ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 行け、ウォーリアーズ!!永遠の果てに!!<終>

 解散させられたウォーリアーズ。真弥は旅に出ようとする。2人は地下鉄を利用したテロに巻き込まれ、施設に戻される途中のリリカの力を借りて解決。ウォーリアーズ大手柄ということで、再結成。実はもっと上の意向が?
 3人組元通り、で完。

#10 大東京全滅!?さらばウォーリアーズ!!

 バスジャック犯に対して強行突入を命令するウォーリアーズ隊長。利緒たちは反対するが隊長は命令を撤回せず、黒ずくめの人影が先に犯人を処理してしまう。人質の命すら省みない彼らに利緒は立ち向かうがたたきのめされてしまう。また、狙撃で援護していた真弥にも刺客が迫り、真弥は集中治療室送りとなってしまった。入院した利緒に、同僚達はどうせ仕事なんて少ないんだからゆっくり休めばいいと声をかける。その頃、一人無事で残されたリリカは新しいウォーリアーズ2人とのトリオを組むことになるが、ふとしたきっかけから、利緒と真弥はテストケースとして運用されていて、その実績を活かしてロボット兵器である新ウォーリアーズの運用が始まったことを知る。
 前回の黒幕が実は警察上層部であったということね。隊長がいきなり真っ黒キャラになってまいりました。

#09 黒いシージャック!!海上大激突!!

 チャイニーズマフィアのドン・19(ナインティーン)を逮捕すべく豪華客船に忍び込んだウォーリアーズだったが、利緒は祐司と鉢合わせしてしまいまとわりつかれてしまう。そこを若い男に助けられたのだが、彼こそが19だった。19の狙いはウォーリアーズ殺害だったため、二人は戦うことに。真弥は真弥で、19の部下で薬でドーピングしている少年・パイと戦闘に入る。
 アホな話ばっかりだったのに、今回はウォーリアーズを狙う謎の黒幕の存在が明らかに。

#08 大銀河からの超メッセージ

 ある日、利緒が目覚めると地球に巨大UFOが襲来していて、中から現れたロボットが人々を襲っていた。ウォーリアーズの呼び出しに警察署へ向かう利緒だったが、祐司をはじめ署員達はみんな宇宙人に洗脳されていた。そんな利緒の窮地を救ったのは”スペースガール”に変身した真弥だった……。
 相当ムチャクチャな話を展開する本作とはいえ、さすがに夢オチは読めたぞ。利緒がUFOロボットの触手に絡め取られるあたりはちょっと昔のエロアニメ風味。

#07 墜落 悪夢のエアポート2023

 アマン国のハーネス王女がお忍びで来日するということで、フライトアテンダントの格好で護衛の任務に就く利緒と真弥。しかし、おてんばなハーネスが自分が王女であることを明らかにしてしまい、テロリストが動き始める。テロリストの手に落ちたハーネスを救うため、利緒と真弥の戦いが始まる。
 護衛がウォーリアーズの二人だけというのが何より不安でならないわけだが、予想通り簡単に一件落着とはいかなかった。利緒はいつもお色気担当だったけれど、とうとうパンツまで脱がされてしまったか…。

#06 ウェスタン札幌〜知床地獄篇〜

 連休中にあった合コンの失敗談を語る利緒に、ツッコミを入れる真弥。そんな自分はどうだったのかと聞き返され、故郷に帰っていたという話をしだす真弥。真弥は師匠(マスター)と呼ぶ男を探し続けついに見つけていた。
 話は真弥の作り話、イメージはリリカの妄想。でも、ほんとに真弥の私生活は謎に包まれているわ。

#05 愛と哀しみの粉塵爆破!!

 利緒や真弥とともに行動するようになってからリリカの能力が向上していることが判明したので、リリカを社会体験に連れ出すことになる。しかし、リリカは能力をうまく制御できず、真弥に面倒を押しつけられた利緒は翻弄されることに。
 ヘンなコンビニ強盗よりも何よりもリリカが一番面倒であるという…。利緒の部屋はラッキーアイテムだらけだったけれど、真弥の部屋は銃だらけ。いったい、どんな生活を送ってるんだよアンタは。

#03 ウォーリアーズ 爆死五秒前!!

 ウォーリアーズ3人組が揃いました。リリカ・エベットはサイコメトラーでその他もろもろの超能力も身につけているけれど、なぜかろくに役に立たない不思議。爆弾の場所を探し当てるよりもオバちゃんと戦っている時間の方が長かったな。オバちゃん天丼。

#02 倒せ!!強奪車両マッドガンダー!!

 今月、最後の1万円をおろした莉緒。その目の前でATM荒らしが重機を使ってATMを盗んでいった。あわてて追いかけようとする莉緒だが、その間に1万円を風に飛ばされてしまい、しかもATM荒らしが突っ込んできたときに自転車も破壊されてしまう。ATM荒らしはその後も連続して事件を起こしたため、ウォーリアーズの担当事件となる。
 莉緒は生活課、真弥は交通課と別々の部署で、特殊な能力ゆえにウォーリアーズとしての特務を帯びるわけね。鳴尾はそういう事情は知らないみたい。しかし、二枚目変態に高橋広樹は鉄板だ。

#01 ウォーリアーズ 暁に出撃す!!

 クリスマスに約束していた彼氏がゲイだったことが判明し荒れる莉緒。そんな莉緒の前にボインに惹かれて鳴尾が現れるが、莉緒は問答無用で蹴り飛ばす。しかし、鳴尾は実はエリートで新しい本部長だった。ちょっと気まずい莉緒だったが、鳴尾は全く意に介さずモーションをかけてくる。一方、真弥は不良にからまれ、ボコボコにしていた。その不良の所属するグループが大晦日に暴走行為を働いたため、莉緒と真弥はウォーリアーズとして出動することに。
 お色気アクションもの、これの前シリーズにあたる「BURN-UP EXCESS」のビデオ第1巻を友人が持っていたから借りた記憶がある。真弥は釘宮理恵が担当、今も昔も声が変わっていなくて驚く。でも、ロリキャラっぽく見せかけておいてみんな胸でかいよね、ウォーリアーズ。莉緒が男運最悪な一方、真弥は友達いっぱいいるっぽくて初日の出の約束も取り付けていたみたいなのに、莉緒に付き合って年越しそば食べているあたりの仲の良さったら。
 わずか5年前、2004年の作品ってこんな感じだったのか。ここ数年でアニメって変わったんだなぁ……。見た目で感じると言うことは、キャラクターデザインを担当する人の変化だろうか?