ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 安土城天守 明日を懸けた死闘!!<終>

 天守からかすがによって連れ出されたお市だったが、再び兄に会うため天守に戻る。濃はそんな市を処分しようとするが、市の”黒い手”によって逆に倒されてしまう。政宗らはとうとう安土城天守に達するが、信長の強さは半端ではなく、政宗は瀕死の傷を負わされる。忠勝が現れて自爆攻撃を仕掛けても信長を倒すことは出来なかった。安土城には伊達・武田・上杉のほか、織田に倒された島津・徳川らの遺臣、さらに長曾我部や毛利も援軍として押し寄せてくる。そんな力を受けて、政宗と幸村は共に攻撃を仕掛けてとうとう信長を倒した。
 オールスター総出演。信長を倒した攻撃が格別強くは見えなかったけれど、あの場に集った全員の力が集ってたっつー事で解釈しておこう。それにしても、最後はまた川中島の戦いに伊達が突っ込んでくるんですか。とりあえず伊達は幸村にちょっかい出さずに最上義光と戦うべきだろ…。そして第二期へ。信長や光秀はともかく、家康が死んでるのってどうなんだろう。

#11 光秀の謀反!本能寺大炎上!!

 光秀は本能寺に向かってくる政宗と幸村を囮として用い信長暗殺を謀るが、狙いは信長に筒抜けで、逆に光秀は政宗・幸村と閉じ込められることに。信玄を狙った仇である光秀を相手にはやる幸村だが政宗に押しとどめられる。1vs2の状況に、蘭丸が援軍として現れるが、政宗の前に蹴散らされる。さらに、かすがの情報を持った小十郎が現れ、政宗と幸村は安土へ向かうことに。
 どうやら光秀は(史実通り)信長暗殺を企てていたっぽいんだけれど、この信長はそんなに甘くありませんでしたー。いやもう素敵なほどにムチャクチャです。

#10 幸村再起不能!?伊達軍涙の解散!!

 武将達のプライドを踏みにじるようなやり方を続ける織田軍に、政宗は一人の武将として戦いを挑むことを決意し、伊達軍の解散を宣言する。良直たちを押しとどめた小十郎だが、お館様から離れた間にもしものことがあってはと逡巡する幸村に「甲斐の虎を見くびるな」と政宗と一緒に行くよう声をかける。
 伊達軍、東北から流れに流れて甲斐にいるわけで、ここで解散宣言してもって気がするんですけれども。

#09 甲斐の虎、御勅使川に死す!

 信長は本隊を率いて島津義弘を倒したのち北上、九州征伐を果たす。それに同行しなかった明智光秀徳川家康を討ち取っていた。家康が討たれたという報に、信玄と政宗らは次に狙われるのは自分たちか上杉謙信であろうと考える。そんな謙信のもとに幸村の使者を名乗る忍びが現れ、かすがが席を外した瞬間に謙信の命を狙う。忍は信長の妻・濃だったのだ。なんとか攻撃を凌ぐ謙信だったが、かすがに気を取られた瞬間に蘭丸の狙撃を受けてしまう。
 越後の情勢が気になる佐助だったが、そのころ甲斐では御勅使川の竜王堤が結界寸前となり、信玄自らが出向いていた。しかしそれは光秀の策だった。
 越後の龍、そして甲斐の虎が相次いで織田の手にかかってしまった。謙信にせよ信玄にせよ、そしてこの間の政宗にせよ、ちょうどウィークポイントを突かれていて、織田の嫌らしい戦略が見える。

#08 血風大伽藍!小十郎絶体絶命

 三好三兄弟を打ち倒した小十郎は久秀との決戦に挑むが、宝が揃っていないのに戦いを受ける必要はないと拒絶される。そこへ幸村が駆けつけ、鎧も揃う。すると、久秀は仕掛けてあった爆薬に火を付け、人質もろとも大爆発を起こした。約束を破られた小十郎は久秀に斬りかかろうとするが、久秀が仕掛けた毒にかかり体が思うように動かない。しかし、今度は半蔵が現れて毒消しの炸裂弾を使用。体勢成った小十郎は久秀を一撃の下に葬り去った。先に地獄で待っていろと言う小十郎に、久秀は自爆で応えた。
 いいねえいいねえ、言ったそばから約束を破る久秀節、この義理0っぷりが魅力です。ただ、最初から剣術では小十郎にも幸村にも勝てなかっただろうに、三好三兄弟しか配置していなかったというのはちょっと甘いような気も。

