ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#04 失われたビークル

 6号マシン登場。だからドリルはやめろといったんだぁぁぁぁ!
 レッドが部下を使い捨てにするリュウオーンに怒ったのは、自分が部下を失ったからだった模様。最強のトレジャーハンターがプレシャス一つのためにやられてしまうとは残念だな。
 初プレシャス破壊。人類の危機にはかえられないということで、サージェス財団は一応常識的感覚の持ち主のようです。ネガティブシンジケートのほうは被害無しか。なんだかんだでジャリュウ一族とかダークシャドウとかが最後の方まで生き残ってくるのかねぇ。神官どのは出てこなかったな、次の居候先を探しておられるのだろうか。
 キレンジャーといえばカレー。

#03 覇者の剣

 次のプレシャスは孔明が制作した武器三つだそうだが、なぜ日本にあったんだろうか。きっと日本はプレシャス集中地帯なんだろう。
 ボウケンジャー達はともかく、三国志マニアが「諸葛亮孔明」って言うな。BF団のやつを指してるならいいけど。あ、書物じゃなくて木簡だったのにはちょっとニヤニヤしてしまったけど。
 ネガティブは忍者の末裔"ダークシャドウ"、てことで忍者軍団。人型忍者は一人しか出てきてないけど…。この風のシズカってくのいち、使い捨てキャラじゃないよね?
 それにしても大神官ガジャは大物なのか小物なのか。ストーキングして自分を売り込むってのは大神官としていかがなものか。ゴードムの復興がどうこう、ってまま最後まで引っ張れるのかはちょっと不安だ。

#02 竜の略奪者

 黄色のお話。記憶喪失で自分の正体を求めて冒険中。そうか、それでおバカキャラなのね!
 敵の事情が今回は複雑だなぁ。ゴードムの秘宝とやらを求めているのは、1.ボウケンジャー(危険なプレシャスを渡さないため)、2.大神官ガジャ(ゴードム文明復興のため?)、3.その他ネガティブシンジケート(プレシャスを求めて?)か。
 ネガティブシンジケートはどうやら世の中に沢山いるようで、今回登場したのはジャリュウ一族。前回のラストで華麗にガジャを拉致したはよいが、一族の長・リュウオーンとガジャが対立することとなり、結果滅ぼされてしまった。一族が滅んでしまってよいのだろうか…?
 ゴードムの秘宝とやらは前回の心臓、今回の脳髄の二つらしい。じゃあ次回以降はゴードムのものではなくなるのかね?
 赤が部下を犠牲にすることにずいぶん怒っていたり、黄色の正体がなんかキーになりそうだったり、今回は気になる話だった。

#01 魔神の心臓

 最初からリーダーシップを発揮するレッドは久々。アバレか、ガオ以前か。黄色(女性メンバー)をショベルに乗せるっつーのがなかなかよろしいですね。ちょっと詰め込み気味の第1話だったけど、ワクワクする。