ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 浮上する未来<終>

 すべての思い出を綾凪市の家に押し込んで、慎は無事合格した大学へ、洵は寮へ。
 くじらと一つになろうとするアヤネ、九條とのちょっとした戦いはあったんだけれど、クライマックスの戦闘という感じはなかったな。エピソード的に#21 残刻#22 依り代、そして叶鳴の死ぬ#23 絆を抱いてで盛り上がりきってしまった印象があって、最後は印象の薄いオチだった。
 AYAKASHIと同時期に始まって、こちらがいいペルソナバトルを見せていたためにあちらがかわいそうなことになっていた。まさか、黒幕の狙いがペルソナを全部はがして持って行くという同一ネタになるとは。同じような素材でも料理の仕方で全然違う出来だなぁと実感。キャラクターデザインとかはけっこう好みで、ストーリーもどうなるのか気になるものではあったが、終わってみるとなんかこう、疲れた。諒が行方不明になって以降がちょっと不振かなあ。
 MVPは沢城みゆきだな。同じ体に宿る洵と結祈をまったく違和感なく演じ分けて見せたその力には脱帽です。

#25 謂れなき喪失

 慎の見た、結祈がいて洵がいて両親がいて諒がいて映子がいてなんだか幸せそうな風景って、やっぱり現実には訪れなかった可能性の一つでしかないのかな。もしあの未来が来ていたら、慎やめぐみ、拓朗、そして叶鳴は出会うことはなかったのだろうけれど。前回見せられた10年前の出来事は、どうやら諒の目線をアヤネが慎に見せたという形みたい。
 まだ真田の前に立ちはだかる諒。その背後で吹き上がるくじらのはね。そういえば、「くじら」ってなんなのかまだわかってないような気が。

#24 贖罪の楔

 小松原の手で封じ込められていた慎の記憶。諒が10年後と違ってとてもいいお兄ちゃんをしていて、神郷一家がどこにでもありそうな普通の団らんを送っていた…アヤネがあそこに現れさえしなければ。アヤネは慎の両親を手に入れたかったのか?

#22 依り代

 アヤネ素体の改造体だった叶鳴。出血のようなものはしているけれど、その下からのぞくのは傷口ではなくて何かのパーツ。カラオケボックスで叶鳴とめぐみが襲われそうになったときチンピラを皆殺しにしたのも、かつて町で影抜きをはやらせたモーリーも叶鳴だったのね。影抜きはやはりただの遊びなんかではなくて、ペルソナを収集するための九條の策だったわけか。
 意識の中で慎の前に久々に姿を見せる洵だが、もう戻ってこないのかな。遠くに諒がいるのはなんなんだ。

#21 残刻

 マレビトを作った九條(=小松原)の目的の到達地点は集めた全てのペルソナをアヤネに集めることだったのか。マレビトたちはみんな駒に過ぎなかったという実にひどいお話。

#20 おもいで

 慎は洵の中に結祈がいることを知ってずっと接してきたのか。だから、きっと洵が消えたことにもすぐ気付いたんだな。洵と結祈は揃っていないとペルソナが出せないのは困ったね。
 ここしばらく拓朗とのバイトなんかでまゆりが打ち解けてきていたような空気だったんだが、やはり叶鳴とまゆりのいた施設がここで絡んでくるか。意味のない伏線にはできんよね。

#19 帰還者

 拓朗は父親に捨てられた過去があって、それで実家について語らなかったのね。人の借金まで抱え込んでって話だから、相当にまじめな人だったんだろうな。その分、拓朗の怒りも大きかったのかも。堅焼きそばヘアは半端なやつを近づけないまじないだったのねえ。
 もしあれが他の男性の姿になっていたら、拓朗は躊躇せずに殴っていたかもしれんね。中身は1対1で入れ替わっているのではないというのは面倒だな。

#18 沈む夢

 叶鳴のスピーチコンテスト応援をほったらかして弟のデートをのぞきに行く兄、しかもいろんな幻想を見せられた末にダウンとはかっこわるい。叶えられた洵の願いというのは見た目ではわからないんだが、結祈になることだったのか?「くじらのはね」を貸してくれと言われたときの冷たい態度と、遊園地での慎への態度がえらく変わっている。

#17 風の里にて

 以前、洵が夏休みなのに実家に帰らないめぐみと拓朗に話を振ったことがあって二人ともスルーした件があったが、今回はめぐみの実家編。弟を努力及ばず死なせてしまっためぐみと、思わず「どうしてあんたじゃなかったのか」と言ってしまった母。いかん、いかんなあ。
 川がどれだけ深いねんというツッコミは置いといて、同じような事故で今度は救ってみせるというのはベタながら解決の手段としてはコレだわな。

#16 解放の子と治癒の聖霊

 諒の意志を継いで慎は制御剤を巡る争いに踏み込んでいく。そして洵がケガをすると。諒が慎と洵を巻き込みたくなかったように、慎も洵を守っていかないといけないところだったのだが…。

#15 明日を閉ざすもの

 銀髪の参事官・真田明彦。人の家に勝手に上がってチャーハン作ったあげく、水に文句をつけるその態度には感心する。ペルソナ使用に年齢制限があるのは諒が口にしていたが、具体的に何歳と決まってるわけじゃないらしい。普段通り使ってたら、ある日突然…ってこともあり得るのかね。
 マレビトとペルソナ使いとの戦いが幕を開けるのか。

#14 狭間の彷徨

 やはり映子ねえちゃんはあれで死んでいて、行方不明になった諒がその犯人として疑われているって感じか。誰も行方をつかんでいないけれど、いきなり暴走したペルソナにトドメを刺すとはなかなかやりますね。

#12 救済者

 すでに死んでいるはずの小松原医師が諒の前に姿を見せる。諒との会話からみると、洵の手術をしただけではないみたいだぞ。薬を飲み続けないとペルソナを出せないっぽいのに、製薬会社を突く必要があるってか。因果だ。