ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 ロリ決着!めくるめくあなたと超運命!<終>

 ついに最後まで父親と和解することはなかったけれど、これがハッピーエンドだろう。ユアン君を救い、クルツ社長を救い、今までカードの力で死んだ人間がみんな生き返り、ちゃんと小十乃はヨシュアのもとへ戻り、そしてユアン君は人間の子供として再び小十乃のところに現れる。これ以上はない。
 「予言者」についてはぼちぼち単語としては出ていたんだけれど、エディ塚原がそうとはつながらなかった。小十乃のカードを修復できたのは、クルツより上の存在だからだったのだな。最初から、ユアンを助けてクルツを監視するためにリバース社にいたのか。
 エルロックとソフィアの復活は救われるわ。特にソフィアのぶっ壊れ死亡はかなりきつかったので、美しく戻ってこられてよかった。エピローグで、カフカと仲良く農業していたのはいいねぇ。
 全体的に、ソフィアが「ヴィーナスの誕生」みたいに裸で復活したり、完璧クルツがロリたちで王様ゲームをやったりとエロさが溢れていたが、今回一番のエロスは、エピローグでピロシキにのって登校する三咲を背後からおさえたカット。いろいろ見えていそうな角度で、あえて太ももを強調していたのがキタ。
 初見ではあまりストーリーには期待していなくて、「ゴスロリ少女探偵団」というネタ的な存在だけで見ようと思っていたのだが、いい方向に期待を裏切られた。この枠は以前からハズレの少ない枠だが、これは大当たりだった。実写EDで実況憤死とかいろいろあったが、実況抜きに楽しめる作品。悪のトップであるクルツがひたすら憎まれるキャラではなく、どこか抜けていて、代わりにアッシュが全部憎悪を引き受けている感があった。そのアッシュと小十乃が最後まで父親と娘になることがなかったのは、何か深いものを感じる。
 おそらく、6・7月終了アニメの中ではトップクラスの出来だった。

#25 ロリ激戦!信じて見つめて超正義!

 前回の新しい変身シークエンスに続いて、ジャッジメントも新しくなっていた。ヨシュア救済だけではなく、クルツに操られていたすべての人たちを大解放。小十乃の力と、ひょっとするとエディの力が大きかったりするのかね。アッシュだけは正気を保っていたが、彼だけは自分の意志でクルツに従っているからなのだろうか。だとすれば、小十乃は父を取り返すことができなさそうな…。
 クルツがぶっ壊れていく。これは最終回にさぞかし鬼畜な手段で攻撃してくれることだろう。期待。
 菜月はSだったのかな。猟兵はいいところなし、赤ロリと熊(H・P・ロマノフ)はいいコンビだよね。

#24 ロリ激怒!愛を奪還、超突入!

 登場したときは真の黒幕説もあった掃除のじーちゃんだが、まさかゴスロリ少女探偵団側の助けになるとは思わなかった。カードを直してしまうとは、石板より上の存在だったりする?
 因縁の組み合わせでの1対1の対決へ。赤ロリはそういうのがないからニケとモンスターの群れだったよ…妙な同人誌が出そうですな。
 ユアン君が連れ去られた後、菜月が三咲にすがって泣くものだから「やったぜ百合復帰か!」と思ったら、リバース社への突入前のモノローグでは猟兵を助けるためみたいなことを言ってて失望した。お前の思いはそんなものだったのかっ!

#23 ロリ窮地!いつの間にやら超敵だらけ!

 ニケにはじまり、アルティスタ、功士朗、そしてヨシュアまでリバースの手に落ちた。猟兵はクルツの呪縛が解けていないが、完全にあちらに戻ったわけでもない状態で、こうなるとユアン君がやはり頼りだ…。小十乃に力が戻らないままで、ゴスロリ少女探偵団はリバース社と戦えるのか?それも、向こうは操られている人間ばかりで手の出しようがない状態だ。
 クルツは望むとおりに悪の支配者っぽくなったな。ロリっと最高です。

#22 ロリ公開!超NAZO・NAZOな私のヒミツ!

 あの幼小十乃を見て、山に置いてこられる人なんて居るわけがない。いわんやロリのヨシュアをや。いや、むしろこの小十乃を見て目覚めたのかもしれんな。なんて罪作りな子。そして、小十乃のためにケーキ作りを覚えたわけか。チクショウ、小十乃可愛すぎるだろ。
 小十乃ラブなユアン、白ロリ、赤ロリによるリバース急襲は笑った。ユアンのビンタを食らって大暴れのクルツとか、爆発でアフロとか。だが、いよいよクルツが本腰を入れる気になったみたい。

#21 ロリ帰国!世界よ、われに超ひざまづけ!

