ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして―<終>

 1度は絶唱で命尽きたはずのクリスまで立ち上がってきてシンフォギア装備での最終決戦。ノイズを吸収して巨大になったフィーネの姿は近いところだとFate/Zeroのキャスター、ちょっと前だとキスダム -ENGAGE planet-#03で主人公以外を皆殺しにした巨大ハーディアンっぽい。
 フィーネ(了子)のことを信じて許した響はなんとも甘い。月の欠片を止められたからよかったものの、命がけになっとるがな……そこで散っていたら、結局未来との約束は果たせないんですよ?いのちだいじに!
 一応アバンはウソではなかったけれど、その後、響たちは帰ってきたというハッピーエンド。この作品、トータルで作画力がもっと高ければ迫力は違ったのに、もったいない。

#12 シンフォギア

 クリスが倒されたのを見て激昂し我を失う響。しかし、その暴走を翼が受け止める。かつて響が助けた少女やクラスメートたちの歌が響に戦う勇気を与え、さらにクリスと翼を立ち上がらせる。
 翼はいいけど、絶唱したクリスが復活した理由ってなんじゃい。フィーネさんはラスボスにするには小物感。わざわざ響が絶唱しなくてもいけそうに見えちゃうんだけど。

#11 月を穿つ

 了子=フィーネの裏切りを知りつつ泳がせていた弦十郎、生身で着装状態のフィーネを追い詰めたけれど、情で負けてしまった。もともと了子さんは研究員としていたけれど、フィーネの意識が了子を食い尽くしたってことだそうで、かつての同僚だけにね。でも、この「らしさ」が弦十郎だから責められないよね。こんなことでくたばるとも思えないし。
 フィーネはといえば、了子として作ってきた学園地下のメインシャフトこそが荷電粒子砲カ・ディンギルだったので、これをぶっ放して月をぶっ壊して、風が吹いて桶屋が儲かって、世界統一しようとしていたんだと。ぶっ放すところまではたどり着いたが、クリスの絶唱に防がれ万事休す?チャージすれば何発でも撃てるものなの?命を安売りしないって言っていたクリスが、世界のために命を張って、盛り上がりました。

#10 繋いだ手だけが紡ぐもの

 巨大ノイズの空中からの攻撃に、陸戦タイプの響と翼だけでは対処不可能で、クリスの対空攻撃がいかされる。あっさりお手々繋いで仲良しモードになっちゃう響の才能。
 了子=フィーネは米軍と決裂。弦十郎は了子が裏でコソコソ動いているのを知ってて泳がせてるだけですよね。

#09 防人の歌

 翼が響、未来とデートしているあいだにクリスはとことんまで追い詰められていたりして。弦十郎は見た目のまま、裏表のない豪快な人なんだけど、それでもクリスは保護を求めては来ないのね。翼のコンサートに合わせたノイズ襲撃は響とクリスが組むような形で対処。もう素直になればいいのい……でも、来たら来たで、了子がいるんだけどね。(奏と響を書き間違えるというスイプリ的ミスを……)

#08 陽だまりに翳りなく

 未来がクリスを助けたら、クリスを狙ってノイズが沸いてきてしまって「何してんだアタシは!」と。やっぱり悪い子ではないみたいなんだけどな。ノイズの襲撃で、結果的に奏と未来は仲直り。第1話のアバンがあるから、ここで仲直りできずに未来が死んでしまうなんて展開は期待してなかったけれど、それにしてもあっさりな。

#07 撃ちてし止まぬ運命のもとに

 クリスの説得を目指す響だが話は通じず。一方、未来に「嘘つき」呼ばわりされてしまった響、2人の間は修復不可能?
 フィーネがクリスを捨てた理由は、響の方が実績を上げつつあるからなのか。

#06 兆しの行方は

 ここまで際どくごまかしてきたけれど、とうとう響が未来に身バレ。機動2課は「シンフォギアのことは口外無用」とだけ指示していて、あとのフォローが雑すぎやしないか。

#05 なお昏き深淵の底から

 完全聖遺物「デュランダル」を巡って響とクリスの奪い合い。といっても、響があっという間にデュランダルを手にしてクリスをぶっ倒してしまったけれど。クリスに鎧を与えていたのはやっぱり了子さんだったようで、もう誰が見ても分かるようにヒントを散りばめてあったけれど、二課のみなさんは気がついていない模様。そもそも、了子さんの狙いがイマイチわかんないんだよな。翼以上の適合者探し?

#04 落涙

 奏は適合外なのに薬の力で無理矢理適性者になっておったのじゃよー!そしてクリスの登場で、今度は翼がムリをして、落涙というか血涙。どどど、どうすれば!!
 「絶唱」が必ずしも命を落とす技というわけではないということなのか、翼の能力不足なのか、加減したのか不明ながら、最後は奏が「絶唱」して未来が墓参するあの冒頭に戻るのかなぁ。やだなぁ。

#03 夜にすれ違う

 こうして不定期の出撃やミーティングが増えることでじわじわ響と未来との仲が微妙に……。かといって、まだ翼は響のことを認めてないところがあって、展開がアツいな。高垣彩陽キャラの投入はEDから明らかではあったが、ポジションはよくわからん。

#02 雑音と不協和音と

 主に解説回だったので設定の主だったところは把握完了。「それは奏のギアなのに……ぐぎぎ」って翼さんが怖いわけですが、今後は響と二人で戦っていくしかないので、どこでどう折り合いを付けてくれるのか。この世界、あんなノイズみたいなのが突発的に発生するんだったら、日常生活をおちおち営んでられないんだけれど、そのへんはどうなっているんだろう。
 やっぱりツヴァイウイングの情報が漏れていなかったのは機密扱いだった、ということなので、響と未来はすれ違い生活になっていきそう。

#01 覚醒の鼓動

 プリキュアと同じ名前のヒロインがマクロスみたいに歌ったかと思ったらBLOOD-Cの化け物に襲われて、死んだ。
 最初にイメージだけ聞いたときはマクロスっぽい印象だったんだけれど、変身ヒロインだからむしろプリキュアか。でも、「本当に歌いながら戦う」のは笑うしかなかった。息切れとか大丈夫ですかアナタ。せっかくバトル自体は敵が攻撃待ちしてくれたり、良くも悪くもお約束的でイイんだけれど、必殺技演出だけ浮いてる。
 いきなりアバンで響が死んだことになっていたけれど、これは本編後日談ではなくて、ツヴァイウイングと同じように、世界のために戦っていることが秘密だから死んだ扱いにされてしまったかね。
 1話切りすると後悔するタイプだと思うけれど、1話がクライマックスってのだけは勘弁……。