ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 終極<終>

 いい最終回だった…と言いたいんだけれど、ギガンティックがなくなったからみんな仲良くしましょうって、それができるんなら最初からなんとかせんかあああああああ!とも思う。後日談でみんな幸せそうだったから何となくごまかされた感があるんだよなぁ。
 とりあえず、みんな生き残れたというのに二人だけ遺影だったギリシャムハンマドとハサンかわいそす。うっちーかわいいよ。
 ばらして見ると面白いエピソードもあったけれど、通して見ると天下一武道会の変則トーナメントを全試合追っかけて、なおかつ全出場者についてちゃんとエピソードもつけてある広く浅く扱った作品だった。それをやろうとすると4クール必要なんじゃないかな…。
 よく言われていた絵については自分は最初から嫌いではなかった。まんまるほっぺも見慣れれば可愛いものよ。素材はよかったのに、時間的制約や演出上の問題で生かし切れなかったかな…。

#25 嫩葉

 時折取っていたパイロットデータは影武者スサノヲからオニクスへのフィードバック用だったと知ってもなお全てを許せるのか、慎吾は。神名がオニクスに乗っ取られ、眞人はポイ。トランスレーターだけで動くのな。
 そしてスサノヲとオニクスは決着をつけるため宇宙へ。

#24 対決

 「アルゴスの百目」は諸刃の剣。もしオニクス十式が割り込んできていなければスサノヲは危なかったような気がする。ってことで、強敵ジュピターとの戦いは、本当の十番目のギガンティック・オニクスによって妨害される。もし全ギガンティックの技を使えるのだとしたら強すぎはしないか。
 眞人と神名は完全に精神まで持って行かれているみたい。もう倒すしかないな。
 この調子だとクロノスはやっぱり動かないか。残念だ。

#23 罪智

 スサノヲがボロボロすぎて、ジュピターは正々堂々と戦おうとしているのかもしれないけれど一方的にボコボコにしているようにしか見えんぜ。スサノヲのOXIIは「X(10)」のはずなのに現れた「XIII(13)」の文字。まだ真名は慎吾に隠していることがあるな。実は二つ頭部が使われている…んだったらもっと強くないとおかしいな。
 復活したスサノヲの、キメラのようなゴテゴテ感は結構好き。

#22 誓約

 司令不在の間に基地に軍が乗り込んできてスサノヲを接収される。実は日米間で話がついていた…ってそりゃないよ。アメリカの戦闘回数が少なかったのは、戦うほどに精神汚染が進むことを知ってか。最終的には戦わないと不利なんだけれどね。
 副司令や楽市さん大活躍。オッサンの活躍は見ていて胸がすくようだ。

#21 衝動

 伊藤君、君の助言のおかげで慎吾君と呼んでもらえるようになったんですよ。
 戦いの前にワンクッション。どうも政府の動きが不気味だ。神名の発症は偶然なのだろうか、ここで睡眠へ。すべてが終われば何とかなるのだろうか。

#20 試練

 やっと名前同士で呼び合えたことがあの幻を打ち砕く手がかりになっていたのかも。たぶん、バトルシーンはスサノヲとユーノワのパワー差を考えるとデタラメとしかいいようのない戦闘だったけれど、スサノヲが勝ってもおかしくないように細かく描写は重ねていたはず。納得しておこう。
 これでスサノヲが劇的にパワーアップ、最強ギガンティック・ジュピターとの戦いに挑める準備は揃ったか。

#19 惨酷

 インドvsロシア。OX-2の性能で言えば最強のインド・イシュタルをユーノワが撃破。ユーノワ強すぎるやろ…もうスサノヲが残っているのが不思議な状態。狙われたらアウトっぽいぞ。

#18 慟哭

 インドのパイロットはみえる人か。精神感応システムの情報が漏れているわけではなく、特に力が強い人間は何か感じるっぽい。占い師らしいのでそれで感じたのか。どういう理屈だ。
 イシュタルの申し入れを受けていれば?なんて無粋。ギガンティックの意志で親子を守るなんてこともあるのか。そういえばイギリスもそんな感じだったか。

#17 出征

 ベネズエラ編、親子パイロットの事情。母親をケレスに乗せるための人質として置かれていたとも考えられるけれど、てっきり母親が実はいろいろ手を回して直接は顔を出せないまでも配慮しているということかと思った。でも、そのあとの母親の反応から見ると前者でいいのかな。

#16 不穏

 眞人は肉体が侵食されすぎてカプセル入りになっているが、その初代トランスレーターだった真名の妹・神名も肉体や精神を侵食されて地下に幽閉中。眞人はデータ採取などに役立っているようだが、神名の方は使えないという判断なのか。真名がトランスレーターをやっている理由は適合率以外にそのあたりの事情がありそう。
 司令の弟は一人でスサノヲを動かしていたらしいが、それと正反対の値をはじき出す慎吾。きっかけがあればマイナスがプラスに転じて、一人で動かせるようになったりするのかも。真名が歓迎しなさそうだが…。肉体的には真名も慎吾もかなり侵食が進んでいるようだが、このへんの事情は他国も同じなんだろうか。だとしたら、それほど長い期間戦争を続けるわけにはいかないはず。スサノヲが再び出るのは遠くないか。

#15 全能

 ついにアメリカ出撃、相手はドイツ。通常戦力が桁違いで、しかもギガンティック自身に宿った神がゼウスか。無敵のマントを羽織り精神感応すら防ぎ、神の雷を落としてくるのではどう戦えというんだ…。

#14 純真

 ドイツvsイタリアのドイツ視点。ミネルヴァスの砲台形態や、ルクレツィアをやられたレオンが突撃かけるところとか、グッとくるシーンはいくつかあるんだけれど、後編担当の方がどうしても優遇されているように感じる。次は前後編構成ではなく、AパートBパートで国を分けて、戦闘だけで丸一話やってくれんかなぁ。

#13 動機

 なるほど、あのときイギリスとフランスが受けた攻撃はこうやって行われたのか。パイロットの意志とは無関係に、国は勝ちたいから何でもするんだな。
 精神感応システムってサトラレ状態になるんかね。