ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#36 野望を粉砕!光りの洗礼

 幽助・桑原・覆面vsM-1号・M-2号・M-3号戦3。覆面の霊光波動拳により、イチガキチームの3人が同時に倒され、試合は浦飯チームの勝利に終わる。自ら化物と化したDr.イチガキも幽助が軽く倒すが、勝ち上がった浦飯チームにはそのまま3回戦・魔性使いチームとの戦いが告げられる。
 覆面によって殺されてしまったかにみえた3人が復活した後、蔵馬の解毒剤で助かった三田村先生と抱き合っているのだが、いかに蔵馬&飛影でも島外まで探しに行って戻ってきたなんてことはないだろうから、Dr.イチガキは病身の三田村を島に連れてきていたってことになるのか。すでに3人のことは完全に操っていたのだからもとの道場に置いてきてもいいし、それこそ殺してしまっていてもおかしくなかったのに。

#35 覆面の正体?!美しき戦士

 幽助・桑原・覆面vsM-1号・M-2号・M-3号戦2。蔵馬と飛影が会場に到着し、足止めしていた敵から拷問で聞き出した情報を伝える。イチガキチームの3人は血の涙を流し、殺してくれと訴える。
 幽助をかばって覆面戦士の覆面が外れ、その正体が若い女であることが判明する。林原めぐみの凜とした声、めっちゃ好き。

#34 勝率0.05%の死闘!

 幽助・桑原・覆面vsM-1号・M-2号・M-3号戦。桑原は前夜に見た夢で、3人が操られていることを知り戦えず、幽助も力は戻らないまま。
 ここから「Dr.イチガキ編」。蔵馬と飛影の足止めが早々に失敗しているわけですが……本来、ガタスバルがあればもうちょっと何とかなる予定だったんだろうなあ。

#33 激突!ベスト8出そろう

 霊丸の連射は体への負担が大きく、試合翌日になっても霊気を溜められない幽助。そこへ、戸愚呂チームと戦う魔界狂戦士チームの羅愚毘が現れる。霊丸を使えない幽助を狙ったものだったが、チームの大将格である黄玉に倒される。
 羅愚毘はアニメオリジナルキャラクター。50年前に開催された前回大会の優勝者である戸愚呂のチームを無視して、次に当たる可能性のある幽助を狙うという愚かさで、そりゃ役に立たないってレベルじゃない。まぁ、いてもいなくても一緒ですけどね……。

#32 ナイフエッジデスマッチ

 幽助vs酎戦3。霊力を使い果たした2人は、足の後ろにナイフを刺して一歩も下がれない状態にした「ナイフエッジデスマッチ」で決着を付ける。最後は頭突きの打ち合いとなり、幽助が勝利する。
 体格差・重量差からみて圧倒的不利だった幽助が勝てた理由はよくわからんが、まぁ幽助ですので。

#31 よいどれ戦士!酎の酔拳

 幽助vs酎戦2。お互い、霊丸とエネルギー弾という似た武器を使い、力もほぼ互角。酎は一瞬の隙を突いて特大エネルギー弾を放つが、幽助は霊丸の連射でこれを切り抜ける。
 若本規夫がねっとりし過ぎない絶妙のバランスの演技。「投稿!特ホウ王国」が始まるのはこの約1年後で、今に通じる「若本節」が完成されていくことになる。いいか悪いかは別として……。

#30 未完の奥義・炎殺黒龍波

 飛影vs是流戦、幽助vs酎戦。是流の力を認めた飛影は、自らの右手を犠牲として大技「邪王炎殺黒龍波」を放ち、是流を消し炭にして勝利する。
 ここまでの飛影は素早い動きと剣術を中心に戦ってきたが、いよいよ「邪王炎殺拳」の使い手としての真価を発揮していく。ちなみに、イメージとして「邪王炎殺黒龍波」とフルに技名を呼称していた気がしたのだが、実際には「炎殺黒龍波」で「邪王」抜きだったっぽい。そのせいで、是流戦の炎殺黒龍波は完全ではなく、武威戦で「邪王炎殺黒龍波」を放ったものと勘違いしていた。
 そして、六遊怪チームは逃げ出したメンバーを殴り倒して補欠だった酎が登場。このチームのメンバーには「リンク」「ゼル(ダ)」「ロト」とアレゲなネーミングが揃っていて、酎も「ピカチュウ」かと考えたくなるが、連載当時はポケットモンスター発売前なので、単に酔っぱらいキャラだからのネーミングのようだ。実際、酎が殴り殺した2人はジョン・レノン風の「威魔陣(イマジン)」と、特になんのひねりもない「牙王」。モブだからね……。
 なお、ED曲がここまで使われてきた「ホームワークが終わらない」から「さよならbye bye」に入れ替わり。章の区切りじゃないし、初回放送時にクールの切れ目だったわけでもないし、なぜここで変更になるのかまったくわからん。
 ちなみに、西村知道声の「秘書の鬼」が「ジョルジュ早乙女」という名前であることが判明したのはこの回。これ以降、暗黒武術会編では戦闘描写の合間に挿入される息抜きのコミカルな寸劇をコエンマと繰り広げることに。真剣な大会だというのにどうなんだってぐらい遊び倒していたけれど、西村さんがいい味出してるんだコレが。

#29 血の花を咲かす蔵馬!

