ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

魔法少女リリカルなのは Detonation(2018)

 過去の因縁から、永遠結晶の中の存在・ユーリを解き放ったイリス。実はイリスの狙いはユーリへの復讐にあり、キリエは騙されていたのだった。イリスを止めるべく戦いを挑むなのはやアミティエだが、生体型テラフォーミングユニットであるイリスは東京に生産拠点を作り、次々と量産ユニットを生み出していた。イリスによって夜天の書から召喚されたディアーチェ、シュテル、レヴィも加わり、戦いは激化する。
 Reflectionのときにはこんなことになるとは思ってなかった。まずは……相変わらず作画面ではもうちょっと頑張ってくれんかと思うシーンが多々あったという点は指摘しておく。引きの画面でのかんたん作画はしょうがないけれど、ベストクオリティだったラスト近くのなのはさん対話シーンと比べると、低調なところが多々……。いや、やっぱりこのキャラクターデザインは難しいというのがあるんだろう。安倍吉俊とかokama.とか村田蓮爾とかの絵と同じなんだろう。だがフォローしておくと、「フェイなの」要素は非常に尊く、その点の満足度はとても高かった。これぞ正妻、むしろ今回は「なのフェイ」じゃなく「フェイなの」ー!
 ユーリとイリスの因縁を描くために「かつてエルトリアで何が起きたか」まで遡り、そこに潜む陰謀からまた折り返してくるので、ストーリー面の厚みは十分。……むしろ映画2本じゃなく、普通にテレビアニメでやりゃいいのではってレベル。本作、前後編合わせると上映時間は222分に及ぶようなので、テレビアニメのOPED抜きで換算するとおよそ10話分。1クールのアニメとして十分ですぜ。わりと脚本開発段階までテレビアニメ企画だった可能性、なくはないんじゃないですかね。
 「夜天の書(闇の書)」から召喚されたディアーチェ、シュテル、レヴィが2010年発売の「THE BATTLE OF ACES」初出キャラ。アミティエ、キリエ、ユーリが2011年発売の「THE GEARS OF DESTINY」初出キャラ。イリスと「惑星再生委員会」関連がオリジナル要素のはず。重要キャラクターには大物声優を、というのは当然なのだが、この流れでイリスを生み出したという所長が山寺宏一というのはネタバレ感ある。
 このあとシリーズがどうなるのか、パンフレット掲載の三嶋統括Pの言葉によれば、新しいステージに進むがどうなるかは未定、だそうで……なのはVivid→Vivid Strikeの流れが続くのではなく、StrikerSまでの時間軸でまたアニメが作られる可能性が?

魔法少女リリカルなのは Reflection(2017)

 荒廃し滅びゆく惑星エルトリアと病気の父を救うべく、キリエは「永遠結晶」を求め、親友・イリスとともに地球を訪れる。キリエを止めるべく、姉のアミティエも後を追って地球を訪れ、なのは達と共闘することになる。
 無印→「MOVIE 1st」、A's→「MOVIE 2nd A's」の流れを受けて、A'sとStrikerSを繋ぐ物語をやるという話だったように記憶していたが、時系列こそそのへんだけれど、中身はまったくStrikerSとつながってない……どころか、前後編の前編だなんてのは残り10分ぐらいになってから気づいた。そう来たか。
 なのははシリーズを通して、決して作画がいいアニメではない(むしろキャラクターデザインのせいなのか崩れやすい)が、アクションに関してはここぞの見せ場は作ってくるので、そこはありがたい。白い悪魔は健在ですなぁ。

#13 なまえをよんで<終>

 ユーノがやって来たことから始まったなのはの周辺の大事件はようやく解決し、なのはは家へと帰ることになる。フェイトは処遇が管理局に委ねられたが、送還される前になのはとの再会の時間を与えられる。なのはに「友達になりたいんだ」と言われたことに対する返事として「どうしたら友達になれるのかわからない」というフェイト。なのはは「簡単だよ、友達になるのは。なまえをよんで」と告げる。
 拳で語り合った二人が、改めて友情を誓う儀式。結果から見れば、途中のゴタゴタがより絆を深くしたようにしか見えないよね。この儀式は、このあとのシリーズのラブラブっぷりの始まりだったんだと思うと感慨深い。
 ちなみに、もともとTVシリーズは見ておらず、今回映画にあわせて先に一気見しようとしたけれど、ちょうど中盤まで見たところで映画が始まってしまい、結局後半は映画を観たあとでの視聴になった。

