ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 心 紡いで<終>

 壬晴は森羅万象を使うのか否かを宵風の判断に委ね、宵風は思い出を残すために消え去ることをやめて残りの余生を過ごすことに決める。帷の家で、穏やかに過ごす宵風の姿を見ているといい選択をしたなと思う。
 ひたすら壬晴と宵風の逃避行が続いていたようなイメージだったけれど、そんなことはなかった。終わりよければすべてよしじゃないが、最終回がいい話だったので全体的によかったかのような印象が残った。そんなことなくて、実際はだるだるしてたけどね。

#25 二人

 円月輪を使った結果は大事に隠してきた過去を暴露しただけってこともないよ!帷先生をいじめるのはやめてね!
 森羅万象発動後、姿を消した宵風を追って壬晴はかつて宵風がよく行ったという教会へ。ほんと、忍術とかそういうのを抜きにすると恋愛モノだよな。

#24 円月輪

 雷鳴じゃないけれど、本当に大事なときに帷はいなかったよな。
 森羅万象の力で見えた壬晴の過去。壬晴の体に宿ったのは一度引きはがされた森羅万象が新しい対象に移ったからだったわけか。すべてを巻き込み巨大な人影すら出現させた森羅万象だが壬晴の母・旭日とか壬晴自身とかの意志で四散。

#23 発動

 またまた灰狼衆のところに連れ戻された壬晴と宵風。逃げられない運命なのかね。雷光を気羅で殺せという命令には従わなかった宵風だが、服部が雷光を瞬殺。じじい、強すぎるだろ…。

#21 野望

 鬣に捕まり引き離された壬晴と宵風。宵風は気羅対策に縛って転がされ、一方の壬晴は灰狼衆の本拠地で監視カメラ付きの部屋に閉じ込められている…なんか待遇に差がある。壬晴は森羅万象持ちだから服部にとって利用価値があるけれど、宵風は裏切り者な上に言うことを聞かせる方法はいろいろとあるからか。
 窮地を救ったのは俄雨と雷光。雷光は頼りになるなぁ。

#20 戸隠へ

 戸隠の里で森羅万象の使い方を探して壬晴の心の中に潜っている間に灰狼衆のはどんどん攻勢をかけてきて、戸隠の運営していた人材派遣会社全滅。壬晴と宵風はまんまと泳がされた形になった。森羅万象の正体が「妖精さん」であることも突き止められてしまった。
 壬晴が小悪魔の泣き落としで首領の住所を教えてもらっていたが、宵風はあれをどう思っているんだろう。

#19 死神の横顔

 宵風の気羅のおかげで俄雨も復活し、雷光、宵風、壬晴、雪見と男5人での帷探しが始まる!
 けれど、宵風の不調はかなりのもので、ずっと時間がない時間がないと言い続けているけれどもいよいよ…という感じが漂ってきた。灰狼衆を裏切って戸隠に向かうことになるわけだが、何とかなるんだろうか。

#18 呼ぶ声

 もはや"森羅万象"の研究を始めたとしても手遅れだという話を聞いてしまい、雪の降る町へ飛び出した宵風。名前を呼びながら宵風を捜し求める壬晴と、逃避し続ける宵風はまるで恋人同士。

#17 決壊の時

 雷鳴が雪見をうまく帷から遠ざけようとしたら偶然行った学校に帷がいたでござるの巻。雷鳴はよかれと思ってやったことだが、意外と帷も遠くに行っていたわけではないのね。隠れているわけではなく、自分の資料を処分していたみたいだ。

#16 遠来の客

 虹一は不死の体でしたー。「今は」14歳の相澤虹一として生きているということだけれど、いったいもともとは何歳なんだろう…。森羅万象で過去の記憶を失っていた方が幸せなのかも知れない。
 灰狼衆が求める残り一つの禁術書は帷の持つ円月輪の書。虹一はどこに隠しているか知っていて、それを壬晴に渡してもいいとすら思っているようだが、帷は隠しきれるのだろうか。壬晴に弱いからなぁ、この人。

#15 別れの朝

 甲賀編結末。閂の企みは防がれ、甲賀の「蛇薬の禁術書」は壬晴の手に。壬晴は今は灰狼衆にお世話になっているため、灰狼衆の手元に4つの禁術書がそろったことに。停滞した甲賀に風穴を開けるためにもともと対立していた灰狼衆や帷たちを招くというのは、失敗すれば里がバラバラになりかねないショック療法だな。

#14 夜の底

 とっとと帷が閂を倒してしまえばよかったのに、ヘンにためらったりするから虹一が犠牲に。なんか虹一って報われないキャラだわ。
 一方、宵風はぎりぎりの体で気羅を使ったためしじまに押されゆく。いつかは森羅万象で消されることを望んでいる宵風だが、それまでは死ねないという壬晴との約束がある。そして、宵風がピンチになると壬晴の気力もアップだ。

#12 意思

 壬晴、飯綱心眼を土産に灰狼衆に降るの巻。たとえそんな手土産があり、帷が森羅万象を消去したがっていたという事情があっても壬晴のことを簡単に信用するのは難しそうだが、そこは灰狼衆も巧みに壬晴を操ろうとするところだろう。