ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ〜逆襲のミルキィホームズ〜(2016)

 1期のノリを整理せずに2時間に放り込んだ感。2期以降の失速感が半端なかった作品で、「そうそう、こういうノリだったよねー」と懐かしさは感じたが、第1期のノリはやはりあのタイミングだからこそ感じられたものなのだな、と改めて。

#01 屋根裏の入居者

 トイズと呼ばれる超能力を使い探偵と怪盗が力を競う大探偵時代。4人それぞれが強力なトイズを持つミルキィホームズは怪盗アルセーヌと3人の手下をビルの屋上に追い詰めていた。しかし、アルセーヌが幻惑のトイズを使った瞬間にビルの屋上に落雷があり、ミルキィホームズたちはトイズを失ってしまった。
 はっきりと「バカアニメですね」と断言できるアホさ加減。というとバカにしているみたいだけれど、ゲーム版の絵柄でこそないものの、そのムチャクチャっぷりは意外と笑える。何より、どうせ新人ばっかりでダメダメだろうと思っていたミルキィホームズ4人が意外(って言ったら失礼か)と上手い。特に緑の佐々木未来さんはオーディションから実力で選ばれただけ合って、細い声なのにボリュームを落とさずにうまく演じられてるなぁと感心した。
 突き抜けてしまえば何でも面白いもので、ミルキィもかなり楽しめる作品になりそう。