ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

特命戦隊ゴーバスターズ VS 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE (2013)

 @なんばパークスシネマ シアター4
 生身バトル、スーツバトル、ロボットバトルと盛りだくさん。ロボット着ぐるみがたくさん出てきてスクリーンで見るとさすがにのたのたという感じはあるけど、盛り上がった映画でした。シンケンジャーの志葉薫とかアバレンジャーの「恐竜や」とか、あくまでオマケ要素として軽く出るだけだったのも良かった。
 そしておなじみ、映画での新戦隊先行登場。獣電戦隊キョウリュウジャー、黄色がいないという話は聞いていたけれど、女性も1人だけなのね。ゴーバスターズも女性1人だけど、キョウリュウジャーは当初から5人編成だから久々な感じ。ゴーオンジャー以来と考えると、それほど久々でもないんだけど。
 今回、生身のバトル組み合わせはレッドバスターvsゴーカイレッド、ブルーバスターvsゴーカイブルー&ゴーカイイエロー、イエローバスターvsゴーカイグリーン&ゴーカイピンクがメイン。ゴーカイシルバーはゴーバスターズとゴーカイジャーがなぜ戦うのか理解できていなくてこのバトルにはあんまり積極的に加わっておらず、ビートバスターとスタッグバスターは敵ガレオンと戦闘中。このバランス、ゴーカイジャーの中であまり強くないハカセとアイムがゴーカイジャーの中では弱いヨーコとどっこいどっこいなのはいいけれど、やり手のジョー&ルカをリュウジ一人で抑えちゃうのは、リュウさんを強く見立てすぎのような感じ。
 まー、そういうのを細かく気にせず楽しめたからよいんですけどね。キョウリュウジャーはみんな「○○の勇者」という肩書きらしく「歴代最強」なんて煽りも見ますが、それをすると戦隊映画の時に落差出ちゃうから。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(2012)

 @なんばパークスシネマ シアター10
 仮面ライダーディケイドを首領とした大ショッカーと、ゴーカイレッドを首領とした大ザンギャックが、スーパー戦隊仮面ライダーは共存不可能だとお互いにつぶし合う。ジョーハカセマーベラスを止めようとするが、逆にルカやアイムたちをやられてしまい、危機一髪を仮面ライダーディエンド・海東大樹に救われる。
 要するに「士はボクとの友情を裏切ったんだ!」という海東による逆恨みですよね、ドロドロの愛憎劇。ジョーも、マーベラスを信じつつも裏切られ、その実、やっぱりマーベラスはヒーローのために動いていたことを知って納得できたんだけれど、海東はひねくれているのでそうはいきませんでしたという。士に対する感情が入り乱れすぎて、思わず敵のビッグマシン計画を成功させて、マシンに乗り込んじゃうぐらいだもの。
 中盤、スーパー戦隊仮面ライダーの多くがやられてしまったときにストーリーを引っ張ったのはジョーハカセ、海東、比奈ちゃんの4名。戦隊から2名、ライダーから2名、かつ紅一点を残すとこうなるんだけど、マーベラス×ジョー、士×海東の絡みが多かったので、ハカセのところはアイムを残して欲しかったなぁって、ちょっと残念。
 ネタ的にはドクトルG(鳴滝)が大ショッカー幹部として出てきた時点で「おのれディケイド」って言わせたいんだろうなという雰囲気がプンプンしていたので、期待通りのセリフが出てきて嬉しかった(小並感)。劇場では、全スーパー戦隊とライダーがわらわら出てきたとき、あまりの絵面に笑いが起きてたよ。だって、どう見ても数の暴力じゃないですかアレは。もともと仮面ライダーの幹部は1vs1で負けてる人が多いのに、どうやって複数ライダーに勝つんよ。さすがに今回はオリジナルキャストにできたのは一部だけだったが、仮面ライダーBLACK対シャドームーンは劇場でも「おお」ってどよめいたよ。そしてその後の「やめろ!信彦!」では笑いが。笑うシーンじゃないけど、そのセリフを入れるなら倉田てつをに言わせて欲しかった。
 今回、最新シリーズのゴーバスターズとフォーゼはそれぞれに見所が用意されていたけれど、まさかレッドバスターは仮面ライダーカブトクロックアップを「見える」って言っちゃうとは思わなかった。ライダー最強議論ではクロックアップが最強クラスなのに、ゴーバスターズってそのレベルに達してしまっていいのだろうか。
 しかしこの「大戦」シリーズ、MOVIE大戦からずっと見てきているけれど、もうそろそろ無理がきてないですか。スーパー戦隊仮面ライダーの映画は、最新戦隊&最新ライダー単体同時上映が1本、最新戦隊vs1つ前の戦隊、最新ライダー&1つ前のライダーと年に3本あって、お祭りも続くとただの日常になってしまうというか……プリキュアオールスターズもNewStageに入ってもう無理感がかなりきてるので、それぞれ戦隊、ライダー、プリキュアで3年おきのローテーション組むとかした方がいい。

