ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 流星 - stella cadente -<終>

 アンジェリカの穏やかな死、ここで第九はさすがに泣ける。最後はマルコーに看取られ、お話のことも思いだし、お互いに幸せだった…かな。
 原作者には不評だというシリーズだが、ヘンリエッタの献身とか、ヒルシャーとトリエラの不器用な親子ごっことか、見ていて微笑ましかった。一方で、こんな少女達が兵器であるというギャップもあり、強く印象に残る作品だった。
 第2話の事情はわからんけれど、あとは持ち直したっぽくて良かった。

#12 共生 - simbiosi -

 クラエスがお嬢様の身代わりになる誘拐事件、いざとなれば義体だからなんとでもできるけれど無茶な策だ。アンジェリカがいよいよ役に立たなくなってきて、マルコーは冷たい態度ながらもアンジェリカにどこか期待しているからこそ腹立たしく無念なのだろう。アンジェリカとマルコーはそれでも会えるが、クラエスはラゲロにどうやっても会えないんですぜ。会えるうちに仲良くしておけ。

#11 恋慕 - febbre alta -

 ラウーロを殺したのはやっぱりエルザ。自分が名前を与えたというのに、そのことを軽く見過ぎていたかな。エルザからのサインに全く気付かなかったわけだし、担当官として問題があったと言えるかもしれない。しかし、最悪の結末を迎えてしまったな。

#10 熱病 - amare -

 エルザとラウーロの死。これまでにフラテッロを倒した敵はいない…五共和国派にしてみれば悪夢みたいな敵だったわけですか。眼球が弱点だと知っていても、義体相手に狙えるものだろうか。

#09 彼岸花 - Lycoris radiata Herb -

 義体を嫌いエルザに冷たく当たるラウーロと、そんなラウーロが全てのエルザ。どうしても決めなければいけない場面で使えないのは確かに困ったもんだが、結構彼女らも失敗することあるんだな。そういえばよくヘンリエッタなんかミスしてたっけ。ジョゼがばっちり決めたのは普段のぼーっとした感じとギャップがあって、妙に格好良かった。

#08 御伽噺 - Il Principe del regno della pasta -

 「パスタ王子とピッツァ姫」、どうしてもピッツァ姫という響きからは非常にふくよかな女性がイメージされてしまう。アンジェリカをまるで娘のように可愛がって手塩にかけて育てたというのにその記憶だけが失われるなんて、そりゃマルコーさんもやる気なくすって話です。絶望するな。

#07 守護 - protezione -

 フィレンツェは美しい町だな。五共和国派でも美術館と教会は避ける分別は持ち合わせていた。ただただ無差別にテロをやってるわけではないだろうしね。

#06 報酬 - gelato -

 共同作戦。ヘンリエッタははたから見ると香水+アマティの楽器ケースでお嬢様に見えるらしい。顔の作りもお嬢様っぽいし、楽器ケース持ってうろうろしているのは軽音楽部かお嬢様ぐらいのものか。

#05 約束 - promessa -

 クラエス回。いきなり少女兵器の担当官になったら面食らって当然、しゃべらないけれど釣りで通じ合う心っていいよな。最後は公社を告発しようとして消されたか…。

#04 人形 - bambola -

 トリエラ回。ジョゼとヘンリエッタは兄妹、ジャンとリコは仕事道具で、ヒルシャーにとってはトリエラは娘のような存在らしい。人間兵器っぽいエッタたちだが、娘に会わせるためにマリオ・ボッシを逃がすぐらいの心は持っているらしい。このへんは普通の少女と変わらないんだけれど、その分人殺しを平気でするギャップがあるんだな。

#02 天体観測 - orione -

 なんかすごく第1話の内容と重なる部分が多い。第2話から回想尽くしはまずいんじゃないかね。とりあえず、条件付けというものがなんたるかは把握できた。

#01 兄妹 - fratello -

 第2期のために一気見。1クールなら集中して見られるからなんとかならなくもないな…。
 今回のはヘンリエッタがまずいのではなくてジョゼがしくったせいだな。ジョゼのやり方がまずいとその分ヘンリエッタに負担が。