ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#11 アイのカタチ

 マハティの存在を知り、キャスリーンの家を訪れた刺客たち。マハティはお付きのジャビルに死を賜う栄誉を与え、自分とキャスリーンは外階段から逃げ出す。ジャビルの安否を気遣うキャスリーンは、王家存亡の時にしか許さない死を許したというマハティを人間として間違っているとなじる。思わずキャスリーンに手をあげてしまったマハティは、母との誓いを破ってしまったと涙を流す。その涙をキャスリーンは美しい涙だと感じていた。その夜、泊まるところをなんとか見つけた二人は一晩を共にする。マハティはキャスリーンを妻とすることに決め、大衆の前で求婚するが、そのまま国へ連れて帰るわけにはいかず、キャスリーンをフレドに託して「すぐ帰ってくる」と帰国した。現代、フレドの「マハティ…」といううわごとに、なぜフレドがマハティの名を知っているのかと疑問を感じた立人。実は、花鹿もキャスリーンの生前の言葉から、自分がフレドの孫ではないのではないかと感じていた。フレドは、自分がそのことを隠し続けていることで花鹿を苦しめていたことを謝る。
 直接「花鹿はマハティの孫だ」とは言われていないけれど、これまで積み重ねられてきた証拠と、フレドが立人に対して「ハリーも君も気が付きすぎる」みたいなことを言ってたり、キャスリーンがフレドと一緒にマハティとの子を育てていたなんて話から、ハリーはフレドではなくマハティの子で、その子である花鹿はマハティの孫ってわけですね。キャスリーンがマハティと一緒に隠れていたのがフレドのアパートだったことを考えると、それまでにフレドとキャスリーンが付き合ってたんじゃないかとも思えるけれど、キャスリーンが唯一恋した相手はマハティだったのか…。それでも、フレドとキャスリーンも幸せな関係だったみたいだし、外野がいらぬ詮索をすることはないね。だが、なぜマハティは姿を見せなかったのだろう。そういえば、現代のマハティがどうなっているのかはまだ一言も語られていない気がする。ルマティが何か言ってくれるかな?

#10 クロス・デイズ

 花鹿たちは祖父フレドの邸宅を訪れることになった。そのころ、フレドは50年前、ラギネイの若き王子マハティと出会ったころのことを思い出していた。マハティは尊大な男だったが、フレドの友人キャスリーンは彼をうまくあしらい、対立しつつも不思議な関係を築いていた。マハティはやがて国へ帰ることになったが、いつかキャスリーンを迎えに来るのでそれまでを頼むとフレドに言い残して去っていったのだった。花鹿たちの来訪で思い出から戻ってきたフレドだったが、花鹿からルマティの写真を見せられたフレドは倒れてしまう。
 ラギネイの王子ということで、おそらくマハティはルマティの祖父なんだろう。それよりも、フレドはルマティが花鹿の婚約者の一人であるということに衝撃を受けたようだった。花鹿の父ハリー・バーンズワースの出生がタブーとなっていることや、マハティの言い残した言葉からみて、ハリーはフレドの子ではなくてマハティの子だったってことなんだろうな。いとこ同士はぎりぎり結婚できたような気もするんだけれど、フレドとしては気が気ではないだろう。

#09 変わらないもの

 花鹿が旅立ってから2ヶ月、手紙も届かず退屈な日々を過ごす由依。そのころ、ユージィンも日本を訪れていたが、花鹿はまだ帰ってきておらず、肩透かしを食ったユージィンは花鹿からもらった写真に映っていた由依のもとを訪れる。いきなり美青年の訪問を受けた由依の一家はてんてこ舞い。さらに、ユージィンがいることを知った花鹿らも駆けつける。
 いつも花鹿とその周辺しか見てないから忘れてしまうけれど、そういえばすごい人たちなんでした。由依みたいに一般人目線まで降りて、初めてわかる花鹿の凄さ。花鹿がいつもアニメ向きに日本語で喋ってるから、ユージィンも日本語をしゃべれるのかと思ってたよ。フランス人でしたね、ユージィン。