#51 さよなら宇宙海賊<終>

 自分たちだけで戦うことを決めたゴーカイジャー。バスコのガレオンまで使っての総力戦と、最後にばらまいたレンジャーキー、次に狙うは「宇宙第二のお宝に決まってるだろ」って、もう格好良すぎるぜマーベラス。実にマーベラス
 なんといってもこのシリーズを支えたのは過去のスーパー戦隊たち。さすがに199人全員オリジナルキャストで集合とはいかなかったけれど、充実したキャストが出てくれて、作品を彩った。最後のアカレンジャー誠直也が演じたのは当然ながら、変身後もちゃんと当時のスーツアクターである新堀和男が演じていたって、ファンにしかわからないこだわりが嬉しい。
 こうなると気にかかるのは劇場版。スーパー戦隊VSシリーズといえば前の戦隊との共演なわけで、そうなった時に特命戦隊ゴーバスターズvsゴーカイジャーで、ゴーカイジャーは何に変身するのだろうか……。仮面ライダーの集合映画のカオスと不完全燃焼感を見ると、ああはなって欲しくないと思う。

#50 決戦の日

 ザンギャックを消すためにスーパー戦隊の力を使うのか、それとも使わずに戦うのか。どうせ「戦隊の力は使うけれど、奇跡なり何なりでスーパー戦隊自体の歴史が消えることはなかった」的な展開になるのかなと甘く見ていたが、使わない選択。マーベラスなら使える力なら有り難く使わせてもらうかなと思っていたけれど、もっと熱い魂を持つ男でした、さすがはスーパー戦隊のレッド。

#49 宇宙最大の宝

 追い詰められたインサーンの猛攻を、バスコから回収したレンジャーキーの力で撃退。インサーン姉さん終了のお知らせも、ザンギャックにとっては本体を呼ぶまでの時間稼ぎでしかないわけなのね。
 大いなるスーパー戦隊たちの力を使えばザンギャックたちを消すことができるが、そうするとスーパー戦隊は存在が消えて歴史が変わる。ディケイドがラスボスとして君臨したのに対して、ゴーカイジャーは35年分の歴史を背負わされる感が。どうするマーベラス

#48 宿命の対決

 マーベラスとバスコの宿命の対決に決着。最後のところで命運を分けたのは、マーベラスが持っていたサリーの首飾りのパーツ。やっぱりサリーはマーベラスを守るために爆死してたんだ……。最後の最後まで、いい戦いを見せてくれたバスコにさようなら。

#47 裏切りの果て

 ゴーカイジャーとバスコが残るレンジャーキーを巡ってのバトルに突入。しかし、サリー(バスコのお供の宇宙猿)を使っての人質作戦は汚いぞバスコ。例え罠だったとしても助けないわけにはいかない。マーベラスジョーは信じてないっぽかったけれど、確実にアイムとドンは助けの手を差し伸べるもの。そこまではともかく、ジバクさせるとまでは思わなかったなぁ……。ゴーカイジャーたちはケガするだけで済んでいたけど、サリーの姿がなかったのはやっぱり吹っ飛んでバラバラ……?

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン (2012)

 @109シネマズ箕面 シアター2
 突然ギャバンに捕らえられたゴーカイジャー。しかし、ゴーカイジャーを捕らえたのは宇宙警察長官の悪事を暴くためのフリだった。
 往年の宇宙刑事が最新のスーパー戦隊と共演。マーベラスギャバンに助けられた過去があるという繋がりでストーリーが綴られたが、いちいち戦闘シーンがカッコイイ。今回の敵、ギャバンブートレグギャバンとがそのメタルのボディをキラキラさせながら斬り結ぶところとか、ほんと着ぐるみ怪人ではできないアクションだと思う。あと、もうとにかく大葉健二祭り。文句なしにかっこいい。変身しなくても雑魚なんて軽く蹴散らすところとか。
 あと、やっぱり変身シーンかな。溜めて、溜めて、溜めて、溜めて、ついにギャバンのテーマ曲が来る!というところと、あの変身プロセスの解説。奇をてらったところはないけれど、それだけにハートのど真ん中を突いてきた。
 次は全スーパー戦隊vs仮面ライダーかー……もう記念作品でもなんでもなくない?プリキュアはまだオリジナルキャストが全員揃っているだけ意味があるけれど、こちらはオリジナルは一部だけだし、揃える意味はそんなにない気がしている。

#46 ヒーロー合格

 敵に操られてしまったときのハカセと鎧の態度と言葉遣いの悪さが度を越えて酷かった気がする……ヒーローには越えて欲しくない一線があるなぁ。よそで感想ちらちら見てると「隠された悪意が表に出た」ということで、実はヒーローたちもお互いにこういう気持ちを抱えていたのか、なんて、やっぱりそれは知りたくなかった。聖人君子ではなくてもいいけれど、やっぱり悪意は抑えめでお願いします。

#45 慌てん坊忍者

 最後に残ったカクレンジャーの大いなる力を手に入れるため、これまでの反省を活かしてニンジャマンを接待するが、おっちょこちょいで色々ミスを重ねてきたニンジャマンは、本当にゴーカイジャーが信用できるかどうかを見極めるためゴーカイガレオンに住むことに。
 前後編の前編なのでフリだけ。かつてタイムレンジャーに依頼されて守った寝隠神社がキーだったと、さらっと伏線回収。そして一瞬だけ鶴姫さん登場。このまま絡まなさそう、というか今も本当に隠れているのかカクレンジャー