ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 シンフォニー 虹の楽曲<終>

 誤った操作によって01の箱が開かれてしまう。それを抑えるため、今までに出てきたあらゆる人々が、精霊が、心を通わせて神曲を紡いでいく。マクロスとかでありそうだなぁと思った。
 「EDの絵でやれ」という実況の声が全てだと思う。EDのはさすがにイラストだからこれをアニメーションとして動かすのは難しいと思うけど、本編の崩れ方は目を覆うものがあった。面白いといっても、「ある意味面白い」であって、ストーリーが興味深いとかではないよな。キャラクターは魅力的なものがあったし、原作は未読ながら巻数などを見るに人気のシリーズなのだろうから、やりようによっては名作になり得たはず。アニメ化される時の事前情報でも「待望の…」みたいな感じだったからかなり期待していたけれど、低調安定のままに終わってしまった。

#11 レクイエム 歌う精霊

 自動演奏装置があれば確かに便利にはなるけれど、それを神曲と呼べるのかどうかは難しいね。テラト・テルミンの理想を受け継いだクリスタの暴走、命を削って彼の「虹」が本物だと伝えたいとな。
 何かフォロンの知り合いっぽいお姫様がやってきているのだが、これはちゃんと絡むの?

#10 バラード 愛憎の決着

 コーティカルテがわかりやすくツンデレってた。というか、コーティカルテよりもディーレンがメイルリートに対してツンデレとも言えるような。「ディーレンが死ねって言ったら、お前は死ぬのか!」って説得するとかどうだろう。島本理論。

#09 ラプソディ とある神曲楽士の話

 スランプのフォロンをコーティカルテが心配するが、フォロンは十分に有能な神曲学士なので一人で立ち直りましたとさ。もうちょっと周りがいろいろ騒ぐかと思ったけれど、みんなフォロンのことを信用しているんだね。

#08 セレナーデ 人と精霊の狭間に

 プリネシカは半人半精霊でした。人としてのプリネシカしか知らなかったけれど、精霊としてのプリネシカの部分も知ってから出直すというオルファン君は立派だと思う。異なる存在であることをあっさり受け入れることって、難しいよ。

#07 ヴァイオレンツァ 黒い追跡者

 えええ…なんか期待させておいて肩すかしな展開だ。あの警官と顔を合わせるためのイベントだったってことかね。それにしても、アイテムがなぜ殺し屋に追われる原因になるのか、開けて確認したりせんのかね。

#06 スケルツォ 傍にいる理由

 なぜかモテモテの主人公に納得がいきませんな。そういうキャラだったのを始めて知った。レンバルトのアニキの方がいいじゃないかー。サブタイトルはひょっとしてレンバルトがフォロンの傍にいる理由なのか?と疑ってしまうぐらいにレンバルトは面倒見がいい。アッー!

#04 ダルセーニョ 始まりの日

 主人公と双子ちゃんの昔話とか。#01冒頭でのコーティカルテとフォロンの出会いの続きとかを回収。作画は低調安定なので慣れれば問題ないと言えるな。コーティカルテが縮んだのはフォロンのせいらしいよ。

#03 ポルカ 海の底の忘れ物

 水着回なのに作画が微妙。まあここまで2回と比べてそこまでひどいわけではないんだけれど。水中戦闘だったのだが、それを忘れるといったいどこで何をやっているのかわかりにくかった。ちょっと地味になってしまうからか?

#02 オペレッタ 見つめる精霊

 わはー、まだ2話なのにEDとかと比べて絵がヤバイ。今回出てきた変態は結構いいキャラだと思うので、今後もちょくちょく出て欲しい。マジメに精霊の問題を解決していく作品かと思っていたんだけれど、ギャグ要素強いのね。

#01 プレリュード 紅の精霊

 最初に春期新番組の情報が出始めた時点ではいかにも満を持してアニメ化!のような感じだったのに、実際アニメを見てみると極めて残念。OPEDが本編と全然違う作品はよくあるけれど(okamaキャラデザイン作品とか)、本編劣化しすぎだろう…動きが少ない。ストーリーはちょっと興味深そうなので、作画とかを気にしないように見てみる。