ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

映画 プリキュアミラクルユニバース(2019)

 宇宙で唯一「ミラクルライト」を作れる「惑星ミラクル」に伝説の宇宙大魔王の悪の手が迫る。ライト職人・ピトンの力で呼び寄せられたキュアスターたちは、惑星ミラクルを救うための戦いに立ち上がる。
 本作、春映画としては過去最高のスタートを切ったとのこと。それまでの過去最高が前作・映画プリキュアスーパースターズなので、基本的には年を重ねるごとにパワーアップしているというところか。
 しかし、2018年秋の「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」が実質オールスターもので、内容もアクションも過去プリキュアの見せ方もオールスターズシリーズ始まって以来ベストの出来だったため、本作では相当なパワーダウンを感じてしまった。「感じた」というか、実際、相当パワーダウンしている。もちろん、オールスターズメモリーズで初・全プリキュアの声入れをしたので、その反動で本作の過去プリキュアは近作3作除くとなぎさ、ほのか、はるか@ゴープリ、みらい@まほプリまで減ってしまったという、これはしょうがないと思う。
 でも、一度他のプリキュアの時空につながって、プリキュアたちが助けに来るという姿が完全に使い回しの走りモーションだけ(出口が閉じるからといって特別なアクションはしない)だったり、その後、ミラクルライトでキュアスターたちを応援するプリキュアたちが完全に工事現場の端に置かれている赤色誘導灯を振るパネルのおじさん状態なのとか、かなりいただけない……。完全にプリキュアとしての個性が死んでる。キュアマリンだったら「がんばるっしゅ!」的なアクションしててもいいじゃないか。肝心の、メインの3プリキュア(スター☆トゥインクルプリキュアHUGっと!プリキュアキラキラ☆プリキュアアラモード)にしても使い切れてない感ある。特にキラキラ☆プリキュアアラモード。いちかがはな、ひかるとの絡みがあるのはわかるが、あきら&ゆかりさんを優遇しておいて、あおいを冷遇するという差の付け方はちょっとどうなのか。そのゆかりさんも、出番は多めだが、全体的な粗い作画の影響で「色は確かにゆかりさんだが、あんたほんとにゆかりさんかい?」みたいな顔だし、そもそもキャラクター自体、ゆかりさんってそんなにあきらと常にベタベタしてたわけじゃないと思うんだけれど……と思ったり。
 一番キツいのば、バックグラウンドの掘り下げが浅く感情移入対象になりきれてないゲストキャラを中心に話が組み立てられていて、ヤンゴが出てきたからといって「あら、そう」ぐらいにしか思えないところ。敵キャラがほかに設定されていないんだから、意外性も何もなく……。
 「お祭り映画」感を秋映画に取られてしまっては、やることなくてもしょうがないよな。いっときの、キュアマリン無双のオールスターズがよいのかと言われると……あれはあれで楽しかったのでいいんですけど、初代を出さなければならない縛りがキツい。たまにはSplashStarが目立つ回があってもよくないですか。

映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(2018)

 幼女先輩大喜び、大友感涙の必見作品誕生。
 プリキュアの前に現れた敵・ミデンは思い出を奪った人を子供に戻してしまう力を持っていた。キュアブラックキュアホワイトはなんとか難を逃れたが、「HUGっと!プリキュア」勢の前にミデンが現れた時点で、すでにほかのプリキュアたちは全員思い出を奪われていた。さらにアンジュ、エトワール、マシェリ、アムールが子供にされてしまい、エールとブラックを庇ったホワイトも子供になってしまって大ピンチに陥る。
 なぎさとほのかは2人が揃わないと変身できないので、ホワイトが子供になった瞬間にブラックは変身が解けてしまうとか、細かいけれどそういうところ拾って後半に繋げてくれるのがすごく気持ちいい。
 思い出を奪われたことでアンジュたちもはなのことが分からなくなり落ち込む展開はあるが、何もわからなくなったみんなだって家に帰りたくて怖いはずと再起するはなの強さよ……。
 オールスターズシリーズでは久々に(初?)全55人のプリキュアが声あり出演ということで、ラストバトルは最新プリキュアから初代の順でそれぞれ短いながらも見せ場が存在(というかここがないとセリフが入らない)。感想は「みんな良かった」だが、特に挙げるなら、マシェリ&アムールのツインバスターライフル、ラブリーの光子力ビーム(あるいはサイクロップス)、ソード装備のプリキュア5勢。武器使った攻撃は「謎パワーでの浄化」が多いのに、こいつらときたら……。戦闘最強は初代であると今も思っているけれど、多段変身(〇〇シルエット等)使わない範囲では、ラブリーさんヤベェ。
 なにより、ハグプリ勢は先輩プリキュアとの共演歴がほぼないので共有する思い出がないから元に戻せないが、映画館に来たみんなが好きなプリキュアを応援してくれ!の展開、熱すぎる。15年やってるから、全プリキュアの思い出があるのって、仮に3歳で初代を見てたとして18歳ですよ。たいがいはもう大友ですよ。つまり、プリキュアおじさん、プリキュアおばさんたちに「がんばえ~ぷいきゅあ~!」をやれってことですよ。声は出さないけど、そんなん燃えますやろ。
 ちなみに、大事な思い出の中で、セリフはなかったけれどブルーム&イーグレットのそばに満と薫がいるシーンが使われていて、先日のハグプリ本編もだけれど、公式ほんと拾ってくるなぁと思った。