#12 宿命が閉じるときなの

 手に入れたジュエルシードを使い、プレシアは忘れられし都アルハザードへの「時の庭園」の航行を強行する。フェイトがいまだ茫然自失状態にあったが、なのは達はプレシアを止めるべく時の庭園へと向かう。アルフもフェイトに自分の思いを告げてなのはの手伝いに向かう。残されたフェイトは自分の過去の日々を回想し、なのはに言われた「わたしたちのすべてはまだ始まってもいない」という言葉を思い出す。傷だらけのバルディッシュを手に立ち上がったフェイトは傀儡兵と戦うなのは達と合流し、同時攻撃で傀儡兵を一撃の下に葬り去る。そして、なのはとユーノは時の庭園を止めるべく機関室へ、フェイトとアルフはプレシアのもとへと向かった。
 リンディが次元震を食い止めることでプレシアを止めたが、プレシアはアルハザードへの道は確かに存在すると言い放つ。クロノやフェイトの言葉も届かず、プレシアはアリシアの入ったカプセルとともに二度と出てこられない虚数空間へと落ちていった。
 アリシアが「妹が欲しい」と願っていたからアリシア亡き後にフェイトを産みだしたけれど、フェイトに求められていたのはアリシア復活のためのジュエルシード集めになってしまったという、不幸な親子。

#11 思い出は時の彼方なの

 なのはとフェイトの本気の勝負は熾烈を極めるがフェイトが優勢となり、フォトンランサー・ファランクスシフトでの一斉射撃を受けたなのはが敗れたかに見えた。しかし、なのははこの攻撃を耐えきってディバインバスターで反撃、さらに全力全開のスターライトブレイカーをぶち込む。気を失って海へと落ちるフェイトを助けるなのはだが、再びプレシアの次元魔法がフェイトを撃ち、バルディッシュが破損してジュエルシードはプレシアに奪われてしまう。
 捕らわれたフェイトはアースラへと連行され、そこではじめて自分がプレシアの亡き娘アリシアのクローンであり、アリシアの代わりでしかないフェイトのことをプレシアがずっと嫌っていたという真実を知る。
 かつてのプレシアはあんなに優しそうだったのに人が変わって…と思ったら、娘を亡くしていたのか。それでフェイトにもあんなに冷たく当たっていたと。辛すぎるだろ、その事情。

#10 それぞれの胸の誓いなの

 独断専行で命令を破ったなのはとユーノはリンディから叱られるが、管理局ではこの件から黒幕がかつてミッドチルダの大魔導師プレシアであることに気付く。一方のフェイトもプレシアに激しい叱責を受けていた。プレシアの目指すアルハザードへ向かうには、今までにフェイトが手に入れてきたジュエルシード9つでは足りないのだった。しかし、フェイトへの厳しい仕打ちはアルフの怒りを買う。そんなアルフを戦闘不能に追い込んで、プレシアはフェイトを再びジュエルシード回収へと向かわせる。フェイトもアルフの不在を知りながら、プレシアの命令を唯々諾々と受け入れる。
 地上に落ちたアルフは人間の姿を維持できずに犬の姿になったところをアリサに拾われ、なのはとの再会を果たす。そこでフェイトの事情を知ったなのはは、フェイトを助けるために動き始める。幾度目かの対峙となるなのはとフェイト、そこにアルフが声をかけるが、フェイトはプレシアとの絆を捨てられないと説得を拒絶する。なのはは自分の思いを伝えるため、”最初で最後の本気の勝負”を挑む。
 アリサが動物好きだったことが幸いしたというか……魔法のことってやっぱり秘密にしないとダメかな?ここまで来たら、もういっそ打ち明けてもよさそうなんだけれど。それでも、おおむねの事情は察してくれているみたいなのはなのはにとってありがたいよね。

