補正つってもどうやら主人公は涼太っぽいし。

#05 WATERSHED −分岐点−

 何このツンデレ妹。
 主人公側でまともな白兵戦できるのは秀平、和彦、セラリアだけかい。いざとなれば森本さん最強なのは間違いないな。若本だから。
 和彦一人によって倉庫側通路を塞がれたカレン、実戦経験の差とかを考えるとそりゃあんまりだと思うのだが…。

#03 OUTBREAK −勃発−

 士官学校予科練生モノ。とりあえずスペースステーションを巡る攻防っぽいなぁと思ったのだが、Introduction見た感じだとこのまま生き残れるかという話になるのかも。
 起きていたら見るけれど、無理して粘ることもなさそうだ。