映画プリキュアスーパースターズ!(2018)

 花畑に遊びに行ったはなたちの前に「ウソバーッカ」が出現。やられたふりをしたウソバーッカの攻撃でさあやとほまれが取り込まれてしまう。この危機を救えるのは他のプリキュアだけと、以前出会った(→キラキラ☆プリキュアアラモード #49)プリキュアに助けを求めに行くはな。しかし、いちご坂にもウソバーッカが出現し、ひまりたちが捕まる。さらに、ウソバーッカははなとひまりが助けを求めに行った魔法界にまで現れるのだった。
 はなの心に残り続けていた、子どもの時に果たせなかった約束を軸に、3作品のプリキュアが集うクロスオーバー作品。登場するプリキュア全員をそれなりにうまく動かすにはこのぐらいの人数が限界か。……といっても、ゆかりさん&あきらさんは便利キャラとして活用されていたけれど、ひまり&あおい&シエルは賑やかしだったなぁ。
 それにしても、はなたちの待ち合わせ場所が現地集合でワロタ。「はなは、何があっても約束を守る」のフリとして、家の近くの駅だと、さあや&ほまれを極端に遅れさせるのが難しくなる(まるで2人がダメに見えてしまう)から、苦肉の策なんだろうけど、さすがに中学生があんな遠方に出かけるのに現地集合はなかろうて。

#04 輝け!プリキュアスカウト大作戦!

 ハリーの言葉を受けて3人目のプリキュアを探すはなとさあやは、同じクラスの輝木ほまれが気になる。チャラリートの襲撃があり、はなとさあやはほまれの前で変身することになり、ほまれにもミライクリスタルが現れるが、かつてフィギュアスケートを諦めたほまれは、クリスタルを掴み損ねてしまう……。
 おおーっとォ!プリキュア変身失敗は、ピンキーキャッチが目の前で消えてしまった「Yes! プリキュア5」#05 プリキュアの資格のかれんさん以来ですか。そういえばYes! プリキュア5も敵はブラック企業でしたね。

#03 ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!

 またもはぐたんがなぜ泣いているかわからず困り果てるはな。さあやの助言とミライパッドの導きで移動動物園へ行き、ほまれと出会う。
 姉妹2人を育てたママン最強。とはいえ、働いているママンに育児という負担をかけることになってしまうから、頼る場面はそんなに出てこないでしょうけれど。はなの妹はうまく絡められそうだけどなー。

#02 みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!

 ハリーからはプリキュア仲間を探せと言われたはなだが、自分1人でやれると張り切る。ところが、はぐたんをどうしても泣き止ませることができず、その泣き声を聞きつけた薬師寺さあやに助けられる。
 ヒーローの力を手にして前のめりに暴走気味になる「あるある」は、プリキュアだと珍しい展開かも。プリキュアの主人公はとにかく仲間を増やしたがる傾向があったと思うので。さあやは現代の参謀って感じのキャラクター。ただし、「わからないから調べてみましょう」方面なので「知っているのか雷電」とはちょっと違うな。

#01 フレフレみんな!元気のプリキュア、キュアエール誕生!

 冒頭からフェイリスペクトの「フレー!フレー!あたし!」とは、なかなかやりますねえ。……というネタは置いといて、初っ端から引きが強くていいですね。転向にあわせてイメチェンして「お姉さんキャラ」デビューを図り、前髪を切りすぎて失敗。敵ははぐたんの持つミライクリスタルを狙う「クライアス社」。クリスタルを奪いにいくにも稟議書にハンコをついてもらう必要があり、負けると「始末書モノ」。倒されたオシマイダーは「ヤメサセテモライマース」と成仏。
 プリキュアの敵で企業といえば「Yes! プリキュア5」のナイトメアが有名。かの悩める中間管理職ブンビーさんを生み出したからね。今回も、チャラリートくんは早々に消されてしまうのであろう……。いいキャラしているので、粘ってほしいものだ。