ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#25 天才美少女科学者レイチェルちゃん

 レイチェルメインの特別エピソード。オープニングもわざわざレイチェル仕様に変更されてレイチェルファンにはたまらない、そうじゃない人にはそれなりなものに。来日編のドタバタも好きだけれど、やっぱりお部屋訪問での各キャラ弄りだよな。浩一のポーズ研究とか、森次のこっそりスイカ割りとか、妙にファンシーなサトルの部屋とか。いや、ほんとにサトルの可愛さはステキです。

#24 鋼鉄の華<終>

 そして未来は救われた。みんなの力をラインバレルに集めて一撃で決めるという流れは王道ながら盛り上がる。できれば社長や加藤にも生き残って欲しかったけれどね。

総評

 ガンダム以外のロボットものはやっぱり貴重だと実感。ちょっとだるだるした部分もあったし、いつものGONZO爆発エフェクトはショボく見えてしまうからなんとかして欲しかったんだけれど、なんとなくやりきった感はある。原作パワーともいえるが、途中のエロ回をばかばかしくもやり遂げたのはエラいと言っていいのかな。
 個人的にはもっとシズナ・イズナを弄って欲しかった。

#23 死に方が決める生き方

 正義の味方のほうが格好いいだろ!バカっぽいけれど、これぐらいさっぱりと思い切ってくれた方が気持ちいい。それでせっかくマサキとの対決になったところなのに、いきなりブッスリとかひどいわ。この攻撃だと絵美だけ刺されて浩一が無傷とはいかんのではないかと思うが。
 加藤久嵩はここまで散々悪役をやってきたけれど、そのカルマが消えるだけのことはやってのけたな。

#22 鬼を喰らうモノ

 森次が浩一にマキナ殺しを会得させるためにわざと裏切りのフリを見せていたとか、どれだけ謀ってくれるのか。実は石神社長も加藤も森次も、見ているところは同じだったのか……。
 「向こう」って一体何なんだ。

#21 狂気の翼

 アイアム正義!アイアムジャスティス!復活した桐山はマキナの力でおかしなことになっていて、そのまま散っていった。なんかムネタケ提督みたいな最期だったな。
 森次の真意を掴めないまま、青木ヶ原で対峙する森次とサトル。

#20 運命の男(ひと)

 自爆攻撃を仕掛けた美海をすんでの所で助けた早瀬。それでこそ正義の味方です。キスの連鎖に乗り遅れた感のあるシズナに逆転のチャンスはあるのか。

#19 届く陽(ヒカリ)、暴かれる陰(カゲ)

 対矢島、完結編。JUDAへプレッシャーをかけつつも、JUDA自体を潰せなどと命令してないとお怒りの加藤。この人、よくわかりません。

#18 メメント・モリ

 焼いた貝を食べながらの加藤久嵩と浩一の会談ってすごい絵面。石神社長がさっぱりよくわからない人だったように、加藤もよくわからん人だ。ホント、なんで絵美をさらわせておいて返しちゃうんだか。

#17 機械じかけの呪い

 矢島復活をイジりたくてもいじれない面々。浩一だって一度死んで蘇ってるんだから、冷静に考えればファクターだというところに結びつくよな。カラオケとか行ってる場合じゃねーぞ!

#16 黄昏の断罪

 死してなおネタに走る石神社長のその変態っぷりというかアレっぷりには恐れ入るわ。わざわざピンチの時に100ものステージをクリアしてられるかい!
 桐山閣下と浩一のバトルを援護したのはなぜか生きていた矢島。そして桐山をも欺いていたらしい森次。こいつらー……

#14 流れる血、失うは涙

 森次は本気でJUDAを裏切って加藤機関についたのか。いかにちゃらんぽらん社長でもそれが見抜けないとは思えないのだが……。
 ヴァーダントとラインバレルがあの図体で素早い格闘戦をするとやっぱ違和感あるな。

#13 黒の執行者

 社長死亡。今までやってきたことを考えると浩一とサトルを驚かせるためにやってる小芝居に見えなくもないのがこのJUDAの恐ろしいところだ。
 そして原作と変わっていたので忘れていたが、絵美がラインバレルに初搭乗で実はファクターでしたとさ。

#12 南海より愛をこめて

 水着回でよくある手抜きなものではなくしっかりエロエロに作ってくるからおそろしい。タコだかイカだか知らないが、触手は基本ですよね。浩一と理沙子のキスまでのタイミングの早さ(溜め時間ゼロ)は理沙子の必死な感じが伝わってくる。
 その影では石神と加藤が意味深な会話を交わしていたりするし、1クール意外とみっちりこなしてきたな。

#11 SUPER NOVA

 地球の命運を背負って遊んでるわけにはいかんので、雰囲気は一転。森次のサトルへの厳しい態度は、今回のサトルの活躍とそのあとのフォローを見るに発奮させるための言葉だったというところなのだろうけれど、キツすぎていかんわ。
 改めて、矢島が幼いころの浩一にどれだけ大事な存在だったのか伝わってくる。