#07 略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負

 浅井軍ごと武田・伊達を攻撃した織田の鉄砲隊の前に傷ついた幸村は、武田の屋敷で介抱されていた。そこへ、伊達軍の兵士が松永久秀に捕まったという知らせが届く。久秀は伊達の刀と武田の家宝である鎧を人質と交換するよう持ちかけてきたのだ。それを知って動こうとする政宗だったが、手負いの政宗を行かせるわけにはいかないと小十郎が実力行使で止めにかかる。まだ傷の癒えない政宗は小十郎の峰打ちを受けて昏倒させられ、小十郎は一人久秀の元へ向かう。そのことを聞いた信玄は、武田の鎧がなければ久秀は人質を解放などしない、そして今は政宗を自分たちがもてなしているのだから面倒は見ねばならないと、幸村に小十郎の後を追わせる。
 戦国の梟雄・松永久秀。イメージ的には「暗殺の後の茶は格別……」という信長の野望 天翔記の暗殺最強武将なので、変な策を使ってくるというよりはストレートに暗殺してきそうな雰囲気なんだけれどね。

#06 裂かれた絆 政宗屈辱の退却!

 織田鉄砲隊は伊達軍だけではなく、浅井軍をも貫いた。政宗との戦いの中で攻撃を受けた長政は、光秀からお市が浅井へ輿入れしたのが長政を討つためであったと聞きショックを受ける。政宗は小十郎が止めるのも聞かず、光秀との戦いを始める。一方、長篠では徳川が撤退を余儀なくされており、殿軍を受け持った忠勝が幸村と斬り結んでいた。
 長政が裏切られるのは予想内だったが、まさか徳川すらも裏切るとは。戦国最強忠勝がわずか2話でやられてしまうとか……。あ、でも修理すればまた出撃できるのかな、ホンダムは。人間なのかロボットなのかよくわからない武将だ。

#05 壮絶!長篠・設楽原の義戦

 長篠で武田・上杉軍は徳川と対峙する。家康は信玄からの説得を拒み、戦国最強武将である本多忠勝を出陣させる。そのころ、尾張を目指して突き進んでいた伊達軍の前には浅井長政が立ちはだかっていた。
 出ました、戦国最強・本多忠勝。もはやこれをただの武将と呼んでいいのかどうか。出撃シーンはどう見てもガンダム、その戦闘能力も尋常ではないし。一方、長政は織田軍によって囮として使われていたようで…。

#04 揺れる緋の華 非を呼ぶ信義

 民ですら容赦せず殺戮する織田軍の動きに、正義を信じる義弟の浅井長政は苦悩する。そこへ信玄から織田包囲網に加わるように誘いを受けるが、不義理はできないと断りを入れる。しかし、織田は長政との盟約を破って朝倉氏に対して兵を向けたのだった。
 長政、どうしてお市を娶ってしまったのか……一番正義とはほど遠い人だぞ、信長は。

#02 戦慄!桶狭間の遭遇

 伊達軍に導かれる形で小田原城に向かった信玄はそのまま北条氏政と戦って勝利して小田原城を落とし、伊達の狙っていた今川義元は織田の手で討たれた。一気に群雄が減っていくなぁ。

#01 蒼紅 宿命の邂逅!

 究極バカアニメが始まるぜ、Are you ready guys?
 よく当時の武将が現代のこんな扱いを見たらどう思うかというけれども、伊達政宗もまさか英語で号令かけさせられるとは思ってなかっただろうなぁ。川中島の最中に伊達政宗が突っ込んできて、それを真田幸村が受けるという史実からははるかにかけ離れた展開なのだが、忠実なら面白いというわけでもないからな。これだけキャラクターが立っていると、もうそれだけで笑える。たまらん。
 若本の織田信長登場も楽しみだが四国の長宗我部元親、安芸の毛利元就あたりも楽しみ。本多忠勝が隻眼サイボーグみたいになってるぜ。