ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#02 迷い猫、笑った

 希を引き取ったストレイ・キャッツ。試しにケーキ作りを手伝わせたところ、希は乙女や文乃を凌ぐ天才的な腕を発揮。それまで笑顔を見せなかった希のはにかむ様子に、巧も胸をなで下ろす。
 ネコ耳がくっついていたり、裸を恥ずかしがらなかったり、普通の女の子ではないようでいて、ケーキ作りを褒めてもらうと笑顔になる可愛さも持ち合わせている希。健康な男子と二人っきりにするのがちょっと不安になる純真さだよね。
 第1話は「バスカッシュ!」前半の板垣伸監督で、第2話は「ドージンワーク」の八谷賢一監督。”交渉中”というのは1話ごとに監督を変えてくるってことだったのか。

#01 迷い猫、駆けた

 血の繋がらない姉・乙女が経営する洋菓子店ストレイ・キャッツのオーナーとして店を切り盛りする都築巧。ある日、作ってあった結婚記念日のケーキが食べられてしまうという事件が発生。作っていたのだが、帰ってくるとケーキが食べられてしまっていた。「人ぐらいの大きさの猫が食べてしまった」という子供の証言を巧も家康も信じようとしなかったが、文乃だけは信じて猫を探しに出かけた。すると、本当にネコ耳の生えた少女が見つかり……。
 素直じゃない性格でいつも逆のことを言ってしまうと言うのは簡単に説明すると「いわゆる、ツンデレ」でいいのに、あえてツンデレという語句を使わずに説明したのが面白い。それでも、中身はツンデレとしか言いようがないんだけれど。過去に孤児院にいたというトラウマ持ちで、そのあたりが今回、オオカミ少年として有名な子供の偽証言を信じた理由でもあるけれど、そういう一途な面は文乃の可愛さを補強している。
 ネコ耳少女は今のところ正体不明。乙女が拾ってきたけれど、どうやら人語は解するようで、でも「にゃあ」って喋ってて謎。文乃やちせの追跡から逃げまくっていて、身体能力は高いっぽい。
 トリプルヒロインのラストは梅ノ森千世、ちっこいお嬢様。キャラ的にはなんか文乃と被るところがあるけれど、いじり具合でいうとこちらの方が余地が多い。忠実なメイドのようでありながら、どこか反応を楽しんでいる佐藤&鈴木が気になる存在。