#08 プロミス

 ルマティとの面会を求める花鹿だが、クインザによって面会は断られてしまう。しかし、部屋に戻った花鹿の前にルマティが顔を見せる。ルマティは兄・ソマンドと直に顔を合わせれば心は通じると信じ、国へ帰ると告げに来たのだった。そこへ、立人からイチゴが届けられる。普段は間食をすると怒る立人の差し入れを不思議に思う花鹿に、ルマティはこれが何者かの差し金であると気付く。立人が調べると、差し入れを届けさせたのはレオンであり、その裏ではブリジットが糸を引いていた。
 ルマティとの一連のエピソードは一応完結。王族ということで傘に着た態度だったルマティが花鹿のおかげであんなにも柔らかい表情をするようになるとは。それにしても、ブリジットは何だったんだ……立人が花鹿のことを好きだという確認のためだったのかな。

#07 誰が為の想い

 暗殺者の一人・ノエイ少尉はどうしてもルマティを殺すことができず躊躇してしまう。ストリートキッズたちが銃を持ち出して応戦したことで、なんとか暗殺は未然に防がれる。捕らえられたノエイ少尉は真相を語ろうとはしなかったが、花鹿はノエイが捕らえられる前に、もうろうとした意識の中で自分とルマティを間違えて必死で謝るノエイの姿から、誰かをかばっていることに気付いていた。ルマティもノエイを問い詰めるが、ノエイは自分が首謀してやったことだと譲らなかった。ルマティはノエイを鞘で打ち、ラギからの追放を命ずる。
 あれだけの忠臣だからどれだけ痛めつけても誰が命じたか吐くことはなかっただろうけれど、その強い意志が皇太子から暗殺者として選ばれた理由でもあるだろうしな…。一方、クインザはこれを契機に皇太子を追い落として、ルマティを王座に就けようと画策しているっぽく、兄を大事に思うルマティの気持ちは誰にも通じていない。

#06 純心

 自分を「殿下」と呼ぶ人間に追われるルマティと花鹿。二人は逃げる途中で、香港のストリートキッズとそのリーダー・葉原に出会う。事情を知った葉原は、ルマティと花鹿をかくまうことにする。そのころ、ルマティと花鹿の不在を知った寅之介たちは、おそらくルマティと花鹿が共にどこかへ出かけたのだろうと考えるが、行き先は知れないでいた。立人は侍従のクインザから、ルマティが不穏分子に狙われていることを聞き出す。やがて、ルマティらの居場所は立人のもとへも伝わるが、それよりも一歩早く暗殺者が居場所へと踏み込んでいた。
 ルマティを狙っているのが「一部の不穏分子」だというけれど、暗殺者は皇太子から直々に短剣を賜っていたわけで、それってルマティ派の方が少数って可能性もあるよね。それにしても、花鹿はルマティに懐かしさを覚え、葉原は花鹿とルマティに顔立ちだけではなく似たところを感じていて、またただの夫候補ではない予感。ユージィンがムスターファの生まれ変わり(かもしれない)だったように、ルマティも花鹿に関係する何かなのでは。

