ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 リアルドライブ<終>

 波留さんたちの話にはついていけず置いて行かれた感。本当にミナモ気分だ。
 76年に1度のハレー彗星の接近で地球律が活発になっているから久島が姿を現せたが、ふだんは意識は拡散するらしいので次に会えるのは76年後。いかに波留さんが海パワーで肉体的に若返っていても、次は厳しいんじゃないか。
 上山徹郎によるむっちむちのキャラデザインは他のアニメに見られるものとは一線を画していて、とてもよかった。単発のエピソードでは気にならなかったけれど、ラストに向けては把握しづらい展開が続き、水にまとめるくだりはちょっと無茶した感が。

#25 ラストダイブ

 今回は作画監督の癖かミナモの決意の表れか、ミナモが大人のオンナっぽい側面をのぞかせていた。
 気象分子散布のせいで世界のバランスが崩れ、またも「燃える海」現象が起こってしまう。気象分子プラントすらも機能しなくなってしまったことで、ジェニー・円すらも手をこまねくしかなく、波留のダイブに全てがかかる。久島がもう一つカードを残しているはずというのはあくまでソウタたちの想像にすぎないが、久島ならこんな状況すらも想定できていたはず…。

#24 地球律

 ジェニー・円の説得に失敗したため、波留たちはメタルから、ソウタはリアルから、それぞれプラントを止めに向かう。波留、アユム、ユージンで電理研のトップ3ダイバーらしいけど、アユムとユージンはミナモとじゃれてるところばかり見ているからすごいダイバーって気がしないね。
 軍用ボディのジェニー・円をメタルからの援護を受けて倒したソウタだが、プラント停止には失敗。気象分子の散布は始まってしまった。

#23 人間律

 人工島を作り上げた久島の不在の大きさを痛感するソウタ。波留、ミナモ、ソウタ、書記長が揃って久島の記憶のみを受け継いだAIが語り始めるが、ふだん久島はあんまり感情的に喋らないからそれほど違和感はなかった。
 そういえばやられたかと思ったホロンなのだが、あっさりソウタの秘書として復活していた。人工島の女性型アンドロイドはみんな同じ顔だからホロンなのか違うのかがわかんないよ!

#22 静かなる海

 気象分子プラントに反対した久島がジェニー・円の手で消されかけたということか。脳の初期化はホロンとソウタによって食い止められたが、その処理停止のバイパスとなったホロンに影響が。機能維持モードに入ってしまったというわけではなく、今度は完全に電脳が焼かれたか?
 久島の探索にアユムから「やってやるぜ!」の頼もしいお言葉。さすが矢尾一樹

#21 永遠

 ホロンはタカナミ書記長をモデルに作られたので姿形はそっくりなのだが、ソウタは書記長ではなくホロンを選ぶ。波留の介護に回ってから並列化を行っていないホロンは、他に換えの居ないホロンという個人になってるものな。ホロンはソウタのために靴の新しいモデルを、ソウタはホロンのためにハレー彗星のペアリングを買ってるあたり、口には出さなくても通じてるものがありそう。そもそも、ホロンが買い物への同行を依頼しているのってデートのお誘いだよね。

#20 その足で

 波留のサポートをするために電脳化を考えたミナモが、適性検査を受けるべく向かった病院で出会ったのは波留そっくりの青年。職業を聞かれて流れていたテレビからファッションデザイナーだととっさに嘘をついたり、名前も"霞八十郎"だったり、ただ者ではないと思ったら本当に外見は"波留"そのものだとは。久島が「メンテナンスの換装用に作らせたモノではないのだがな」などとつぶやいていたあたり、いつか波留が義体化するときのために久島が作っておいた波留の若ボディらしい。しかし、中身が久島だったわりには普段と印象が違っていて、ずいぶんと軽い若者みたいな感じだった。科学者としての顔を外した久島はあんな感じなのかな。

#19 巡る雫

 結局、気象分子と地球律が相容れない=科学と自然の対立というベタなとこに落ちちゃうのか。特に自然の力が強い島だからこそ科学の粋を集めた存在であるホロンが機能不全に陥ったということでわかりやすいが…。

#18 ジュタの森

 ミナモたち一行が特殊なノイズを送ってくる森林を探検。#17 ホーム@ホームでソウタらが実験していた"気象分子"が原因らしい。まさかホロンが機能不全に陥るとは思わなかった。アンドロイドの弱点はこのあたりにあるか。

#16 透明な力

 ソウタがホロンを女性として見ているのは、ホロンのモデルであるタカナミ書記長とイメージが重なってってわけじゃないよな。ひょっとして島中でアングラにホロン型ってけっこう出回ってるのかねえ。

#15 食

 満腹中枢を調整してメタル内で飽きるほど美食に凝る「美食倶楽部」の人々。あまりにも味覚に鋭敏になりすぎて、ミネラルウォーターの中の成分の味が感じられるほどになって、今度はリアルでの食事が耐えられなくなるというのは美食への警鐘なのか、美味しんぼへの皮肉か。
 ピーマン嫌いのミナモがピーマンを地上からなくしてやると頑張っていたけれど、ピーマン好きからするとそれほどにおいしいピーマンなら是非食べてみたいものですよ。

#13 もうひとつの海

 波留とミナモの水族館デート。子ども時代の回想なんかも交えながら、波留がどうしてダイバーになったのか、そしてどんな仕事をしていたのか、波留が思い出すという形で描かれた。実に海がきれいだ。

#12 光のない朝

 目が見えないからこそアーティストとしての才能が発揮されていたが、ナノマシン手術の結果視力を取り戻してその能力を失う。何かを得るためには何かを失うというのはそれなりにある話ですな。見えることが当然の人にはわからないものを、映美は感じられたのかも知れない。