ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#24 葵〜あおい〜<終>

 二人が駆け落ちせず、ちゃんと話をしに来ただけ良かったじゃないか。オヤジからすればそんな理屈では到底納得できないところだけれど、娘のためならと苦渋の決断。娘はいつか旅立つものよ…。
 薫と葵が桜庭館に帰ってきていつもの光景がまた始まる。ちかが加わったから、もっと騒々しいかな。
 ラブコメといえば主人公が移り気でヒロインがヤキモチをやいたり、あるいは照れ隠しでつんとした態度を取って他のヒロインに…なんてのがあるけれど、薫と葵の場合はかなり早いうちに相思相愛の図式ができていて、葵がときどきどうしようもなくなって薫に気持ちをぶつけたりしたものの、気持ちが揺るぐことなく、安心して見られる作品だった。ヒロインを横取りしに来るようなキャラもいなかったので、それもよかったかな。
 キャラクター多めのハーレム展開にしては特定のキャラが嫌いになることもなかった。案外丁寧に描かれていたからかな?土曜の昼下がりにまったり見るのにちょうどよかった。

#21 風気〜ふうき〜

 風邪で弱った葵。桜庭館の家事は炊事中心にほとんど葵ちゃんがまかなっていたから、抜けるとこんなにもダメージが。薫はあくまで学生、葵は専業主婦みたいなものだから、同じように頑張ることはできないぜよ。

#20 癒〜いやし〜

 コスプレ祭りと和服祭り。ふだんは和服しか着ないから葵が別のものを着ると新鮮だけれど、やっぱり和服が一番似合うな。そしてさすが花菱の跡継ぎ、薫も着こなしているわ。

#17 漣〜さざなみ〜

 妙子と薫をくっつけようとちかが奮闘。妙子はドジっ娘なのではなくて不運に魅入られた少女なのではないのかというぐらいの間の悪さ。ちかも巻き込まれて大変だ。

#16 渚〜なぎさ〜

 水着回なのにメインヒロインの葵だけラストまで水着無し。薫以外に見せるのは恥ずかしいという奥ゆかしさですよ。ただ、ちかの応援を受けた妙子が動き出しそうなのが不安だ。薫はふらふらとしているように見えるんだけど、その実、まったく芯は揺るがないからなぁ。彼女に待つものは確実な敗北のみですよ。

#15 胸懐〜きょうかい〜

 家のしがらみさえなければ今すぐにでもくっついてもおかしくない二人。最初から葵の中では薫への想いがむちゃくちゃ強いし、薫もその葵の強烈な想いを受け止めるつもりなんだから、もういいよね。

#14 賄〜まかない〜

 また繭のせいで葵の胸中は穏やかでないわけだが、周りに流されているように見えて薫と葵の想いは通じ合っているようだからきっと何があっても大丈夫…だと思いたい。

#13 星祭〜ほしまつり〜

 葵ちゃんのプレゼントを買うために働いているから葵ちゃんにバレるわけにいかないというのはわかる。でも、それで忙しくなって葵ちゃんに冷たくなるのでは本末転倒じゃないかなと、こういうエピソードだといつも思う。まあ、その分プレゼントを送ったあとはより仲が深くなったみたいで何より。

#12 接吻〜せっぷん〜

 繭と薫がキスをしたと聞いて気になる葵。薫は振り回されてはいるけれど気持ちは一途なようなので、見ていてあまりハラハラしなくていい。この二人のキスは始めてだっけな。

#11 子女〜しじょ〜

 また薫争奪戦に一人の参加者が…。薫って面倒見いいんだなあ、ちゃんとこんなワガママ娘の相手をするなんて。葵ちゃんが待たされすぎでかわいそうです。