ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド(2016)

 @梅田ブルク7 シアター6
 シャドーラインの残党・闇博士マーブロ(南海キャンディーズ山里亮太)に狙われるニンニンジャー。夢の世界に取り込まれそうになったところを、トッキュウジャーに救われ、イマジネーションと忍タリティを合わせて戦いを挑む。
 過去の敵の再利用を「闇クローン」という形で行ったマーブロ。なかなか嫌らしい戦いっぷりで、存在感があった。近ごろニンニンジャー見てなかったので、覇王シュリケンジン(と、乗換からの覇王トッキュウダイオー)の、リンカーン像を思わせる「座ってます」姿にワロタ。合体しまくるロボットの宿命よな。
 まったく関係ないところで気になったのは、ライト(を演じる志尊淳)が意外とデカイってこと。天晴演じる西川俊介はモデルだし背が高そうだなーと思っていたのだが、2人で並ぶと天晴よりライトの方がわずかに肩の位置が高い(プロフィール上は2人とも178cm)。トッキュウジャーは子どもたちが青年の姿になっているだけなので、全員どこか子どもっぽいんだけれど、その中でも特にチームのムードメーカーで明るく振る舞う姿の多かったライトって、どうも小さいイメージだったのよな。なお、あのメンバーだと最も高身長なのはスターニンジャー・キンジの多和田秀弥で185cm、続いてトッキュウ6号・明の長濱慎が184cm、トッキュウ2号・トカッチの平牧仁が180cm。

#01 俺たちはニンジャだ!

 アカニンジャーの鼻声がすごくて、ちょっと何言ってるかわかんないが、役者の成長も特撮の見所なので楽しみにしたい。だって、マジイエローこと松本寛也も相当ひどかったよ最初は。それが、ゴーバスターズでマサトとして出てきた時には頼りがいのある兄貴分だったもの。
 かなりコミカルに振り切っていて、敵のキャラ立ちが待たれる。