 桑原vs鈴駒戦2、蔵馬vs呂屠戦。呂屠にシマネキ草を埋め込み勝利した蔵馬の「皮肉だね。悪党の血の方がきれいな花が咲く」はあまりにも有名。格好良すぎるんだよなあ、君。

#28 小さな強敵!鈴駒の秘技

 桑原vs鈴駒戦1。鈴駒の「魔妖妖」に桑原は苦戦する。
 原作だと螢子・雪菜・静流・温子が観戦しているが、アニメでは全体的に温子の関わりが薄くなっているので観戦にも来ず、その分が他キャラに割り振られている。幽助の母親らしく妖怪の中でも物怖じしてない温子のキャラもわりと好きなので、ちょっと残念である。一方で、アニメでここから一気に立っていく静流さんのキャラもまた、それはそれで好き。おかげで、暗黒武術会は静流&小兎の折笠愛祭りである。

#27 死の船出!地獄の島へ

 島へ向かう船上で大会に出られる1チームを選抜するという名目の勝ち抜き戦が行われる。幽助が熟睡中だったが、覆面戦士が敵を一蹴する。無事現地のホテルに入った一行は、対戦相手だという「六遊怪チーム」の鈴駒、是流の「歓迎」を受ける。
 是流さんが実力者風吹かせてしまっているのがフラグってるなぁ……。

#26 暗黒武術会への招待者

 幽助は戸愚呂から暗黒武術会へのゲスト出演を打診され、その際に「45%」の力を見せつけられたことから、幻海のもとで修行を重ねる。
 バイクに乗る戸愚呂は声のこともあって完全にターミネーター。そして、修行シーンはあっという間で2カ月経過。とてもテンポが速い。このあと、武術会に入ると1試合ごとの時間がどんどん伸びてテンポが悪化していくことになるが……。
 武術会には5人チームで出場することになり、幽助のチームには桑原、蔵馬、飛影のほかに、謎の覆面戦士が加わる。いったい、何海師範なんだ……。

#25 燃えろ桑原!愛の底力

 特性を活かした戸愚呂兄弟のコンビネーションに苦戦する幽助と桑原。しかし最後は桑原の背中を幽助が霊丸で撃って間合いを一気に詰めるという小技を使い、戸愚呂を倒す。
 幽助は霊丸覚えたての時は1日1発、幻海のもとでの修行を経てもなお1日4発と弾数規制があって、戸愚呂戦でも撃ち放題とはいかなかったので、桑原の存在が効いてくる。三鬼衆戦があまりにも弱くて霊丸を使うまでもなかったのも大きい。ここで消耗させていれば……戸愚呂と左京としては、すでにこの先の暗黒武術会を見据えていただろうから、2人をこの場で倒すつもりはそもそもなかったかもだが。

#24 恐ろしき強敵!三鬼衆

 垂金邸に侵入した幽助たちを迎え撃つ三鬼衆。侵入者の敗北に賭けるBBCの面々だが、左京は1人、侵入者側の勝利に賭け、侵入者vs戸愚呂兄弟では国家予算に相当する72兆3500億円を侵入者の勝利に賭ける。
 三鬼衆があまりにも弱すぎて泣けるが、これでも原作よりは多少マシという……。

#23 闇の使者!戸愚呂兄弟

 雪菜の囚われる垂金の屋敷へ向かう幽助一行。待ち構える戸愚呂兄弟は30%の力で垂金の作ったキメラを倒し、その力を示す。
 原作は幽助と桑原の2人だけで突っ込むところなのだが、ぼたんがいることでやり取りのテンポがよくなる印象。

#22 悲しみの美少女・雪菜

 「雪菜救出編」突入。コエンマからの一人の少女の救出を依頼される幽助。その映像を見た桑原は雪菜に一目惚れして、救出に同行することを決める。
 幽白のひ弱ヒロインといえば雪菜。戸愚呂兄による小鳥ムシャムシャはさすがに描写できなかったようで、手の中で握りつぶしたような描写に。