ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 再び、閻禍伝説!<終>

 乱崎家の絆は描かれてきたことだからいい。優歌が閻禍の子供ってのは意外ながらも納得のいく展開で悪くない。でも、なんか締まらない話だった。
 OPのインパクトは十分だったが、本編はだるだる単発エピソードを重ねていて、それぞれ緩くつながりはあるんだけれど2クールも見せられるとしんどい。いいキャラはそろっていたのだが、このイマイチ感はなんなんだろう。

#25 凶華様、狂乱!

 死神三番だとか、Dr.ゲボックだとか、その後はともかく出てきた時点では悪役然としてくれているキャラクターとの対決は見ていてハラハラするところもあるから面白いのだけれど、強欲王は見た通りのコミカルキャラクターで、いつまで経ってもキレないのでどうもワクワクしない。

#23 その名は強欲王!

 むちゃくちゃ強い力を持ってはいるけれど、別に悪意があって地球にやってきたわけではない強欲王。むしろ、地球征服にやってきたというなら撃退するのも簡単なんだけれど、そうでないだけに面倒くさい。
 和装の女性姿の月香を雹霞は一目で見抜いていたけれど、ふだん雹霞の目にはどう見えているんだろうか。

#22 落ちてきたプリンセス

 来るべき災厄編の前にギャグを一本。オアシスという外部ヒロインを連れてくることで、もうとにかく凶華様が凰火のことを好きで好きでたまらないということが伝わってくる。娘である優歌にフォローされてどうするって話だけれど、恋愛の前では全知全能の神も形無しだね。

#21 黒サンタさんは夜眠れない

 サンタさん最強伝説はいろんなところで聞いたけれど、このサンタなのだとしたら最強でも何ら不思議ではないな。撃墜されても生きているし、かめはめ波もどきは出すし。惜しむらくは、この世界には常人離れした人が多いからこの程度の強さは普通に見えてしまうことだな。なんだろう、ピッコロとかが平気で出場するようになった天下一武道会におけるチャパ王みたいな。

#20 ビタミンCの森

 千花が夢魔に噛まれたせいで現実に現れた魔獣ビタミンC、でも本当に千花が出会っていたのはそんな魔獣ではなくてただの人間だったというお話なんだが、姫宮絡みのお話はとにかく暗いのでどうにも気分がのらない。そうか、あんなファンタジーに出てくるような魔獣はいなかったんだ、よかった…という話でもないしな。脱獄して小屋に隠れているところを少女に見つかりごはんをもらっていたというような鮮烈な記憶を、たかだか10年程度で忘れ去ってしまうだろうか。当時の千花の外見は相当浮世離れしているから、娘と同じ学校の制服だとわからんものかな。
 あと、いくら幻想の魔獣でも千花の釘バットでの殴打は怖いわ。乱崎家で過ごしている内に優歌が過去の傷を忘れていくように、千花もだんだんただの女の子になってきたなぁと思っていたから(ときどき銀夏を縛り上げてるけど)、まるで千子に戻ったかのようだよ。でもまぁ、こうやって千子としてのトラウマというか、過去の記憶を昇華させていけばいいのかもしれん。

#19 その気がなくてもドジデビル

 「優歌はいい子だね、本当に」というのをドジデビルを通じて見せてもらったけれど、優歌は家族の中では十分にキャラクターが掘り下げられているので今更感も…。温泉とからめつつ微妙に重い展開にしなくてもいいのに。
 凰火と凶華がマトモな夫婦生活を送れていないであろうことは凰火の性格と凶華の様子を見ていればわかるけれど、凰火が凶華のハダカにあからさまに引いていたのはロリお断りということなんだろうか。オカマの銀夏やライオンの帝架が動揺しないのはともかく、娘だけれども娘ではない千花が入浴しているところを見てもとくに動揺していないのはさすがお父さんだなぁとは思った。むしろそこは成長を喜ぶべきだ。そのあたりは雹霞がいちばん"男の子"らしい反応だったよ。

#18 正しい看病の仕方

 風邪で倒れた凰火をめぐり、凶華や銀夏がよってたかってむちゃくちゃな看病を繰り広げる。これ、風邪が悪化するとか以前に他の要因で死んじゃう。一般人に見えて実は相当な実力者である凰火だから耐えられた気がする。
 今回のオチ担当は帝架。マンドラゴラを引き抜くのは雹霞がやればよかったんだと思うんだ…。

#17 決戦はメロンパンでお願い

 人類代表の凶華と動物代表のマダラによる選挙合戦なんだかなんなんだか。ゲボックとか雷蝶にまで手伝わせるあたりが凶華のおそろしいところ。
 実はマダラはメスで、ずっとオウムの伯爵がたてがみ代わりになってたらしいよ。どうして帝架は気付かないかなぁ…。
 話は乱雑なままに終わっていった。

#16 朱と白のマダラ

 マダラと帝架(シャクヤ)のエピソードだけで1話分いけそうだが、以前ゲボックが作った動物化ウィルスと同じ症状がいろんなところで出ているのでそちらにお話はリンク。おかげで、今回は話のベクトルがあっちこっち向いて散漫とした印象の回だった。

#15 奥様は魔女っ娘♪

 雷蝶と凶華が組んで、結婚記念日を忘れていた凰火への復讐劇…かと思いきや、ただの凶華に対する羞恥プレイでした。凶華が凰火のことを好きなのは間違いないんだけれど、あんな大々的に打ち上げられると恥ずかしいわな。

#14 Electric-Butterfly

 ゲボックの巨大ロボットに苦戦はしたけれど今後の噛ませ犬だったみたい。雷蝶によれば「狂乱家族が来るべき狂乱の時を乗り切れるのかの試練」らしい…これ、ただの狂乱ギャグアニメじゃないんですか。

#13 千花の憂鬱

 学校での姿を初めて見て、千花も優歌と同じようにまだ学生だということを思い出した。なんか、家の中では頼れる姉御ポジションに君臨しているから忘れていた。
 狂乱な乱崎家の中で、ただ一人だけ凶華の力で押し込んでもらった形の"一般人"なんだけれど、クラゲとか生物兵器とかライオンとかが変なだけだと思うな。
 新しいドラッグをテストで流通させてみたら動物化の副作用があったよとか、どんだけ身近でテストしてんだ。それ、一発でバレるじゃないか。黒幕はまたDr.ゲボック、そして凰火と因縁のある平塚雷蝶。ああ、死神さんはヘンなのばっかりだ…。

#12 月曜日に猫を拾う

 まだ地下帝国の唯一神としてキョウキャ=エアエリアエアと呼ばれていた頃の凶華様と、黄桜銀一としてブイブイ言わせていたのかもしれない銀夏が、それぞれ別の場所で絡んでいた過去の一エピソード。ネコ耳娘のミルカトピをヘンなコスプレ娘だなぁとは思っても、妖怪だからと差別することはないと思うわ。
 提供バックでも使われていた、イスに座って回るミルカトピは可愛すぎる。