ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

東のエデン劇場版II Paradise Lost (2010)

 物部が一部セレソンJUIZを破壊したことで、自分のJUIZも安全なわけではないことを知った滝沢。帰国後、滝沢は空港からは一緒に行けないと咲に告げ、JUIZを守るために動き始める。一方、ゴールデンリングを咲に渡して母親を捜して欲しいと頼む。咲は滝沢の母親でかつて豆柴を連れていた女性・岩下あやに会いに行く。あやは滝沢が自分の子だとははっきりは認めなかったが、咲はあやが滝沢の母だと確信する。滝沢にそのことを伝えれば自分の前から姿を消してしまうのではないかと危惧する咲に、大杉は直接伝えようと告げる。
 JUIZを輸送するトレーラーに乗り込んだ滝沢はそのまま飯沼邸に乗り込み、自分が王様になって不満を引き受ける形になってもこの国を救いたいと語る。そして、故・飯沼総理の書斎から板津の作ったAIR SHIP(ケータイでIP電話を使えるツール)を使い、全国民に呼びかけはじめた。
 昨年11月に公開された東のエデン 劇場版I The King of Edenの続き、完結編。構想が膨らんで公開が2ヶ月延びたそうなのだが、ドンパチかましていたIに対して、IIはストーリー回収に回った感じ。リアルジュイス(亜東4姉妹)が出てきたり、JUIZを乗せたトレーラーを滝沢が強奪したりという盛り上がる展開もあったけれど、結局は滝沢に主張を全部語らせてしまっていて、もっと見せ方はあったんじゃないかと思う。単純に咲のものとに滝沢が帰ってきてハッピーエンドにはならないと思ったけれども…。ちょっと滝沢の演説が説教くさくて残念だった。

東のエデン 劇場版I The King of Eden(2009)

 ミサイル撃墜事件のあと、再び記憶を失った滝沢はどこかへ姿を消した。咲たちは警察の事情聴取から解放されたあと、滝沢を探すため「東のエデン」を会社化していた。咲は滝沢が携帯と共に残したメッセージ「君と旅した場所で待ってます」という言葉を頼りに何度もワシントンD.Cを訪れどうしても滝沢を見つけることができなかったが、ふと思い当たったところから訪れたニューヨークで滝沢と再会する。滝沢は今は飯沼と名乗っており、日本で”ギャフン解散”の江田首相の次を受けた飯沼首相の私生児だという噂が流れていた。
 テレビシリーズで見せたドラマティックな展開は健在で、それこそ5分先の展開が読めないためハラハラドキドキ。ところどころで息抜きもあったが、上映時間82分があっという間だった。終わり方も「ここで!こんなところで続いちゃうのか!」と悔しくなるようなポイントで、絶妙な引き。本来60分+60分で考えられていた劇場版が、82分+90分に膨らんで後編の公開が延びたのも頷ける。
 ただ、最低でも総集編 Air Communication、できればテレビシリーズ全話を見てから行くこと。そうでないと、このキャラクターたちがなぜこんなにもがんばっているのか、そしてあのキャラクターがなぜこんなことになっているのかがわからなかったりする。だが、テレビシリーズを楽しめた人ならば必見の映画です。

東のエデン 総集編 Air Communication(2009)

 @テアトル梅田 テアトル2
 卒業旅行でワシントンD.Cへ行った森美咲はホワイトハウスへコインを投げたところを警備員に見つかって問い詰められそうになる。しかし、そこに素っ裸の男・滝沢朗が現れたおかげで窮地を逃れる。
 完全にテレビシリーズの総集編なので、内容に変更なし。適度につまんで集めてあって、劇場版に向けてのおさらいとしては十分なものだと思ったが、東のエデンはあんまりはしょる部分もないんだなぁとも感じた。

#10 誰が滝沢朗を殺したか

 物部に連れられ、滝沢はジュイスの本体がある播磨脳科学研究所へ移動する。セレソンシステムを作り上げたのが亜東才蔵と呼ばれる男であること、”迂闊な月曜日”は結城の仕業であったこと、そして滝沢は”迂闊な月曜日”を食い止めたが仲間や助けた人に裏切られて記憶を消したことが明らかになる。そのころ、板津から送られてきたセレソンケータイのデータを見て平澤たちも真実に気付き始める。そして、日本を今度は60発のミサイルが狙うことが判明した。
 勝利宣言するつもりだった物部だったが、ジュイスは12人目のセレソンによって隠されてしまいゲーム続行。まだ姿を見せていないセレソンは多いけれど、これまで動きの無かった12人目のセレソンの動向にはさすがに驚いたようだ。

#09 ハカナ過ギタ男

 滝沢と板津はなぜか意気投合。セレソン携帯の履歴を見ることで、滝沢が播磨脳科学研究所で洗脳プログラムをダウンロードし、しかも2万人のニートを虐殺したのではなくドバイへ輸送したらしいことが明らかになる。そのころ、セレソンNo.1の物部はセレソンNo.10の結城とともに滝沢に近づきつつあった。
 板津の能力が予想以上に高くて、あっさりセレソン携帯の履歴が見られるように。ただのパンツじゃないね、この男は。

