ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

涼宮ハルヒの消失 (2010)

 クリスマスイブにはSOS団クリスマスパーティーを開こうという涼宮ハルヒの思いつきに、またかとうんざりするキョン。しかし、その翌日学校に行くとみんなの印象ががらっと変わり、なによりハルヒの姿がなくなっていた。そして、本来ハルヒがいるべきキョンの後ろの席には、かつて長門有希によって存在を消されたはずの朝倉涼子が姿を現すのだった。誰もハルヒのことを知らず、SOS団員であったはずの朝比奈みくる鶴屋さんキョンのことを知らないという。最後の頼みとして部室へ向かったキョンはそこで変わらず本を読む有希を見つけるが、なぜか有希はなくしたはずのメガネをかけており、キョンのことも5組の生徒であるということしか知らなかった。何か世界がおかしいことはわかるが、どうすればそこから抜けられるのかがわからず悩むキョン。そんなとき、かつて有希が渡してくれた本「ハイペリオン」を部室で見つけたキョンは、そこに有希からのメッセージを見つける。それは「プログラム起動条件・鍵をそろえよ。最終期限・二日後」というものだった。
 きっと第2期でやるに違いないと誰もが信じていて、あのエンドレスエイトに泣かされた、そんな「涼宮ハルヒの消失」。正直いろいろとあってどうなんだろうと思っていたけれど、もう京アニに足を向けて寝られないかもしれないってレベルで作ってくれました。上映時間2時間40分の間、水に手をつけることもなくじっとスクリーンを見つめるしかなかった。
 個人的には好きなキャラクターはハルヒなので、久々にハルヒのロング、およびポニーテールが見られて非常に満足だったし、消失ハルヒもいつもと変わらないテンションだったので「そうそう、ハルヒはこうでなくちゃ」って気分が良かったけれど、それを差し引いても消失有希は可愛い。文芸部のことを差し引いてもキョンのこと好きなんじゃないか、アレは。すべてエラー(と片付けられている感情)の発露で改変した姿だったわけで、あらあら長門さんって感じ。でも、そんな有希のことを可愛いと思いつつも、キョンが一番会いたいと願ったのはハルヒだったという、ね。
 エンドレスエイトが放送されているころ、たぶんもう消失の制作にかかっていたはずで、プロデューサーからすれば「やいやい言ってるけれど、消失を見てもらえばわかる」って気持ちだったんだろうか。まぁ、それをひっくり返しておつりが来るぐらいの出来だったので、もう何も言うまい。消失、ごちそうさまでした。

#26 ライブ ア ライブ<終>

 文化祭当日、映画のダメージを癒すべくみくる達のクラスの喫茶店へと向かうキョン鶴屋さんやみくるの姿はさすがのもので谷口や国木田も感心するばかり。その後、谷口たちと分かれて単独行動し始めたキョンは体育館で演奏を聴くわけでもなくぼーっと座っていたが、軽音楽部のENOZとして出てきたのはバニー姿のハルヒと魔法使い姿の長門だった。
 「朝比奈ミクルの冒険」や「ハレ晴レユカイ」のダンスで目を惹いたヤマカンの評判が最高に高まったのがこのライブであったように記憶している。キョンたちがウロウロする間に、ENOZのメンバーが駆け回っている様子もちゃんと描かれていて細かい。何より、歌がイイ。CD収録のものと比べてコーラス無しだけれど、これはこれでハルヒ[というより平野綾]のボーカルを十分に楽しめるしね(特にlost my music)。

#25 朝比奈ミクルの冒険 Episode:0

 未来から来たウェイトレス・朝比奈ミクルは、超能力を秘めた少年・古泉イツキを守るため、悪い魔法使い・長門ユキとの戦いを繰り広げるのだった。
 ーーという、ハルヒが監督した映画の本編。第1期放送ではこれが第1話を飾り、その額縁放送っぷりもあって「いったいなにがおこったんだ」と思ったよ。山本寛演出により自主制作映画の雰囲気を120%に再現していることはすでに語り尽くされているが、それにしてもなんという大冒険か。

