ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語(2013)

 24時から最速上映があった影響か、当日朝までネット予約で席が取れるぐらいの混雑具合で、実際、当日販売されてたはずの隣席が空いたままだった。比較しちゃ悪いけど、ヱヴァやなのは、ヤマトでもぎっしり埋まってたので、意外だなという印象。これは梅田ブルク7で最速上映×2やってるせいもあるかも。
 中身を一言で表すと「ヤンデレが純愛をこじらせると大変」って感じで、ほむらほむらアンドほむらな話だった。その分、マミられたはずのマミさんとか、さやかちゃんとか杏子とかの出番がガンガン増えていて良かったですけども。なぎさの正体がお菓子の魔女(=新編ではベベ)だったのは正解、まぁこれは読めてましたか。
 脚本をいつ頃書き終えていたのか不明なのだけれど、近ごろの虚淵脚本は白い作品が結構目立っていたので、その分の黒成分がこっちに流れ込んだんじゃないかと邪推してしまう。
 ハッピーエンドか、バッドエンドかというと……誰視点で見るかによる。円環の理となり魔女を生み出さない上位概念と化したまどかの本当の気持ちを汲んだことを考えればハッピーなのだが、客観的に見るととてもハッピーとはいえないよねコレ。
 もう1度見るにはちょっとエネルギーが必要。それぐらい消耗する映画。序盤30分だけなら「まどマギプリキュアやってみた」って軽いノリなんだけど。

 追加:↓はラストを的確にまとめてる。まぁ、これだけでもないけれど……。


QB「もうこんな頭のおかしい人たちを相手にする職場は嫌です。今週いっぱいで辞めさせてもらいます」
ほむら「そんな勝手が許されると思ってんの君。人手が足りてないんだからまだまだ働いてもらうよ」
QB「」

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語(2012)

 前編だけだと「なーんだ、新規作画もあったけど総集編は総集編やのー」って印象だったが、後編見て、これは素直にゴメンナサイです。ループするほむらちゃんから、まどかが魔法少女になることを決断して、宇宙の因果を書き換えて、一つ上の領域に行ってしまうまで、実にわかりやすくなっていた。区切らずに通しで見たからかもしれない。
 そして次の完全新作、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」へと続いていくわけですね。来年1月、楽しみです。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語 (2012)

 総集編前編だから、まぁ、多少はね。アタマからさやか魔女墜ち(第8話)までなので、当然ながらマミさんはマミられるし、上条くんは仁美に寝取られる。虚淵玄が「総集編だって聞いてたのに新規作画ばっかりじゃないスか!」って驚いた話をパンフレットに書いているけれど、たしかにその点は驚いた。学校とか別物だし(放送時のものにBDで修正が加わったがそれをさらに修正している)、マミさんの部屋も豪華だし、イヌカレー空間はとんでもないことになってるし。
 でも、逆に言ってしまえばそこまで。たとえばボンズ制作アニメのアクションシーンは劇場版だとさらにヌルヌル動いて気持ち悪いレベルになるし、空の境界とか「ufotableはアホなの?」ってぐらい力入れてるわけで、シャフトだって頑張ってないとは言わないけれど、いうてもあの絵ですから、わざわざ映画館のスクリーンに大写しにして喜ぶようなものでもなく。バカにしているのではなく、テレビの大きさに合った作品だったと思うのね。音響面はさすがに映画館、迫力満点でしたが、そのために2時間20分拘束はきっついです。
 ま、すべては後編への壮大なフリで、さらにいえば完全新作の3本目の映画のためなので、お布施です。シャフトさんありがとう、どうか、ひだまりスケッチを富士山にしないようにしてください。