#08 あらかじめ失われた道程をさがして

 滝沢は近藤の携帯の解析を「東のエデン」メンバーに頼むが、パソコンに詳しいみったんもケータイは門外漢。唯一頼りになりそうな"パンツ"こと板津に会うため、滝沢と咲、みったんは京都へ向かう。一方、滝沢と一緒にいる「東のエデン」とは別行動を取り始めた大杉は独自ルートで滝沢の正体に迫るが、出てくるのは山ほどの偽名だった。
 強烈なキャラクター、そして檜山修之、板津のインパクトは計り知れない。その板津が、扉一枚挟んでセレソンのことを聞いたときの衝撃はさらに計り知れないけれど。まさか聞きかじり以上のセレソン情報をこんなところで現実で聞けるとは思わなかっただろうな。

#07 ブラックスワン舞う

 ジョニー狩りにあった被害者が掲示板に助けを求めてきた。その貼られた画像から、被害者が大杉らしいと騒ぐサークルメンバー。共犯者がジュイスであると知り、犯人がセレソンだと気付いた滝沢は一人、犯人を捜しに出る。
 黒羽さんは信念に基づき性犯罪者を裁いているだけの人で、もちろん大杉は関係なかったわけだが、ひょっとすると殺人鬼かもしれないところへ一人突っ込んでいくのは無謀よ。「ジョニーに愛をもらったことがないんじゃないかと思って」と何かしようとする滝沢があまりに自然でツッコむのも忘れた。強姦魔を小脇に抱えてイリュージョンで飛び去った黒羽さん、いずこかであの強姦魔のジョニーを切り落とすのだろうか。ある意味では、日本を最も正しくしている人かもしれない。

#06 東のエデン

 咲から滝沢に関する話を聞いたサークル「東のエデン」のメンバーは、滝沢の住むシネコンへ向かう。しかし、滝沢は来訪を知った上でサークルのメンバーを迎え入れた。
 東のエデンが開発した画像検索エンジン東のエデン」はスゴイな。意外とこういう技術が数年と経たずに現実化するかもしれないけれど、コレとセレソン携帯はぜひ現実化して欲しい。

#05 今そんなこと考えてる場合じゃないのに

 家に帰った咲は内定者面談へ向かうが、落ちた上に嫌がらせまで受けて涙する。滝沢はそんな咲を慰める。一方、咲と食事の約束をしていた大杉は、滝沢と咲がバイクで走り去るのを目撃し、後輩の春日を呼び出して暴飲暴食するのだった。
 咲は姉夫婦と同居中で、姉・朝子や姪との関係は悪くないが、義兄・良介のことが好きだという非常に複雑な関係。早く家から出たいと考えるのは健全な発想だわ。滝沢はナイスタイミングで咲の前に現れたけれど、大杉からすればあまりに可哀想。せめて、食事には行けないという連絡を入れてあげてください。
 新しく登場したセレソン、二重人格なのか思いっきり人を殺して自覚0なんですが、何者…。

#04 リアルな現実 虚構の現実

 滝沢はセレソン携帯の利用履歴から、セレソンNo.5の病院長・火浦のもとを訪れる。火浦は100億を使って高齢者の医療を改善し、さらにその身内の雇用を促進するという体制を確立していた。火浦からセレソンが何なのか説明を受け、自分がセレソンNo.9らしいと知る滝沢。肝心な部分は「あれほど積極的だったNo.9が記憶を消してやり直しているのだから」と教えてもらえず、病院を後にする滝沢だったが、その背後で火浦はセレソンのサポーターによって消されていた。
 ジュイスも教えてくれないセレソンシステムについて、火浦の説明はわかりやすくて助かった。100億は自由に使っていいが現金化は不可能、セレソンは全部で12人おりそれぞれに100億を投じて"ノブレス・オブリージュ"を果たすのが目的。セレソンを選んだのはMr.OUTSIDEと呼ばれる人物で、セレソンの中には一人だけ義務を果たさないセレソンを消すサポーターが混じっているが、それはMr.OUTSIDEにしか分からない。
 失われた滝沢の記憶がちょっとだけ埋められたのに、むしろ謎は深まった気がする。

#03 レイトショーの夜に

 映画館にいる朗を追い詰め、携帯を取り上げた近藤。これで自分の100億とは別に大金を手に入れたと喜び浮気相手にメールをするが、指紋認証が必要なので朗の携帯は使えず、しかもメールを送った相手が妻だったため歌舞伎町の真ん中で刺されることに。
 セレソン携帯を奪えば使用可能なのでは、セレソン同士携帯電話の取り合いにしかならないからそりゃそうだろうなぁと思いつつ、いかに100億あろうとも死ぬときはあっさりだなぁとも。とはいえ、近藤の残金は7円。いずれにしても、セレソンとしてはもう終わっていたわけだ。

#02 憂鬱な月曜日

 朗がNo.9であるように他にも多くの救世主がいるようで、その目的は手持ちの金を全部使い切ることなのかもしれない。朗の手持ちが現状の持ち金が82億円だからもともとはもうちょっと多かったんだろうな。
 で、今回偶然出会ったオッサンがその他多くの救世主の一人だったわけだ。救世主同士は殺し合っているのだろうか。金が有り余っているから殺しもできるみたいで、いったい誰が仕組んだゲームなのかはわからないが、東京へのミサイル攻撃も十分関連していそう。

#01 王子様を拾ったよ

 裸の男が股間を隠さずうろついていてこの作品はどう扱ったいいのかと思ったが、ストーリーはテンポ良く進んでいて面白かった。なんかハリウッド映画でありそうなネタっぽいんだよな。イーグルアイみたいな。
 滝沢朗(仮名)の、あのまったく自分の境遇にもくよくよせずに明るくいられる前向きさはどこから来るんだろう。