ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

ちびちび演義 恋姫ふらっしゅ〜張飛、おっぱいをもとめんとするのこと〜

 泣き止まない璃々をあやすため、張飛たちは通りすがった華雄や公孫賛たちにおっぱいを出すよう要求するが、どのおっぱいでも璃々は泣き止まない。
 ただ武将たちがおっぱいを出し続ける話。張飛のバカさ加減はちょっと心配してしまうレベルなんですが……。

群雄、生徒会長の座を狙って相争うのこと〜あと、ポロリもあるよ!〜

 現代っぽい時代に舞台をうつし、武将たちは生徒会長の座を争って戦いを繰り広げる。
 「水兵八陣 巨乳は急に止まれないの計!」とか、アホなことをマジメにやっている様は面白い。外見だけで選べば袁紹は立派なものなので、袁紹が会長というのは妥当な結果。本編で貂蝉が出なかったのはここまでパワーを溜めていたんだろうな。あのキャラクターの濃さではギャグ以外耐えられない。

#12 関羽、志を貫くのこと<終>

 義勇軍何進の覚えも良く、劉備はこの戦に勝てば取り立ててもらえることになる。しかし作戦の前日、義勇軍が本拠地としていた桃花村が族の襲撃を受ける。作戦を重んじて動かない劉備に愛想を尽かした関羽は、桃花村へと向かう。
 実は劉備は#08で璃々を誘拐した実行犯の一人だったという話なんだけれど、盛り上げるにしてもちょっと釈然としない展開。最後は村に向かってきていた黄忠や華蝶仮面・趙雲なども集って族を蹴散らすという爽快なものだっただけに、劉備の件だけ残念だよ。#11〜#12の展開は不要。

#11 関羽、劉備と出会うのこと

 関羽一行が目覚めるとそこはいきなり戦いの真っ最中。賊軍を退けた関羽は、義勇軍を率いる劉備と出会う。関羽劉備に惹かれるが、張飛関羽を取られたようで面白くない。
 はじめてまともな男性キャラクターが登場したわけだがいかにもチャラい。キャラへの思い入れがそんなにない自分でも、この劉備関羽が惚れる展開は無理があると感じるので、作品が好きな人にとっては張飛以上に面白くない展開になっているのでは。

#10 孫策、命を狙われるのこと

 孫尚香を連れて呉についた一行は孫策に歓迎されるが、孫権はあまり歓迎していない様子。そんなとき孫策の暗殺未遂事件が起こり、状況証拠から関羽が下手人として捕まる。
 孫策暗殺未遂事件は呉の拡張路線に対して不満を抱く一派を炙り出すための周瑜の策だったわけだが、その頭に担がれていたのが孫静って。コーエー三國志でもたいがい能力値は平凡、顔グラも汎用レベルの武将がいい扱いだな。
 いよいよ華蝶仮面は出番なし!さすがに江東まではついてこられなかったか。

#09 袁紹、宝を掘り当てんとするのこと

 枯れた温泉街で出会った関羽たちと曹操たちは、なぜか関羽を賭けて温泉掘り対決をすることに。一方、袁紹たちは不確かな宝の地図を元に宝を探索していた。
 袁紹が出てくるとお色気度が加速するな。18禁じゃないから湯気が取れたとて描き込めない(毛もアウト)のはわかるけど、それならそれで下は隠して欲しい。いくらなんでも"何もなしの肌色"では色気もエロスも感じません。

#08 関羽、黄忠の企みを阻まんとするのこと

 自己中娘・孫尚香につかまった関羽たちは黄忠という弓の名手と出会う。町ではまもなく盛大な結婚式が執り行われるところで、黄忠は娘を人質にされて金持ちの息子を暗殺するよう強要されていたのだ。
 黄忠の娘・璃々を救出するための無理矢理なお色気作戦。やられ役のバカ3人組はどこにでも出没するなあ。結局、黄忠は娘の無事を確認して見張りの男を殴り倒したわけだが、それなら最初から見張りの男を殴り倒して自分で娘の救出に赴いても良かったような気が。
 金髪ドリル攻めのサイドポニー受け。

#07 張飛、関羽と仲違いするのこと

 関羽張飛は分かれ道での占いをきっかけに仲違い。張飛は町で馬超と再会、町の大食い大会で許褚と出会い、借金の証文で苦しむ姉弟を助けることになる。そんな危機に、華蝶仮面と称する謎の人物が現れる。
 たぶん前のエピソードからそれほど年月は経っていないはずなんだけれど、いったい趙雲の身に何が起こって華蝶仮面になってしまったのか……。

