ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#16 愛する早季へ

 14歳編完結。
 守と真理亜は大人たちへの不信から手の届かないどこかに行ってしまい、早季たちは守たちを死んだことにして、その情報工作を野狐丸に依頼する。「神様の頼みとあらば」と言うことを聞いているものの、どうにも腹の底が読めない野狐丸。死体の偽装をぽろっと口にしてしまったあたりを、わざと言ってるのかどうなのかもわかんなくて実に不気味。
 早季たちが考えているように、バケネズミたちが人間に取って代わるか、それに近いことを考えているのは間違いないよねー。

#15 残像

 またスクィーラか!
 守と真理亜のいたかまくらがなくなり、二人を探す早季と覚は塩屋虻コロニーにたどり着く。出たよスクィーラ……今や野狐丸の名前をもらい、コロニーも1万8000人の大所帯となっていて、実権が女王から評議会に移り、女王は知性を奪われて「産む道具」状態。こいつやっぱり真っ黒ですよ。
 守を助けてくれた木蠹蛾コロニーのスクォンクを探しに行くだけなのに、どうみても戦争ですし、おすし。

#14 雪華

 教育委員会よりも偉い富子様。ネコダマシの件も富子様ならなんとかできたのではという気がせんでもないが、別にA班を助けたいと動いてくれたわけではなく、自分の後継者と目する早季だから動いてくれているだけよね。テロメアを繋ぎ直すことができるから誰よりも長く生きていて、それは早季もできるはずだと……長生きなヤツが勝つ、これはある種の真理ですな。

#13 再会

 雪中行軍アニメはここですよ。守を探す旅の見せ方って難しいなぁとおもた。早季と覚は呪力でスキーを操るので登り坂でもスイスイ、真理亜はぴょんぴょん跳ねて移動で、力のことを考慮すれば当然こうなるんだけれど、絵としてはものすごい違和感が……。

#12 弱い環

 悪鬼も業魔も、あるんだよ。倫理委員会の朝比奈議長による説明はここまで見てきた視聴者なら「そらそうよ」と言う内容。だって瞬が業魔化しましたし……。悪鬼にまつわるお話の映像はホラーでした。

#11 冬の遠雷

 瞬に関する記憶が消されてしまったが、代わりに班に入った良への違和感から記憶操作を疑う早季たち。あまりにもさらっと記憶が操作されてるから1話ぐらい見逃したかと思うレベルよ。神栖66町の歪さがスゴイなー。

#10 闇よりも

 呪力の暴走で業魔化寸前の瞬。「橋本・アッペルバウム症候群」の話はすでに#03でミノシロモドキが語っていたけれど、つまり、こういうことなわけね。あれだけ大事にしていた飼い犬ももはや元の姿形がほぼ残っていない状態。治療法もないので、そりゃ「伝説の怪物」ということでとりあえず八丁標立てとくしかないですわ。
 瞬も早季のこと、まんざらでもなかったんだろうなあ。いいやつから死んでいくぜ。

#09 風立ちぬ

 「松風の郷」全体が八丁標で隔てられている時点で異常事態なのだが、もう世界の様相が変わっちゃってるじゃない。その先にいるであろう何者かが本当に瞬なのかどうかすらも疑わしいレベル。

#07 夏闇〜#08 予兆

 スクィーラにしても奇狼丸にしても信じきれないなぁと思っていたら、そのまま助けられてしまった。そして、このキャンプでのことはバレてないつもりだったのに実はバレていて、2年間も泳がされていたのだー、と。
 しかし、これはホモアニメですねえ……たまげたなあ。“不純異性交遊”を防ぐためには同性恋愛になるからしょうがないね。

#02 消えゆく子ら〜#06 逃避行

 「このアニメ、どこ行くんだろう」という浮遊感がなくなって地に足が付いてきた。第3話〜第4話の図書館端末ミノシロモドキとの対話は今後見ていく中で重要な、なぜ作品タイトルが「新世界より」なのかというのも理解できる内容なので、ここで「おもんねーわ」と思ったら切るしかないという1つのポイント。

#01 若葉の季節

 前宣伝のさんざんの煽り文句「映像化不可能な原作を」ってのは今のところ感じられなかった。近ごろは偽1話とか思わせぶりなキャラがあっさり死んでしまうアニメも多いので、堀江由衣声のトロい子が消えてしまってもあまり意外性がなかった。