ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

鋼鉄三国志 #25 陸伯言、紅き星落つ五丈原に舞う<終>

 鋼鉄聖獣と並び称されたホモアニメが両方終わってしまうんですね、残念。再放送も終わった聖獣こと「セイント・ビースト〜光陰叙事詩天使譚〜」は、続編についてはどうなっとるんだろう…。
 いよいよ陸遜孔明の決着が見られるかと思ったら、玉璽に陸遜が光として選ばれるために孔明が闇に選ばれるようにしたとかいう突然の孔明実はいい人設定。陸遜はメテオを消し飛ばし、和菓子の胸で光になって消えましたとさ。主人公が犠牲になって世界が救われたのだからいいんじゃないかって話ではあるんだが、何かいろいろと大事なものを置いてきているような気がしますよ…。

総評

 孔明を信じ切っていた陸遜が騙されつつもそれでも健気についてくる様を虐める孔明の図は面白かったけれど、最後は実は孔明はいい人でした…ってそりゃないよ。自分を犠牲にするならともかく、陸遜の家族をはじめ黄祖劉備関羽張飛ほか有名無名の武将や兵士が山のように死んでるんですぜ。やはり我が師は…でまるでいい話みたいに終わってるけれど、蜀は国としてもう成り立ちませんよ。せっかくキャラの立った悪役として設定されていた曹操も空気と化し、魏軍の活躍なんて六駿を目覚めさせるためでしかなかったわけで、いくらなんでもひどい。
 せっかくの2クール作品だったが、陸遜孔明にまったく疑念を抱こうともしないので途中は話が進まなかったのがどうにももどかしかった。その分、各キャラの掘り下げはなされていて、太史慈なんかにも結構愛着が沸いた。メインキャラに女性が一人もいないせいか、凌統孫権の人気は高かったのだが、結局どちらがメインヒロイン(?)だったのかが明確でなかったのもちょっと惜しいかな。序盤〜中盤はどうみても凌統が世話女房だったけれど、甘寧が登場したことと、終盤で陸遜孫権二人旅があって(しかもどう見てもデキてるし)かなり孫権も巻き返した印象。いや、どうでもいいことですね、実際は陸遜は我が師・孔明しか見てなかったし。
 三国志として期待したらブチ切れものですが、最初からネタとして割り切って見ていたのでむちゃくちゃ面白かった。最初は空気のように数名しかいなかった実況が、最終回ではあんな大盛況に。それもこれもフロエのおかげでしょうか。いやー、これある種の名作だと思うわ。

鋼鉄三国志 #23 雪原の孫仲謀、陸遜に従いて故国を脱す

 和菓子和菓子と連呼していた陸遜がちょっと男らしくなって、どう見ても孫権とデキてる。ココまで来ると、孫権が男でも女でもどうでもいいよね。
 趙雲孔明ラブでまったく劉備のことなんてどうでもいいと思っているので、劉備がかわいそうです。誰かフォローしてあげて。

鋼鉄三国志 #22 劉備乱心、凍てつく陰となりて江東を彷徨う

 劉備が玉璽パワーで巨大化して六駿に襲いかかってきて、六駿は足手まといの陸遜を切り離す。呂蒙なんて太史慈の姿が見えてやられている以上死んでいてもおかしくないんだが、全員氷漬けということで復活は可能なんだろうな。魏も久々に出てきたと思ったらやられ役でかわいそうです。

鋼鉄三国志 #21 江陵の落日、武人の魂を侵奪す

 孔明黒すぎるぞ。張飛関羽もかわいそうだぜ…この二人は本当に劉備のことしか考えてなかったのになぁ。趙雲も真っ黒ですな。呉はいいところなし。

鋼鉄三国志 #20 呉下の阿蒙、若き智を用いてその身を起こす

 呂蒙が使えるいい男になってきたというのに、陸遜ときたら…。ハイパー関羽がぶった切られ、次は張飛死亡フラグ。いい奴から死んでいくなぁ。
 あと、やっぱり魏が空気なのですが…。

