ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#06 ララはライバル?

 太郎の従姉でアイドルの夢野美樹と出会ったみほ。とても優しいお姉さんという感じの美樹に好印象を抱くみほだが、後日ララとして共演してみると美樹はワガママ三昧のアイドルだった。美樹は、みほの憧れの相手である相川ひろやの相手役を渡さないとララに対してライバル宣言する。
 まだグラビアの背景レベルの仕事をしているらしいララ、新人アイドルが遅刻とかすごいですよね。

#05 みほとララの多忙な一日

 あきると共にテレビ番組に出ることになったみほ。しかし、同じ日にララとしてのオーディションも入ってしまった。偶然、収録が同じスタジオだということで、みほはかけもちすることに決める。しかし、大食い競争でみほはスケジュールの都合上脱落することになり、一人で頑張ったあきるが腹痛で倒れてしまう。
 みほからしてみれば、オーディションも大事だし、友達とのテレビ出演も大事なんだけれど、なんとも半端な……。ララをアイドルとして大成させたいなら、リリカルプロはもっとビシッと言うべきではなかろうか。

#04 ダブルデートの日曜日

 お父さんと大恐竜展に出かけたみほは、姉・ちさのデート現場に遭遇する。ララに変身してちさを尾行するみほだったが、ピグとモグが子供に見つかってしまい大騒動になってしまう。
 みほの外出をダブルデートと呼んでいいものなのか……それなら、せめて吉田太郎を絡めてあげて欲しかった。

#03 どきどきテレビ出演!

 小学生もなかなか厳しい目でアイドルを論評しているものだな。「このCMに出てる子なんて、数年後どうしてるか」は当たってるけど、今ヒット曲を飛ばしているアイドルだって一発屋としてその後どうにも伸びてこないことだってあり得るんだぜ。

#02 ララの原宿デビュー!

 華麗なるせーちょー。ララになって街中を歩きたい理由が「変身したあともちゃんと可愛いか確かめたい」だから、スカウトされればアイドルにもなろうというもの。マミはいきなりデビューだったけれど、今はそう簡単にはいかないですか。

#01 みほ、華麗なる変身!

 ぴえろ魔法少女シリーズの現時点で最終作。
 空想癖があって自分で漫画を描いたりする子なら、魔法の力を手に入れて変身する子になんのためらいもないわな。ちなみに大森玲子はコレの主題歌で歌手デビュー、紆余曲折あって2009年4月からはバンドのボーカルに専念しているらしい。11年あればいろいろあるものだ……。