ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド(2016)

 @梅田ブルク7 シアター6
 シャドーラインの残党・闇博士マーブロ(南海キャンディーズ山里亮太)に狙われるニンニンジャー。夢の世界に取り込まれそうになったところを、トッキュウジャーに救われ、イマジネーションと忍タリティを合わせて戦いを挑む。
 過去の敵の再利用を「闇クローン」という形で行ったマーブロ。なかなか嫌らしい戦いっぷりで、存在感があった。近ごろニンニンジャー見てなかったので、覇王シュリケンジン(と、乗換からの覇王トッキュウダイオー)の、リンカーン像を思わせる「座ってます」姿にワロタ。合体しまくるロボットの宿命よな。
 まったく関係ないところで気になったのは、ライト(を演じる志尊淳)が意外とデカイってこと。天晴演じる西川俊介はモデルだし背が高そうだなーと思っていたのだが、2人で並ぶと天晴よりライトの方がわずかに肩の位置が高い(プロフィール上は2人とも178cm)。トッキュウジャーは子どもたちが青年の姿になっているだけなので、全員どこか子どもっぽいんだけれど、その中でも特にチームのムードメーカーで明るく振る舞う姿の多かったライトって、どうも小さいイメージだったのよな。なお、あのメンバーだと最も高身長なのはスターニンジャー・キンジの多和田秀弥で185cm、続いてトッキュウ6号・明の長濱慎が184cm、トッキュウ2号・トカッチの平牧仁が180cm。

#47 輝いているもの<終>

 ゼットとの戦いに挑むライトのもとにトカッチたちが駆けつける。ライトはその力を借りてゼットに勝利を収め、負けたゼットはライトを闇で飲み込もうとするが、「キラキラあってこその闇」とクライナーに乗ったグリッタがゼットを連れ去る。
 ライトたちが実は子供で、元いた昴が浜ではその存在を忘れ去られていたというどシリアス展開があったものの、「みんなの親もそんなことに負けないイマジネーションを持っていた」ということで、戻れないはずの子供に戻れてハッピーハッピー。あれだけ死に場所を求めていた明が生き残れて良かったなぁとちょっとホロリ。グリッタもゼットに斬られていなくてよかった。もともとゼットはライトだったということを考えるとトゥルーエンドじゃない感はあるんだけどね。

烈車戦隊トッキュウジャー VS キョウリュウジャー THE MOVIE(2015)

 @梅田ブルク7 スクリーン6
 2014年夏公開の「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」を受けてギャラクシーラインとレディが登場。キョウリュウジャーの敵だった破壊神デーボスを生み出したという創造主デビウスが不完全体で地球に落着。トッキュウジャーとキョウリュウジャーが力を合わせて立ち向かう。
 トッキュウジャーは元の姿である子供になって全員変身。ちびっこ戦隊、さすがに子役との体型一致は無理だったか。ダイゴのキャラクターがいかに強いものかを実感。また、登場時間はそれほど多くないながらも、ダイゴが他の誰よりもアミィを気に懸けている空気だった。
 また、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の顔見世興行もあり。トッキュウジャーは初見時「なんだこのだっせぇマスクは!?」って思ったけど、ニンニンジャーはよい感じ。声の演技はこれからに期待。
 敵シャドーが小野坂昌也、それも一番軽いノリで演じてるタイプだったのに苦戦させられてワロタ。

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS(2014)

 こちらのゲストは福原遥。柊まいんのときからそうだけれど、不思議な溜め方したような発声をするよね。