#05 出会い〜再会

 立人の叔父・倣慶昌が主催するパーティーに招待された花鹿。倣一族の総帥として振る舞う立人の姿に、普段との違いを感じる花鹿。慶昌の妻・ブリジットに、かつて立人と会うときに使っていたという温室の鍵を渡された花鹿は足を運ぶが、もちろん立人の姿はなくガッカリする。そこにブリジットの友人・レオンが姿を見せ、花鹿に迫ってくる。拒絶する花鹿になおも迫るレオンだったが、背後から少年が姿を現す。青い目をしたその少年のことが気になった花鹿は、その夜に屋敷を抜け出そうとする少年を見つける。「オリエント・ブルー」と呼びかけた花鹿に、少年はルマティと名を名乗る。ルマティは、聖布はもともといわれのあるものだが、今や形式にとらわれているだけだと今のラギネイを非難する。花鹿はいつか父に見せられたラギネイの衣装に憧れていたので、ルマティは自分の聖布を花鹿に与える。そこへ、トラックが猛烈な勢いで突っ込んできた。
 実はルマティはラギネイの第二王子なのだけれど、花鹿はそんなことは知らないのでハラハラするような付き合い方。一方のルマティも花鹿がバーンズワースの娘だとは知らずにどこかの石油商の娘か、ぐらいに思っていて、妙なすれ違いが面白い。花鹿だったら、たとえ相手がラギネイの王子だと知っても変わりない態度で付き合うとは思うけれど。ブリジットの悪女ぶりもなかなかのもの。立人はブリジットを女の悪い部分を知る対象として付き合っていたようだが、そんなのを叔父とくっつけといていいのか。

#04 長き夜の明ける日

 ユージィンの二十歳の誕生日に、花鹿はヴォルカン家を尋ねる。ユージィンは花鹿に帰るよう言い放つが、バーンズワースの娘の来訪をユージィンの兄らは喜ぶ。執事から、ユージィンの魂を救って欲しいと頼まれた花鹿と寅之助は屋敷で待機する。パーティーで、ユージィンは父オーギュストと叔父アランとの諍い、そして自分の出生に秘密があることを明かし、二十歳にならずに命を絶った母と同じように、自分を殺してくれるようオーギュストに頼むのだった。
 オーギュストとアランの母のヘンなこだわりが、オーギュストを頑なにさせてしまい、ユージィンの世代まで悲劇を残すことになったんじゃ……花鹿が解き放ったみたいだからいいけど、なんかちょっとふわふわと解決した感が。そもそもユージィンが本当にムスターファの生まれ変わりっぽいとかいうあたりヘンな話ではあるけれど。

#03 眠れぬ夜

 これ以上ユージィンと関わることは危険だと考えた立人は、花鹿を部屋に閉じ込める。しかし、ユージィンも立人のことをしゃくに障ると考え、立人の目の前で花鹿を連れ出す。ヴォルカン家の別邸で花鹿とユージィンは語らう。ユージィンは自分の出生に秘密を感じていて、命を粗末に扱っていたが、花鹿はそんなユージィンに対して自分を大事にするよう思いや考えを伝える。
 ずいぶん複雑な相手を夫候補に選んだものだなぁ……。

#02 廻り愛

 花鹿は父・ハリーから「夫探しゲーム」を提案されて承諾する。ある日、ヴォルカン家の三男ユージィンと出会った花鹿は、ユージィンがかつて親友のように過ごした白ヒョウ・ムスターファの生まれ変わりだと感じていた。花鹿はユージィンに入れ込み、アパートを訪ねるが、ちょうどユージィンの部屋に銃を持った女性が乱入した。
 誰が夫候補か知らされていない花鹿がユージィンと出会うとはなんとも不思議なこと…これを運命というのかな。花鹿って、同級生の女の子と比べるとずいぶん大人だという印象を受けたんだけれど、ムスターファへのこだわりはまるで子どもだよな。

#01 イノセントガール

 バーンズワース財閥の一人娘・陸深花鹿は日本の中学に転入してくる。最初は浮いた雰囲気の花鹿だったが、クラスメートの山手由依と親しくなり、学園生活を謳歌するようになる。しかし、不良女子相手にも一歩も引かない花鹿は目を付けられ、不良に取り囲まれることに。しかし、そこへ立人が現れ花鹿を助ける。
 花鹿が中性的な印象を振りまいているだけに学園パートだけ切り取ると百合チックなお話に見えるけれど、これから婚約者巡りをしていくんだよな。せっかく友達ができたところなのにもう学校はおしまいなのだろうか。