ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 真夏の雪<終>

 くじらの浮かぶ不条理な世界を終わらせるべく、「緩慢な永遠より鮮烈なる崩壊を選択」したらしい。これで世界は終わったということなのか、くじらが消えただけか。
 いわゆる「誰が得するんだよ、これ」状態で、何が何だかわからないうちに全12話が終わってしまった。これを見て、不思議な世界観や魅力的なヒロインに興味を持ってゲームを購入して欲しいと言うことなのだろうか。自分はそもそも面倒くさいからゲームはよっぽど気に入ったものしかやらないのだけれど、これで購入する人はいたのだろうか。
 アニメとして見たときには、やっぱりストーリーが断片的すぎてよくわからず、各ヒロインの魅力もそこまで引き出せたとは思えない。どうせ全部描ききることは無理なんだから、5分×12の60分ではなく30分×2の方がおさまりがいいと思う。
 追記WikipediaではしれっとDVD収録順の話数で並んでるけど、これ要するに、放送時は時系列(本来の並び)じゃなかったってことだな?なにゆえ、わざわざシャッフルしたの?

#08 仁菜のお料理

 ヒロインがある程度の数以上になると必ず混じってくる、破壊的な料理作成者。食べたときの表現もいろいろあるのだが、顔が紫色に変色するほどというのはかなり上級の腕だとみた。こういう人って味見しないのかね。
 水着が続いているのは手間を省くため?水着エプロンのため?

#05 みんなで海水浴

 せっかくの水着回なんだけれど、どれがすでに登場したヒロインなのかわからない上に、水着回お約束の作画がちょっとアレも発動していてなんだかぐんにょりだ。これ、誰が得するの?

#03 シマパン

 ? ただの電波キャラにしか見えなかったが、これでこのヒロインをどう理解せよと。むしろ何がしたいんだと。まだケータイ少女の方がストーリーを進めようという気持ちを感じたぞ…これならゲームのプレイ動画でも再生した方がまだ面白いと思うぞ。絵はそこそこきれいでEDも悪くないのがついてるのに、なんてひどさ。

#02 ぬいぐるみ

 次は妹。なんか毎週発生していそうな光景だな。生まれるっていうから最初はヒロイン候補がどんなとんでもないことをしでかすんだろうかと思ったらぬいぐるみか。納得はできんがそれでいいや。

#01 出会い

 ケータイ少女みたいに本編5分程度のショートアニメ。普通のアニメなら第1話のアバンタイトル部分でこんぐらいなのだけれど、これはAパートBパートが存在しないので必然的に全説明がそこに入ってしまう。
 ヒロインとの会話のかみ合って無さがすごいな。くじらが浮かんでいるということは普通の世界のお話ではないんだろうけれど、よくわからん。乳揺れとかぱんつみえたとか、短時間でよくサービスしてくれるもんです。