ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#51 合言葉は勇気!<終>

 死神様が言っていた通り究極ビビリ君な阿修羅。不確定要素を取り去って落ち着いて戦えば能力では阿修羅が圧倒しているんだけれど、マカの"勇気"に恐怖心を抱いてしまった時点でもう勝ち目は消えたよ。"誰でも持ってる"勇気を乗せたパンチに、「なぁんだ、狂気と同じじゃないか」といった阿修羅はちょっとだけ安心していたりしたんだろうか。
 恐怖を消すため意識を飛ばしたマカの武器発動とかのギミックもなかなか良かったラストバトルだった。

総評

 一年間お疲れ様でした。さんざん棒と言われたマカ、視聴者の慣れもあるけれどやっぱり一年間の経験は大きかったんじゃないか。

#50 イチかバチか?!〜神を超える男たち?〜

 ソウルの姿になった子鬼を見抜くマカと、助け出されて黒血を克服し子鬼さえ自分の一部だと認めて飲み込むソウル。いやいや、いいコンビです。
 マカ抜きで阿修羅と対峙するキッドとスター。キッド君の頭の話は確か死神になれたらつながるとかなんとかって話だったはずだが、あの瞬間キッドは神になったということか。ブラック☆スターの強さはこの状況でなお普通に戦えていたことから実感できるが、真の姿を見せた阿修羅の前にはさすがに敵わないね。

#49 阿修羅覚醒〜世界の行き着く果てへ?〜

 死神様を倒して眠りにつく阿修羅。その間にも世界は狂気に包まれつつあるのでマカたち3人が最後の切り札になる……かと思ったら、ソウルが狂気の子鬼に飲み込まれてしまった。これまでソウルをニヤニヤしながら眺めてるからおかしいなぁとは思ったが、このときを待っていたんだな。黒血に蝕まれすぎたんだ。

#48 武器(デスサイズ)を持った死神様〜一寸先はヤミだらけ?〜

 死神様と阿修羅の壮絶バトル、優しさの中にじわじわ昔のブイブイ言わせていたころの雰囲気を押し出してくる死神様@小山力也の凄味と、そのプレッシャーを受けているはずなのに一切気にせずマイペースに戦う阿修羅@古川登志夫は聞き応えあり。阿修羅の性格を読み切れなかったアラクネ、BREW争奪戦ではメデューサにも出し抜かれ、最期はコレですか。

#47 奇跡のちゃぶ台返し〜跳べ!僕らのデス・シティーロボ?〜

 使ったものの願いを叶えるBREWを使って死神様がデス・シティーをロボット化。「魂を町に定着させていて動けないが、前線へ一番行きたがっているのは死神様」という言葉通り、生徒たちがボロボロにやられるのは本意ではないだろうし、自分で鬼神をなんとかしたいという気持ちは強そう。でも、おどけているか昔の死神モードしか見たことがなかったので、ちょこまかと動き回るババ・ヤガーの城にイライラする姿は意外だった。ちょっと昔の血が滾ったか。

#46 武か修羅か〜決戦、ミフネvsブラック☆スター?〜

 ブラック☆スターとミフネ、3度目の対決。これまでの戦いの中では一番ミフネを追い詰めたっぽかったが、修羅の顔を見せたブラック☆スターに対してミフネも本気を出したのか、峰打ちでは済ませずにバッサリ切り捨てた。ブラック☆スターの流した血があっという間に地面に染みこんでいく描写は芸が細かいなぁ。

#45 退魔の波長〜猛攻、怒りの魔人狩り?〜

 マリーの癒しパワーでシュタイン博士が結構あっさり戻ってしまったけれど、メデューサ討伐はそうあっさりではなかったね。退魔の波長で真っ二つではあったが、なんかメデューサってあれでも生きてそうでヤなんだよな。

#44 弱虫クロナの決意〜いつもそばにいてくれた君に?〜

 メデューサvsクロナ、そしてマリーvsシュタインという二大対決に気分は盛り上がる。シュタインは以前にバリバリ戦っているところを見ているけれどマリーはまだ見てないのでちょっと力の差がわからんところ。クロナは苦戦するのではと思ったら案の定で、最高のタイミングでマカの増援が来た。やっぱりメデューサは悪役でこそ輝くな。

#43 最後の魔道具〜武器無しキッドのミッションインポッシブル?〜

 キッドくんの一人冒険。やっぱり戦闘力が高いので一人でもそれなりにミッションをこなせるんだけれど、パティがリズを構えて援軍に来たところはなんかこっちも嬉しくなった。アホの子の忠誠度の高さは異常。

#42 進撃!ババ・ヤガーの城〜なんかモヤモヤする?〜

 サバサバした性格に見えて思い詰めてしまうマカはやはり優等生タイプだね。

#41 クルクルクルル〜博士は踊る、新しき世界?〜

 シュタイン回、かなりやられてきたシュタインの精神を反映して虚実が入り乱れるストーリーで頭がチカチカする。そんな中でもぎりぎりの正気を保って現実を選んだシュタインはさすが。また、いつぞやと同じくバスケで決意を新たにというのがさわやかな転換だった。

#40 切られたカード〜メデューサ、死武専に投降する?〜

 幼メデューサかわいい。かぼちゃパンツ天丼はわろたが、わざわざ体にあわせてそんな下着つけてんだ、メデューサ。そして死神様とデスサイズはわかっててこのノリだったようで、なんとも始末に負えないというか。そんなのほほんとした雰囲気の裏で、シュタイン博士が着実にアウトの方向へ。

#39 クロナ、逃亡〜ください、君の微笑み?〜

 マカたちと一緒にいることでクロナがかなり変わってきたのは感じていたが、ラグナロクもかなり変わったなぁ。目の前の欲に負けてるだけ?

#38 修羅への誘惑〜ビッグな男の抑えられない苛立ち?〜

 ここ最近見所の少なかったブラック☆スターの鬱憤晴らしにはならなかったけれど、敗北から学ぶこともある。

#37 名探偵第一の事件〜キッドが暴く死武専の秘密?〜

 キッドとシュタインのやりとりはこの間まで教師と生徒だったとは思えぬ殺伐さ。シュタインは相当やられてるな。