ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#24 雷光

 ようやくレジアスの所へたどり着いたゼスト。二人はかつて同僚だった時期もあるけれど、道を違えてしまっているのですよね。ようやく決着の時だったというのに、もうレジアスは不要になったのでドゥーエが始末してしまった。目の前ですぜ目の前。駆けつけたシグナムに一言の申し開きもせずにゼストはやられてしまった。いずれ、体は持たなかっただろうけれど……。
 ヴィヴィオを助け出せるかと思ったら聖王パワーで成長して刃向かってきましたよ。困った子です。内心、「バカめ……」と思いつつも同情する。

#23 Stars Strike

 正直、なのはさんにあんなに凄まれたら死を覚悟するわ。いくらクアットロに操られているとはいえ、ヴィヴィオが「あんたなんかママじゃない」発言。やってしまいましたなあ、コレは教育やろなあ。
 ゼストはシグナムを倒したのでレジアスのところに到着。そういえばシグナムさん何話か前で負けてたわ。あんまり戦闘時の出番が多くない上に、強敵とぶつかって見せ場も少なく、不憫です。ヴィータフォワードでバリバリ活躍しているだけに落差が大きい。

#22 Pain to Pain

 ディエチちゃんを見下したり、ヴィヴィオを操ったりとクアットロさん真っ黒っす。三方に散った戦線のうち、アジトにはスカリエッティ自らが姿を見せたことでフェイトちゃんが捕まってしまった。そのころなのはさんはまるでドラゴンボールみたいなノリでガジェットドローンの攻撃をかわしながら玉座の間へ飛んで行っているのでした。これはディエチちゃんでは勝てないわー。

#21 決戦

 突入口からなのはとヴィータがゆりかご内へ。中軸・後衛のために道を切り開くのが前衛だろと言いつつ突っ込んでいき、なのはにヴィヴィオを託した後のヴィータちゃんのフラグがハンパねえ。
 アジトのフェイト&シャッハは分断され、それぞれフェイトvsトーレ、セッテ組とシャッハvsセインに。シャッハさんが服装で一瞬ナンバーズに見えた。
 フォワード陣も、ルーテシアとガリューをエリオとキャロが追ったので、スバル&ティアナの2人になっていたところ、オットーの攻撃で分断されてスバルはギンガとのタイマンに、ティアナは3人を相手にすることに……ティアナ死んだな。

#20 無限の欲望

 レジアスと繋がりのあるスカリエッティの真のスポンサーは最高評議会だったが、秘書として潜入していたドゥーエによって抹殺される。そもそもスカリエッティ自体がアルハザードの技術で生み出された人造生命体、アンリミテッド・デザイア・スカリエッティだという話。機動六課も対スカリエッティに動き始め、隊長チームが聖王のゆりかごへ、フェイトがスカリエッティのアジトへと出撃。なのフェイのイチャイチャにはヴィータも呆れ顔です。

#19 ゆりかご

 スバルの復活、エリオの特訓と反撃態勢を整える機動六課だが、スカリエッティが先攻。ギンガを部隊に加えて戦闘機人たちがアインへリアルを襲撃、同時にスカリエッティとヴィヴィオを乗せた「聖王のゆりかご」が浮上。
 「#16 その日、機動六課(前編)」〜「#17 その日、機動六課(後編)」での戦闘ではいずれも大きな被害が出たけれど、復帰の早いほうが先に手を打てたという話ですな。ようやくスカリエッティのアジトを突き止めたところだったんだけど、ゆりかごが出てきたから特定した意味がないじゃなーい。

#18 翼、ふたたび

 ナカジマ三佐が語るかつての戦闘機人事件の詳細。ギンガもスバルも実験体の1人だったのね……。このへんはレジアス中将が触っていた案件みたいで、クイントさんが亡くなくなった上に捜査すらさせてもらえなかったのが疑惑だらけ、真っ黒です。
 機動六課はアースラを旗艦としてなんとか立ち上がることになりそうだが、さらわれたヴィヴィオはスカリエッティのもとでなにやら実験材料に。