#06 張飛、孔明と張り合うのこと

 霧の中で趙雲とはぐれた関羽張飛。霧は晴れたが、関羽が足をくじいたため近くにあった水鏡の屋敷へと向かう。そこで二人は諸葛亮と出会う。
 噂のはわわ軍師登場。テンプレドジっ娘すぎて面白みがないが、三顧の礼も無しに仲間に入ってしまっていいのだろうか。霧の中ではぐれた趙雲が触れられることなくそのまま行方不明になっていてかわいそうです。

#05 関羽、化け物を退治せんとするのこと

 関羽らは助けた少女から化け物が出るという噂を聞き、退治せんと向かう。しかし、化け物の正体は犬の餌を求めた呂布だった。少女・董卓のはからいで呂布は警護役としての仕事を得、犬も助けられることになった。
 ヘソに芯を挿して火をつけたら三日三晩燃えたという董卓が、まさか儚げ美少女になろうとは。ただ、董卓の参謀というと李儒のイメージが強いなあ。董卓呂布華雄李儒みたいな。
 呂布アホ毛2本は三國無双以降のゴキブリイメージを反映したんだろうか。馬超はここでパーティ離脱。

#04 馬超、曹操を討たんとするのこと

 町で曹操を見かけた馬超は父・馬騰の仇と斬りかかるが、夏侯惇によって取り押さえられる。馬騰の死の真相は、酔って恥をかいた馬騰がさらに深酒した結果落馬して頭を打ったというもので、箝口令が敷かれたものの違う形で噂が流布した結果が馬超の誤解につながっていたのだった。
 夏侯惇はまだ両目あるので、呂布討伐前のエピソード…そもそも、史実の流れ自体が反映されているかどうかわからんけれど。荀紣はドM、腋舐めはアウトだろアウト!もうテレビ録画と見比べる気力もないが、閨のシーンは使えるんだろうか。

#03 張飛、馬超と相打つのこと

 族退治を曹操に任せ、武闘大会開催にいそしむ袁紹関羽張飛趙雲は日銭を稼ぐためメイド飯店(?)でバイトするが、役に立たない張飛は追い出されてしまい、武闘大会で金を稼ぐことにする。大会には馬超も参加しており、圧倒的な強さを見せた張飛馬超袁紹の客将となるが、立場を危うく思った顔良文醜張飛馬超と戦うことになる。
 河北に勢力を誇った袁紹は、たいがいの三国志で名家しか取り柄のないバカとして描かれるが、こういうツンデレ無能という発想はなかったな。このバカっぷりだとこの世界でも曹操には勝てそうにない。曹操が現れて関羽争奪戦の予感……。「ご主人様でもない相手に『ご主人様』なんて」というちょっと倒錯したシチュエーションは面白い。
 DVDでは湯気スッキリだったので見比べてみたけれど、乳首規制はともかく、尻がダメという理由はよくわからん。

#02 関羽、趙雲と死地に赴くのこと

 旅先の領主・公孫賛に招かれた関羽張飛は、客将となっていた趙雲と出会う。公孫賛は近くの山賊に手を焼いているところで、趙雲はこれを一網打尽にすべく偽の輸送隊を襲わせ、荷物に紛れて敵陣に紛れ込む作戦を立て、自らと関羽で敵陣へ切り込むことにする。
 ちゃんと真名で呼び合うようになった関羽(愛紗)と張飛(鈴々)。親しい間柄では真名で呼び合うものだそうで、それならこの世界はもう字なしでもいいのではないかと思う。そして、いっそ変に時代がかった口調ではなくもう現代語でいいような……。ちょっと個性的な趣味嗜好を持つ趙雲(星)が仲間入りして3人旅へ。白馬将軍・公孫賛は実に影が薄い。

#01 関羽、張飛と姉妹の契りを結ぶのこと

 原作ゲームがあって、さらに原典として三国志が存在するからキャラクターは十分に立ってると思うんだけれど、ギャグの空回り感とアクションのもったり感はいただけない。ただの微妙なお色気アニメだというならそれでも構わないけれど。
 一応、武将名と真名っぽいのがあるらしいことは知識として持っているが、関羽が常に関羽と名乗るのに対して張飛が鈴々と自称するのは何だ。