ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#25 時は満ち、花は散る<終>

 チキチキ次はどこからマントルピースが噴き出すか神智の力で予知対決に敗れたセイジュが白蟲とともに燃え尽きました。マユキは力を使いきって眠っていたけれど、ダージリンの紅茶の香りで目覚めました。
 転校生のナユタとやらはマユキとうり二つでどう見ても関係者だな…こんなところでオチられても。
 どう評すればいいのか悩むが、出来は悪いが憎めない作品といったところ。もっとショタアニメとして覚悟を決めていればいい方向に転がったと思うけれどな。推理モノとしては期待していなかったからそれは仕方がないと割り切っている。悪役がイマイチだったかなぁ…。

#24 神智の彼方

 神智の力は日本を天変地異から救う力だったが、マユキの父親=セイジュはそれを外してしまってあんなことになってしまったのね。マユキのを見ていると、未来予測だけではなく過去すらも見えているようだけれど。舞台は小さく親子対決となったが、スケールだけはでかい話だ。

#23 僕たちにできること

 マユキは「見えてしまう子」だからいろいろ気付いてしまったけれど、全部自分のせいにして背負い込む必要はないはず。古賀兄弟やらとつるんで、人に頼ったりすることを覚えたかなぁと思ったけれどまだまだ子供だった。

#21 歪んだ色彩

 葉弧vs白蟲の姉妹対決はすなわち紫炎vsセイジュの代理戦争なわけで、本当はただの兄弟ゲンカなのによその娘さんを操り人形として戦わせている状態なわけだ。なんて迷惑な信濃兄弟。晴嵐にいたっては彩が二人ですよ。

#19 追憶の泉

 おやおや、晴嵐が褌姿を披露してきたというのは獣神演武と戦うつもりなのかな。セイジュと晴嵐が兄弟で、マユキは晴嵐の甥という事実。信濃さんちは変なやつばっかりだなぁ。

#17 もう一つの彩

 とんでもなくギャグ回。運動音痴でヘタレ、唯一頭脳が頼りのマユキがほとんど頭脳を使わないなんて。しかも、変な推理モノよりはこっちの方が面白いという罠。理事長はギャグ方面へのテコ入れキャラじゃないはずなんだけどな。

#16 紫の炎

 ヒラヒラな服を着た変態が学園をかき回したと思ったら、そいつが学園長でしかも晴嵐の兄貴て。こいつはただの変態じゃないな。能登声の秘書っぽいのも出たし。いきなり犬のウンコ踏まされてたけどな。

#15 想いと誓い

 晴嵐のマユキへの思い、亡くなったマユキの母の分まで頑張っているのねぇ。なぜすぐに脱ぐのかはわからないんだけれど。白蟲もマユキの可愛さに気付いてしまったようです。

#14 神智発火

 黒幕登場、マユキ覚醒と2クール目に入ったからかわかりやすく加速。マユキが操られたさなえを元に戻したところは良いんだが、心眼(神眼?)とかはぶっ飛びすぎだと思うんだ。操り人形がいるのに何を今さらって話か。

#13 神隠し遊戯(ゲーム)

 被害者の名前がしりとりになっているのに気付かないのは「警察愚かなり」じゃないかね。他のところの袋小路もああやって造られていたのだとしたら愚かどころの話じゃないところだ。
 女子高生が小学生に胸に飛び込まれたらもうちょっと照れてもいいと思う。さなえのギャップにはちょっとキタ。

#12 プールサイドでドキッ

 水着回で事件らしい事件はなし。マユキいじりここに極まれりで、初実さんはニセ乳。スク水担当はヤエ。白蟲のスタイルはよすぎる、こいつだけはドラゴノーツに出られるかもしれん。

#11 欲望の果て

 前回の続きなら冒頭にちょびっと回想を入れて欲しかったな。とりあえず真犯人は警察の側で、さらにその上の黒幕が。どんだけえらい人ですか。なかなか事件をすっきり解決とはいかんなぁ…。