#24 涼宮ハルヒの溜息Ⅴ

 悪い魔法使いのお供として猫が欲しいと言い出したハルヒ長門のマンションで三毛猫(シャミセン)を拾い撮影に使うが、絶好調のハルヒの能力ゆえにシャミセンはしゃべり始める。桜が咲き、すぐに散り、真っ白なハトが出たかと思えばリョコウバトになり、もはや映画の中は非現実のサラダボウル状態。これを解決するにはハルヒにすべてがウソであることを認識させる必要があり、古泉はそれを夢オチで片付けるしかないと語る。そしてギリギリまで映画編集を続けるもどうにも間に合わなかったキョンハルヒだが、不思議と文化祭当日に目覚めるとVFXまでしっかり入ったフィルムが完成していて、現実の変容は収まった。
 「憂鬱」以来、改めてハルヒの能力が振り返られる。古泉(機関・超能力者)とみくる(未来人)、いずれも「ハルヒが願いを叶える力を持っている」という考察は共通しているが、3年前に突然異能力が現れたのか、それとももともと世界には異能力が存在していたのかという認識の違いがあり、互いの理論を認めることはできない。さらに、それを解説する長門にも統合情報思念体としての背景があり、真実はわからぬまま。たぶん、物語としても今後明かされることはないんだろうけれどね。
 フィルムを完成させたのはキョンは本命:長門、対抗:古泉、大穴:みくる、無印:まだ出ていない誰かさん、だったが、実際は「キョンならきっと観られるフィルムに仕上げてくれるだろう」というハルヒの願いが最後に叶ったんじゃないか。
 キョン長門たちの正体(常識人のハルヒにとっては映画の設定としてはアリでも現実には荒唐無稽な話)を教えられて怒りつつ、喫茶店の外でキョンを待つハルヒ。ホント、この感情の振れ幅がもうちょっとなんとかなればいい子なんだけれど。それでも、手綱を握れるのはキョンだけか。

#23 涼宮ハルヒの溜息Ⅳ

 池に落ちるシーンの撮影で、あまりキレイでもない池にみくるを落とそうとするハルヒキョンの我慢は限界寸前。その場は古泉の制止とみくる自身が演じると言ったことで収まるが、鶴屋さん宅に移動しての撮影で、みくるを完全にオモチャとして扱うハルヒキョンの堪忍袋の緒が切れる。「だめなことをしたときには殴ってやらないと、こいつは動物以下になってしまう」というキョンの思いも虚しく、その腕を古泉が掴んで離さなかった。閉鎖空間こそ発生させなかったが、落ち込むハルヒ。谷口は撮影に呼ばれながらひどい出演だったことを愚痴り、「失敗すればいいんだ」と映画をバカにする。そんな谷口に腹の立つキョンは、自分が映画に寄せる本当の気持ちに気付く。そして、ハルヒに声を掛けるのだった。
 古泉説明によれば「(ハルヒは)キョンだけは自分を裏切らない、言うことを聞いてくれると思っていた」からこそ凹んでいたらしいけれど、部室でポニーテールを試していたところをみると、どうやってキョンに謝ろうかと考えていたっぽいよね。さすがにみくるへの態度はヒドかったけれど、SOS団なら許してくれるだろうという甘えが強いんだろうなぁ。ワガママちゃんなのです、ハルヒ

#22 涼宮ハルヒの溜息Ⅲ

 映画撮影は続く。鬼監督ハルヒの口からは撮影段階になってからゴロゴロと設定が出てきて、演じるみくると撮影係のキョンは困惑するばかり。ハルヒの能力は絶好調で願ったことは片っ端から実現、ついに撮影中にみくるは「みくるビーム(高い指向性を持つコヒーレント光=レーザー)」を放つに至る。さらに撮影は谷口、国木田、鶴屋さんをも巻き込んでいく。
 長門は感情を表さないからわからないが、キョン、みくるの映画へのうんざりっぷりは相当なもの。古泉もイエスマンらしく文句は口に出さないが、さすがにくたびれた空気。それでもハルヒの勢いは衰えないよなぁ。そろそろ、です。

