ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

黒神 The Animation #02 契約

 ドッペルライナーシステムの説明。運の総量を3人で分け合っていて(公平とは限らず5:3:2とか)、運の弱いヤツは強いドッペルに出会うと消される。最後に残った一人がマスタールートになる。たぶん、人生の最後まで分かれたままの人もいるし、マスタールートになって力を得る人もいるということなんだろう。たしかに興味深いシステムだ。
 主人公が2話で死にかけるというのはなかなかよろしいな。「受け止めて下さい!」→ドゴォッ!に噴いた。そんな激しくしたら死ぬわー!命を交換して慶太の命を救ったかわりに、慶太がクロのエネルギータンク化したようなイメージでいいのだろうか。

黒神 The Animation #01 三位一在

 なにこれ素手でタイマン張るシャナですかとか思いながら観ていたら主人公に懐いていた隣の鍵っ子が吹っ飛んだ。泣いた。
 自分のドッペルゲンガーを見た者は死ぬとかいう都市伝説をリアルに持ち込んだような設定で、それとあの炎髪腹ぺこヒロインのバトルはまだつながってこない。