鋼鉄三国志 #19 猛き太史慈、中原の大地に仁王立つ

 さらば太史慈関羽呂蒙といい雰囲気になりながらも、最後まで孫策のことが忘れられない一途な太史慈なのでした。風呂はサービスしすぎて噴いた。
 張飛が花瓶に転職していた。泣いた。関羽があんなえらいことに(趙雲マウントポジションとられて無理やりアレされて)なっていたのに、花瓶かお前は。
 いい加減陸遜は目を覚ましてくれないと鬱陶しいです。孔明が自分の意志にせよ操られているにせよ敵なのは間違いないのに、六駿の足を引っ張ってどうする。

鋼鉄三国志 #18 桃園の義兄弟、蜀の山野にて絆の花を見る

 いい最終回だった。「桃園の誓い」はあるが、互いに己を保てなくなったら斬る、残った方が劉備を守るという誓いを立てた関羽張飛を、一緒に国中を花畑にすると誓ったじゃないかーと止めに入る劉備。アツくはないけど、やっぱり劉備はちゃんと二人のことを見ていたんだなぁとちょっとじんわりきた。
 それにひきかえ陸遜は未だに孔明のことが気にかかっていて、凌統かわいそうじゃないか。責任取りなさいよね。

鋼鉄三国志 #17 草庵の再会、師弟の深縁益州に交叉す

 孔明陸遜にもうほとんど嘘は言っていないのだが、全く陸遜が信じようとしないから困る。恋する乙女かあんたは。劉備は頭の中がお花畑過ぎてどうにもならんが、孔明が巧みにだまくらかしてるだけで悪い子ではないんだと思う。ひょっとすると、世界を救うのは陸遜ではなくてこの子かもしれんよな。
 諸葛瑾孔明関羽張飛陸遜凌統といった兄弟・義兄弟が対比させられている感じ。凌統張飛もこんな兄貴をもって大変です。

鋼鉄三国志 #16 関羽の咆哮、陸遜を撃ちて覚悟を迫る

 凌統かわいいよ凌統。味方である関羽に疑似玉璽を仕掛けたり、弟子である陸遜を使って玉璽の力を増幅させたり、孔明ろくなことしてないな。なんでここまで来て、陸遜は覚悟を決められないのかのう。

鋼鉄三国志 #15 憂いし陸遜、孫権の微笑に再起を誓す

 趙雲を動かしていたところを見ると、孔明にとって魯粛は玉璽を取ってこさせるための道具に過ぎなかったんだろう。陸遜もどう見られているか怪しいもんですよ。

鋼鉄三国志 #14 孫呉の慟哭、六駿鎮魂に揺らめく

 陸遜甘寧がいちばんウェットだったのね。特に甘寧黄祖周瑜と玉璽絡みで主を失っているわけだしな。六駿の中では陸遜がリーダーっぽいけれど、まとめているのは太史慈だな。さすが古参。

鋼鉄三国志 #13 美周郎、戦野に立ちて陸遜を導く

 孔明信者乙。陸遜は呉の家臣だというのに、呉のためではなく、孔明のために働くのか。てっきり、一人で砦に突っ込んでボコボコにやられて「そらみたことか」だと思ったのに、周瑜様が身代わりになるなんて。こんなことで呉が軍師を失うなんてひどいぜ。

鋼鉄三国志 #12 知略と鬼略、妖しき笛の音湖畔に木霊す

 孔明魯粛周瑜陸遜とたらしまくる話。孔明はちゃんと陸遜のことを愛しているらしいですよ。弟子も師匠のことを深く愛しているみたいだし、もう好きにすればいいと思うんだ。
 せっかく全員変身できるようになったのになー、変身しないかなー。

鋼鉄三国志 #11 呉の六駿、夜明けの長江に紅く煌く

 呉の六駿が玉璽に選ばれて変身。自由に飛んでるし、武器の威力は桁違いだし、こんなの六人も手に入れてしまったらバランスが悪くてしょうがない。玉璽はまだ曹操の手にあるとはいえ、魏の将軍達が玉璽に選ばれるとは限らないぞ。
 七星壇が孔明の舞の場に変わるとは思わなかった。