ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 番外編<終>

 水着分を最終回で一気に補充するとは思わなかった。しかもウナギプールに入ったりちっちゃくなったり大きくなったり、楓が亜沙先輩を追いつめたり稟がシアの谷間で溺れたり、ストーリーが進んでいるときより面白かった。最初からキャラを使ったパラレルか外伝的な話をやってくれた方が面白かったのかもしれないなぁ。稟の持ち味が少しわかった気がする。

#11 プリムラ編 後編

 こうしてプリムラと楓は幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。
 空鍋をここでオープンしたのは楓の病み具合を示して、その後の回復へいかにプリムラが重要な役割を果たしたかの強調になっていてよかった。楓編では楓は完全にオカシイ子だから、鍋が空だからどってことないもの。主人公であるはずの稟のうっとおしさが目につく回だった。亜沙先輩は楓の気持ちに気付いてるって設定じゃなかったっけ?やっぱり、あそこで家に来た意味がよくわからんです。
 最終回は完全新作の番外編で海へ行く話らしい。

#10 リシアンサス編 後編

 ネリネに続いてシアももう一匹いるんですが…裏シアというやつですかね。
 楓編と同様、稟と亜沙の仲がずいぶんいいな。プリムラ編では稟とシアがうまくいってるのに、なんでシア編ではうまくいかないんだ。稟はシアの強がりをもうちょっと理解すべきだと思います。ついでに、SHUFFLEのヒロイン陣はもっと奪いにいくぐらいでいいと思う。

#09 ネリネ編 後編

 病弱なネリネを助けるため、リコリスの生命力を使った過去があって、だからプリムラをなくしたくないという思いが強かったと。結局プリムラを助けたのは"姉"であったリコリス。あれ…稟は?

#08 時雨亜沙編 後編

 この作品のこと、好きとか嫌いではなくて苦手なのがよくわかった。
 亜沙とデート。楓とのイベントもちゃんと発生するのね。もともと亜沙は体が弱くての発作か…なるほどね。それで稟がつきっきりになっていたと。あるヒロインのルートを進めているとき、いったい他のヒロインたちはどうなっているのかというのは気になることだけど、わかったからってうれしくないのがよくわかった。
 死に向かう亜沙に何が何でも魔法を使わせるために自分の手首を切る稟。魔法を使えば救われるから、か。うううん、救う方法がわかっているのにむざむざ死なせるのは間違っているかもしれないし、稟のエゴで二人の命が救われたのだからそれでいいのかもしれないけれど、なんだか表現しづらい感情を抱くな…。

#07 芙蓉楓編 後編

 噂の空鍋は鍋の中が見えないのでインパクト半減。でも、鍋がなくても十分怖かったよ…。全くハッピーになれる予感がしなかったのだが、本当にハッピーにならないエンドなのだね。結局何も解決されないわけですか。
 楓が稟を殺しかねない勢い→反動で超ベタベタ→行き過ぎてヤンデレという経緯なのは楓のせいとはいえ、それを稟が何もしなかったのがこの結果を招いたのでもあり、どうもすっきりしないな。あと、この展開と同じようなことをGiftがやっていたが、アレと同じく主人公に全く好感が持てぬ…やってること(ヒロインとっかえひっかえ)でいえばKanonだって大してかわらんのになぁ。キャラの問題かいな。

#06 プリムラ編 前編

 みんなのプリムラに対する態度がなんだかぎこちない気がする。
 預かるのはいいんだけれど、どうせ稟も楓も学生だから昼間はプリムラを一人家に置いておくしかないというのは預かる前に気付こうぜ。ヒロイン6人で仲良くお買い物というのはなーんかおそろしい空気が流れそうなのですが。そして赤て。
 砂の城の天丼は負けた。すまん、あんなでかい城になるとは思わなかった。

#05 リシアンサス編 前編

 前後編じゃなくても十分に完結してませんか、これ。これからは他のヒロインに自分を認めさせるためのヒロイントーナメントでも始まるというのだろうか。
 AパートからBパートの間でいろいろエピソードがすっ飛んだようだが、無人島エピソードみたいなのが飛んでるのが残念だ。ちょっと気になる。…ハッ、こうやってSHUFFLE!を見たくなるようになるという策か!おのれ孔明

#04 ネリネ編 前編

 「あなた達には永遠に沈黙する義務があります!」と言われたらもう黙って吹っ飛ばされるしかないね。
 ここまでのヒロインは稟と少し距離のあるところからスタートだったけど、ネリネはまるでもう付き合っているかのような感覚。途中で一旦こじれるようなのだが、そのあたりをちょっとすっ飛ばし気味だったので稟がどういう考えで付き合ってるのかわからんような。総集編だからそれは仕方のないことか…。

#03 時雨亜沙編 前編

 なんかOPがめっちゃきれいにまとまってるんじゃないか…?90秒でこれだけできるのなら、導入編はだらだら喋らなくてもできたような気がしないでもない。
 亜沙先輩は他のヒロインのアシストばっかりしてるのかね、OPとこの前編からはそういう印象が。稟の慰め役になってたのもそれを補強。そうでなければ、別ルートヒロインにふられて傷心の稟をおいしく頂く黒い役回りになりそうなんだが。
 DVDのCMがひぐらしだよ…。

#02 芙蓉楓編 前編

 最初の10分とあとのノリの違いは笑う所なんだろうか。アレのあとにこんなベタベタになられても怖いですな、ひぐらしっぽい…。親父さんは本当に海外出張だか何だかに行ったんだろうけれど、あんな流れがあっただけに庭から白骨になって出てきたりしないかとビクビクですよ。恐れるべきはヤンデレなり。

#01 導入編

 主人公が全ヒロインを紹介していく導入編、ほんとうに「導入編」なのでひたすら語る語る。杉田智和なものだからキョンにしか聞こえない(本来はSHUFFLE!の方が先なのだけど)。一期はWOWOWだったから見てない人が多そうという判断なんだろうか。それでもこの作りはちょっとひどいと思う。
 第2話からどうするのか見ないことには何とも判断しかねる。