ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 スターファイター<終>

 1stシーズン-Lift off-完結。宇宙へのつなぎのエピソードで、シーズンが終わったという感があまりない、海外ドラマの最終回みたいな話だった。
 いい写真を狙うがあまり、シャトルの飛び立つ爆風にあおられて見つかってしまうというのは惜しいな。残念だが、知りすぎた。

#11 改竄されたデータ

 吾郎の方は、野口室長によるデータ改竄が明るみに出て一段落。耕介が技師として宇宙を目指すことになったらしい。彼の責任感なら、きっとやってのけるよ。
 ロストマンとパパラッチは相変わらずの追っかけ合いだが、ロストマンを追われて困る者がそれを阻止。どちらも陰謀にまみれているなぁ…。

#10 疑惑の潮流

 12話で1stシーズンは終わりなので、このムーンウォーカー開発にまつわる疑惑が解決するところで終了するみたい。事故に対する吾郎の言動はややもすれば無責任なんだけれど、それだけ操縦に関して自信があるということでもある。

#09 ムーンウォーカー

 実験機ではきっちり動くはずなのに、試験機になるとどうも歩幅の間隔を広げられないムーンウォーカー。陰謀の香りがプンプンする。事故が起きて、即黙るように連絡を入れる室長は黒いね。自らの責任回避能力は抜群に高そうな男だ。
 現場のダイバーたちの、澤村に対する不信感はもっと強く描かれてもよかったかも。

#08 軌道からの生還

 吾郎とロストマンのような最高の友であり最大のライバルって関係は憧れますなぁ。ちょっと完璧すぎるようには感じるが、ベストを尽くす姿は格好良いわ。
 子供のためなら頑張れるオヤジの姿、いいね。

#07 再会

 ロストマンがわざとシャトルに細工したのかと一瞬疑ってしまった。そんな面倒で、命が危険にさらされるようなことはしないわな。
 宇宙で吾郎と再会。二人が目指すのはこんなところじゃなくて、月なのだ。

#06 ギャンブラーズ

 ギャンブルと言い切るスティーブはステキだ。イチかバチかばかりだから、そういう性格でないとやっていけないのかな。宇宙へ上がるのは吾郎がロストマンに先んじたようだが、さて月へはどうなるかな。

#03 ラストスイング

 中盤で野球のネタを振っておいて、ボールに見立てたコアをロボットアームで打つというオチ。宇宙空間の無音でゆっくりな描写もあって、緊張感がありながらきれいにまとまった話になっていた。

#01 宇宙の向こうへ

 アニメ化されると聞いて急遽原作をざざっと読んだのだが、今まで読まなかったのがもったいないぐらいの作品だった。
 入り方が変更になっていて、すっ飛ばすのかと思ったらちゃんとエベレスト頂上から人工衛星を見上げていた。ここカットしたら何が何だかわからんもんね。酒好き女好きの吾郎、豪放すぎる。