#09 決戦は海の上でなの

 なのはとフェイトによって次々とジュエルシードは回収されていたが、残る6つは海中にあるため見つからないのではないかと管理局一同は考えていた。一方、フェイトたちは海中のジュエルシードを強制発動させて一気に封印すべく魔力流を発生させていた。狙い通りジュエルシードは6つ同時に発動するが、ジュエルシードは大暴走。出撃しようとするなのはに、リンディはこのまま待てばフェイトは魔力が尽きて自滅するか、あるいは叩きやすくなると出撃を却下する。しかしユーノの助けを借りてなのははフェイトのもとを訪れ、一緒にジュエルシードを封印しようと誘いかける。
 ディバインバスター・フルパワーとサンダーレイジの同時攻撃で6つのジュエルシードの封印に成功し、なのははフェイトに「友達になりたいんだ」と声をかけるが、その瞬間プレシアが次元魔法を撃ち込み、フェイトは直撃を受けてしまう。アルフがフェイトを助け6つのジュエルシードに手を伸ばすが、ちょうど転送されてきたクロノがそのうち3つを手にしてしまい、アルフは怒りの言葉を残して逃走。アースラでは追跡しようとするも、プレシアの攻撃の影響で機能が停止していた。
 なのはさんが、かつて父が大ケガをして入院暮らしとしていたことから家族が多忙になり孤独な幼少期を過ごしていたとか、ユーノくんが両親がおらず部族のみんなに育ててもらったとか、ヘビーな生い立ち・育ちの人ばっかりだな。だからこそ、なのはにはフェイトの気持ちが分かるわけです。それにしても、5人家族で孤独にさせてしまう高町家の家族事情ってどうなんだろう……。

#08 それは大いなる危機なの?

 クロノは戦闘停止と武装解除を求めるが、フェイトはジュエルシードを手に入れようと動く。そこをクロノが攻撃しフェイトは昏倒、アルフはフェイトを連れて撤退する。なのはとユーノは時空管理局の次元航行船アースラへと赴き、リンディ艦長との会見に臨む。ジュエルシードは危険性の高いもので、今後は時空管理局が回収任務を行うという説明を受けたなのはは一晩考えた末、自分の能力は有効なはずだから協力したいと申し出る。リンディは身柄を一時時空管理局で預かり、自分の指示を守るならという条件付きでこれを受け入れる。なのはは母に魔法のことまでは言えないながらも大事なことを最後までやり遂げたいと告げ、家から送り出される。
 一方、フェイトはアルフの懇願もむなしく、プレシアのため、そして自分のためにジュエルシード集めを中断することはできないと告げる。
 ユーノくんがフェレットではないことを初めて知ったなのはさんだが、そんなものささいな問題ですよね。かつてそのフェレットの前で着替えようとしたけれど、ささいな問題ですよ。

#07 三人目の魔法使いなの!?

 レイジングハートバルディッシュが破損するという状況下で、フェイトは素手でジュエルシードを封印する。しかし、その両手の平は魔力で大きなダメージを受けていた。アルフはフェイトを連れて帰り治療するが、フェイトは母・プレシアへの報告が近いことを気にするのだった。プレシアは、フェイトがジュエルシードを4つ手に入れたにもかかわらず、まだまだ足りないと叱責し鞭を振るう。アルフは必死でフェイトをかばうが、フェイトは「自分が至らなかった」と反省し、そんなフェイトの態度にアルフはさらにプレシアへの不信を募らせるのだった。
 レイジングハートの修復中、なのははフェイトのことを気にしていた。直ったレイジングハートともに、再びジュエルシード回収に動くなのはだが、バルディッシュの修復なったフェイトが再びその前に立ちはだかる。二人が干戈交えたその瞬間、時空管理局の執務官クロノ=ハラオウンが二人のインテリジェントデバイスを押さえ込んでいた。
 たった4つのジュエルシードじゃ満足できないとプレシアさんが大いにお怒り。その鞭の振るい方は理不尽のレベルなのだが、それでもフェイトはプレシアのために動こうとしていて、あまりの健気さに泣けてくるわ。アルフはフェイトには忠実だけれど、プレシアには不信感を抱いているっぽい。

#06 わかりあえない気持ちなの?