#21 涼宮ハルヒの溜息Ⅱ

 ハルヒが決めた映画の主役はみくる。なんとその設定は「未来から来たウェイトレス・みくる」「悪い魔法使いの宇宙人・ユキ」「超能力者の少年・イツキ」という、まるで3人の正体を知っているかのようなものだった。まずはCM録りから始める一行だったが、なんとCM部分だけで15分。編集でなんとかするにせよ一度脚本を見せろというキョンに対して、頭の中にバッチリ入っているから大丈夫だとハルヒは返す。本編撮影に入っても、いったいどんな映画なのかはさっぱりわからないまま……。
 脚本を文字化して漏れたら大変だというハルヒに「香港映画かよ」と返すキョンの突っ込みが今日のベストツッコミでした。だんだんエンドロールでのハルヒキョンがズレていくのが、二人のスレ違いを表現しているワケね。キョンにしてみればムチャクチャな撮影に(そしてみくるのムチャクチャな扱いに)苛立っているし、ハルヒは基本満足げだけれど、無意識なのかキョンとみくるのことをすごく妬んでいるのが現れているし(間接キスになりかけたペットボトルを取り上げたときのすっとぼけた表情ったらない)。

#20 涼宮ハルヒの溜息Ⅰ

 長い夏休みが終わり、体育祭も軽やかに飛び越えたSOS団。文化祭こそ学園生活最大のイベントだと言い切るハルヒは、SOS団で映画を作ることを決める。まずその機材を集めるため、ハルヒキョンとみくるを連れて商店街へ向かう。一体どんな甘言をばらまいたのかわからないながら、あっという間にビデオカメラと、撮影用に使うというモデルガンが手に入る。
 体育祭もじっくり観てみたいが、メインは文化祭。映画撮影…ということで、第1期の放送を見ていれば撮られる映画が「朝比奈ミクルの冒険」であり、どんな内容になるかはすで把握しているわけだが、いったいどうやって撮影にたどり着いたのかはとても気になる。それにしても、ハルヒの上機嫌っぷりがスゴイ。前から笑顔の多い子だけれど、いかに映画作りに力を入れているのか伝わってくる。ハルヒスキーの自分としては非常に嬉しい限りだよ。

#19 エンドレスエイト

 ループにループを重ねた夏休み、8月30日。キョンハルヒを呼び止める言葉をどうしてもひねり出せず、苦し紛れに「まだ俺の課題は終わっちゃいない」と叫ぶ。キョンは結局なんだかんだと遊び続け、宿題を終えていなかったのだ(これはいつも同じ)。まだ宿題が終わっていないというみくるや古泉を引き込むキョンに、ハルヒは「あたしも行くからね」と悔し紛れに叫ぶのだった。かくて、エンドレスな夏休みは終わりを告げた。
 成績優秀なハルヒにとって、夏休みの終わりに友達を宿題をするなんてことはやったことがないわけで、それこそどうしてもハルヒが思いつくことのなかった「やり残し」だったと。さすがにループしすぎて疲れた。長門はもっとループしたんだぜ……って、統合思念体と同列では語れないよ。

#17 エンドレスエイト

 何がトリガーなのかはさっぱりわからないままにまたも脱出失敗。ハルヒを後ろから抱きしめて「アイラブユー」と囁けと言う小泉の提案に「その言葉を待っていた」とノリツッコミのキョン。本当にやってみればいいのに。

#13 エンドレスエイト

 ということで夏休み2周目。実はすでに1万回以上のループを繰り返していたこの夏休み、おそらくハルヒが原因だろうとはわかったものの脱出方法は不明、そしてタイムリミットは8月31日(実質は8月30日の喫茶店からハルヒが去るまで)。デジャヴを感じても、それがまさか本当にかつて経験していたことだとは思わないわ。