#17 その日、機動六課(後編)

 本部各所での戦闘は機動六課が劣勢。スバルは通信の途絶したギンガが攫われつつあるのを見つけて、犠牲も厭わずチンクを撃破するが、ギンガを連れ去るという目的は達されてしまう。
 バトル、バトル、バトル。ギンガもヴィヴィオも攫われてしまって、スカリエッティとしては目標を完遂しチンクが想定外のダメージを受けた程度なのに対して、機動六課は全滅判定受けるレベル。傷を負ったスバルの腕から見えた金属パーツの衝撃はなかなか。高度に進化した戦闘機人は人間と見分けがつかない。

#16 その日、機動六課(前編)

 公開意見陳述会の日に地上本部崩壊の預言が達成する可能性が高いということで、機動六課は会場警備に当たる。何事もなく陳述会は進むに見えたが、ナンバーズは一斉に制圧作戦を開始、なのはやフェイトは建物内に閉じ込められてしまう。
 ガジェットドローンの大量投入によるAMF(アンチマギリンクフィールド)展開で魔法も通信もできなくなって、ナンバーズが圧倒的有利。特に、なのは&フェイト、さらにシグナムとはやてまで封じ込められたのは大きいんですが、なのはクラスでも押さえ込めるほど強力なんすなあ。

#15 Sisters&Daughters

 なのはママとフェイトママの育児日誌。育児的にはなのはさんが正しい気もありつつ、愛情に飢えたヴィヴィオにはフェイトちゃんのように接して欲しくもありつつ……なのはさんママってか、視点はパパっぽい。ヴィヴィオのおかげでエリオやシャロにも好影響。
 ちょっと自虐的に自分たちの名前のことに触れるナンバーズ、今回は全員覚えてあげたい。

#13 命の理由

 通常より25分遅れだったところに世界卓球延長で90分繰り下げ。「なんで男子高校生の日常の最終回が4月なんだよ」と思ったら、これ放送予定入れてたら危なかったな。
 アギトは古代ベルカ式ユニゾンバイス、つまりリインフォースと同じ存在。ゼストやルーテシアと一緒に居るのにはいろいろと理由があるみたい。
 目覚めたヴィヴィオはお母さん捜しで、なのはさんになついてみたり。なのはさんって末娘なのに人の面倒を見るのがうまいんだから。シスターシャッハちょっと早とちり。あんまり幼女を脅かしてはいけない。
 機動六課設立の秘密、騎士カリムの大予言。レジアス中将にとっては、あまり嬉しい存在ではないようで。

#12 ナンバーズ

 エリオたちが確保したレリックを巡る争いはヴィータらの援軍でルーテシアを逮捕するに至るが、ナンバーズの活躍でルーテシアを奪還されてしまう。ディエチのヘリへの砲撃は乗ってたキャラからしても落ちちゃいかんでしょって話なんだが、ここでなのはさんだとは。煙が晴れてそこに管理局の白い魔王が立ってたら漏らすレベル。はやての限定解除で済むかと思いきや、トーレの活躍で逃げ切られかけて、結局はなのは&フェイトともエクシードモード。結果的には効率が悪くなってしまった感じ。
 2度目となると、ナンバーズも多少は覚えやすくなった。というか、ココで覚えておかないと、来るべき「魔法少女リリカルなのはVivid」のアニメ化の時に苦労することになりそうだし。いつ来るか知らんけど。

#11 機動六課のある休日(後編)

 かわいそうな女の子を保護したら取り返しに来たヘンなのとバトルになったでござーる。空中に敵がわらわらやってきて、これはもう限定解除しかない→フェイトちゃんじゃなくてはやてちゃんでした、のちょっと残念感。戦力的に、そもそもなのはとフェイトを同じ戦場に投入するってのが間違いのような気がするんだけど……ヴィータが力不足ってことではなくてさ。

#10 機動六課のある休日(前編)

 平穏は嵐の前触れ。楽しい休日風景だと見せかけて、ヴィヴィオ登場ですよ!そういえば、最初はキャロとエリオが見つけるんでしたね。