 温泉での戦いに敗れて以来、ずっとフェイトやジュエルシードのことに悩むなのは。アリサやすずかが話しかけても上の空で、とうとうアリサは怒ってしまう。なだめるすずかだったが、アリサはなのはが悩んでいるのに自分たちにそれを隠していること、そして自分がそんななのはの助けになれないことに怒っていたのだった。
 ジュエルシードはだんだん数を減らし探索が難しくなっており、フェイトとアルフはジュエルシードを強制発動させることで場所を探知する。その魔力流を感じたなのはとユーノも急遽動き出し、フェイトとなのはがぶつかり合う。その瞬間、レイジングハートバルディッシュに亀裂が入った。
 なのはとアリサ、すずかという友達の絆が深く描かれているのに対して、フェイトのそばにいるのは使い魔のアルフだけ。もちろんアルフはよくフォローしてくれているけれど、一人で戦っているようですごく切ないよね。戦いの中でのなのはの呼びかけにちょっと反応しかかってみたり、フェイトも心を氷のように閉ざしているわけではないみたいなんだが…いつ通じ合えるのだろう。

#05 ここは湯のまち、海鳴温泉なの

 休日に温泉旅行に出かけたなのは達は、そこで魔法の気配をさせる女性・アルフに出会う。アルフはフェイトの使い魔だったのだ。直接名乗りはしなかったものの、アルフがフェイトの関係者であると看破したなのはは、これ以上なのはを巻き込めないというユーノの言葉を遮り、もうただの手伝いではなく自分がやりたいと思ってやっていることだと決意を述べる。
 いやいや、温泉回とか意外すぎてもうなんというか、どうもありがとうございます。ホント、アリサとすずかって友達思いのいい子たちだよねえ。

#04 ライバル!?もうひとりの魔法少女なの!

 なのはと兄の恭也は月村家へと出かける。恭也が恋人の忍との時間を過ごす間、なのははアリサとすずかに最近元気がないと心配されていた。しかし月村家の庭先で子猫がジュエルシードを発見、あわててなのはとユーノは飛び出すが、そこになのはとは別の魔法少女フェイトが姿を現した。
 ついにフェイトちゃんがきたよ!なのははユーノの手伝いだが、フェイトは母のためという大義があるので、ジュエルシード回収にかける思いの強さがあるよね。

#03 街は危険がいっぱいなの?

 一度はジュエルシードの気配を感じながらも、気のせいかと見過ごしてしまったなのは。しかし、それは気のせいではなかった。サッカーチームのキーパーが手にいれたジュエルシードは「強い思いを持った人間が発動させたジュエルシードは強い力を発揮する」に従って巨大な力を発動させる。なのはは遠距離射撃魔法ディバインバスターで封印に成功、「ユーノくんのためにも、他の人のためにも、全力全開でジュエルシードを集めるよ」と決意を新たにするのだった。
 初ディバインバスター!相変わらず容赦なしです。なのはさんがユーノ(動物状態)の目の前で平気で着替えているけれど、正体を知らないというのもあるが、ユーノの空気っぷりがこのあたりから出ているのではないかという気が。

#02 魔法の呪文はリリカルなの?

 魔法少女へと変身を遂げたなのはは、ジュエルシード封印のためにはインテリジェントデバイスレイジングハートを使って封印するしかないことを知る。
 詠唱無しでの変身がスゴイ!とユーノくん。今後のなのはさんの活躍を考えればその程度どうってことはないのだけれど、この時はまさかなのはさんが時空管理局の白い悪魔、さらに白い魔王と呼ばれることになるとは思わんもの。

#01 それは不思議な出会いなの?

 小学3年生の少女高町なのははある日、傷ついた変わったフェレットを拾う。フェレットの正体はミッドチルダという異世界からやってきたユーノ・スクライアという少年で、彼は魔法技術の遺産であるロストロギア”ジュエルシード”がこの世界に散らばってしまったので、それを集めるためにやってきたのだった。なのははユーノの手助けをすることになり、魔法少女に変身してジュエルシードを封印することになる。
 今に至る人気シリーズはここから始まったのか…となんだか改めて胸が熱く。今をときめく新房昭之監督の作品だけれど、近年の作品に見られるユニーク演出はなく、オーソドックスなバトルものって感じ。もちろん、そのバトルをしているのが小学3年生の女の子で、武器は魔法と言いつつ大砲ぶっ放しているってあたりはかなり特殊ですが。