ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 JAM<終>

 ヒデヨシ抜きでもDTを中心に健闘する地球チーム。しかしDTが負傷していよいよピンチと言うところにヒデヨシが!と、王道展開の最終回。勝利した地球チームの大宇宙リーグ入りは1年先に延ばすことになって、後日談。行方不明になったヒデヨシが額にツノ生やして、立派にゴル星人になってた。

総評

 WOWOWでやっていた第1期を見ていることが前提になっていたのはハードルが高すぎる。そのころはやっていたことすら知りませんでしたよ…。原作コミックを読んでいればついて行けたけれど、コミックなら最後まで読んでいるだろうわけで、ターゲットはどこなのよ、と言いたい。
 バスケをしているところの動きは滑らかに動いていて良かったけれど、序盤のヒデヨシはあまりに「俺様」で感情移入を拒み、もったいなかった。

#11 BRICK

 ヒデヨシにはゴル星人の血が。まだツノは生えていないみたいだけれど、それってどういうことになるんだろう。地球人チームにゴル星人はまずいよな。DTも実はゴル星人…ツノの痕を隠すための帽子か。でも、それでいいのかね。ヒデヨシはどうするだろう。

#10 TRANSITION GAME

 ヒデヨシが頭痛で抜けている間にチャチェとラズーリが出場。チャチェは囮にすらなってないな。さすがに114-85から114-115に逆転はやりすぎだと思った。30点差を埋めたことじゃなく、その間にソニックスが1ポイントすら取れていないって、いったいジュリアスたちは何をやっていたんだって話になってしまう…。
 勝ったけれどなんか大出血してるヒデヨシ。

#09 ALL COURT PRESS

 いよいよ地球チームvsソニックス。妙になめらかにキャラが動く試合シーンはちょっと気持ち悪いな。
 DTに張り付いているときより、ヒデヨシと勝負しているときの方が生き生きしているジュリアス。ライバルってのはそういうことだ。

#05 STEAL

 女だからとちやほやされれていると別の女が噛みついてくるというのはベタな話で、相手が小娘なら尚更。アピルを最初から使っていればスワロウズが勝ってそうなんだけれど、そのへんは秘密兵器だし、地球人チーム相手に使うまでもないという判断があったのか。

#04 COAST TO COAST

 マルのちょっといい話。今日のヒデヨシは勢いがいい方向に働いていた。しかし、身長が急に10cm伸びるってのはいくら成長期でもあんまりないぞ。実はアレっていうのは前期で明らかになってんのかなーと思ったけど、どうやらなってないっぽい。ということは、今回のオチはそのへんで来るか。

#03 NUMBER PLAY

 リーグ下位チームはどれだけデータで固めてきたってしょせん下位チームってことで、地球人の底力をなめてもらっちゃ困る。んで、データ収集して分析すること自体はどこのチームもやることだし当然だと思うけれど、試合中にサングラスに転送してチェックしてんのはアリなんかね。

#01 Out of bounds

 2005年のWOWOW版の続きらしく、ストーリーはすでに宇宙リーグに殴り込んだあと。一応Webコミックで全部読んだので話はわかっているけれど、できれば第1期も地上波でやって欲しかった。完全にヒデヨシが自意識過剰のイカレ野郎にしか見えず呆れるしかなかった。もっと努力型バリバリのキャラクターだったような気がしていたんだが、テングになったなぁ。
 続編モノとしては第1期で築いたものがゼロになって、それをもう一度やり直すのは王道といえる。1クールでさっくり終わって、10月からカイジやってくれると嬉しい。