 アッシュが小十乃の父だと!?くそ子安め、もしみんなが間に合わなかったら、娘を殺す気だったぞ。ヨシュアが動揺したのはそのせいか。
 クルツ社長が小十乃から正義のカードを抜いてしまったが、あれで変身能力は失われてしまったってことだよな。カードは前にテープで貼り合わせて再利用していたことがあるのでまだ使えるだろうけれど…どうなるんだ。

#20 ロリ救急!友情?同情?過剰に超看病!

 ヨシュアは学生時代からの筋金入りロリってのが明らかになる話…というだけではなく、ちゃんと最後に向けてネタ振りもしてあるね。小十乃の両親については多少触れつつも置いてきた話題だったけれど、作品内でちゃんと解決するつもりみたい。ヨシュアの背中の傷もあるし、リバース倒してよかったねで終わる話ではなさそう。

#19 ロリ水着!波に消えた超片思い…

 水着水着。菜月は本当に百合ではなくてノーマルな子っぽさが…なんてこった。小十乃も猟兵も大好きらしいや。
 アッシュさんはポーカーフェイスだけど、クルツ社長が帰ってくるまでに小十乃を何とかしたいと焦っている気がする。猟兵がゴミのように扱われている…。

#18 ロリ救出!お嬢の決意が超マグマ!

 猟兵が敵として戦ったのは1回だけで、あっさりと「ハヤテのごとく!」状態に。菜月が猟兵の面倒を見るのは好意とかではなく、小十乃の関係者だから…なのかな?

#17 ロリ抹殺!山で遭難 超2人きり!

 とことん野生児の三咲。みんなの尊敬を集めているようだからあれはあれでいいのかもね。でも、ジャガイモを生で食べると腹をこわしますよ。ミミズも普通の生活を送っていると食べることはないです。

#16 ロリ桃色!フォーリンラブに超ホーミータイトでち!

 エスメラルダがヨシュアに惚れ込む話。ヨシュアロリコンじゃないことがわかってよかった。奴はロリコンなんじゃない、小十乃にしか興味がないんだ。
 ユアンくんのヨシュアを見る目はいったい何なんだろう。小十乃よこせよー、ってことか?

#15 ロリ昔日!記憶のあなたに超会うために…

 赤ロリの過去がちょっと触れられると思ったら前世か!死神が憎めないいい奴だったり、赤ロリは前世の彼氏よりケーキだったり。ほんと、赤ロリかわいいよ。

#14 ロリ復讐!あたちのうらみを超くらうでち!!

 エルロックの妹・エスメラルダが兄の敵を討つべくゴスロリ少女探偵団に挑んでくるんだが、あまり暗くならずにドタバタ戦うのがとても気に入った。エルロック消滅については黒ロリたちは見ていないんだけれど、ソフィアと同じだと納得したのかな。
 猟兵はエスメラルダのサポートというよりは、どちらの味方をすべきかまだ迷っているようなところがあるなぁ。アッシュがいる以上裏切りは無理だろうが…。

#13 ロリ慟哭!悩んで迷って、超乙女!!

 ジャッジメント恐怖症になった黒ロリにユアン君が与えたのは浄化の技。あるなら最初から出せよ!タイプの必殺技だよな。なぜか小十乃は納得してたけれど、それを最初から出してくれればソフィアさんも消えずにすんだような…?
 カフカも黒化して攻めてきたが、新兵器で浄化されて去っていった。いい奴だよねカフカ。猟兵がいよいよ敵として攻めてくることになりそうだが、なんなんだよあの姿は。無駄にエロス。

#12 ロリ純愛!ソフィアの愛は超輝いて…

 ユアンって自分の姿がどれだけ有利かわかっていてやってるんだよな。二度目のジャッジメントのこともわかっていて小十乃たちにやらせているんだろうし、ヘタすると黒さではクルツ以上なのでは。ジャッジメントを下すこと=この世から消すことが結びついてなお小十乃がジャッジメントを下せるとは思えないぞ。
 頭のネジが外れて完全におかしくなったソフィアさんは見るに堪えなかった。一度目のジャッジメントの時点で死んだも同然でしたな。