ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#25 屍の果て<終>

 初代屍姫屍姫と契約僧との縁の触媒になっていたので、初代の屍が破壊されてちょっと戸惑ってしまったが、俺たちの絆の前にはそんなものは障害にもならなかったぜ!

総評

 番宣CMでの棒っぷり(「侮蔑と」→「ぶべっと」)から本当に嘲笑されていた番組だが、ストーリーや棒っぷりは置いといていいアクションをしていた。プリキュアが時々見せる神懸かったヌルヌルアクションとは違って、作画の線すらも飲み込んでしまうようなケレン味溢れたアクションで、理屈ではなく視覚を愉しませてくれる。
 マキナとオーリが主役ながらも軸になったのは前半がアニキ、後半は赤紗。特に赤紗を巡るドラマはラストを飾るに相応しいものだった。北斗、狭間、赤紗と魅力的な悪役にも恵まれていた。秋山奈々羽染達也がこの作品をステップに、いい役者さんに育ってくれれば何よりです。

#24 一〇八の嘘

 赤紗の手で明らかにされていく事実。108体の屍を倒しても屍姫は成仏できないどころか、理性も執着も失った破壊に屍になるというのは、それだけが救いだと信じてきた人々にとっては存在を揺るがす事実じゃないのかと思うが、マキナたちの活躍を見ていると108体ぐらいサクサクっと倒した屍姫はけっこうな数に上りそうじゃないか。狭間がその真実をいつ掴んでいたか知らないが、戦いの最中に屍姫を破壊の屍にされてしまうとはいい策を思いついたものだよ。

#23 地獄の先へ

 赤紗と北斗に押し通られながらもオーリたちを足止めした貞比呂の意図がわからなかったが、権大僧正なら北斗をも止めうる実力があったからなのね。本当なら北斗も消し去る力だったんだろうけれど、星村家の屍法姫教典とやらが規格外の強さなのね。そこは本多さんが身を挺して止めようぜ。

#21 我が母は穢れたまいし

 オーリは屍から生まれた子だとか、なんたるとんでもない話。こうなるとフレッシュさんの明るいバカっぷりが助けになります。マキナは北斗に連れて行かれちゃってるしなぁ。かわいい少女の外見をしながらも首を180度ひん曲げられてそれでも動く北斗はキモく、そしてマキナの太ももはエロい。

#19 幸福という怪物

 削り取られるよりも早く甦ればいいとは仰る通りで、むちゃくちゃな戦い方だがこれがマキナの強さだな。あれで七星「重無」は倒したと見てもいいのか。
 お胸様巻き込まれた。あまりにさっくり死んでしまって感慨もないが、登場したての時はコメディリリーフのようだったのにこんなキャラになってしまうなんて。頭屋のやり方はどうもヤだな。

#18 性と未練

 サガを持ちつつもそれに抗い生きていくのが人間、サガに囚われて生きていくのが屍。景世が屍になんてなるわけがないんだが、あの外見ではマキナは手が出せない。その点、兄貴はそんなこと言わないと殴りかかるオーリはやはり人間なのだな。

#17 異月の貌

 オーリを見て嵩征は自分の過去を重ねる。やっぱり屍姫はあくまで屍姫なのね。屍になってしまった友達をそれでもかばってしまうあたりは、確かにオーリと嵩征は似ているのかも知れない。

#16 愛しき異形

 屍姫を愛してしまうことの代償。お風呂シーンのサービスっぷりと、その後のマキナの異形とのギャップがおそろしい。屍姫だと知らなければ普通の女の子にしか見えないだけにね。
 マキナはやっぱり景世を忘れられないんだな。

#15 我が敵

 光言宗の僧は執着に取り憑かれて屍にならないと言うが、品行方正な僧ばかりじゃないのはご覧の通り。景世も成仏したけれど、もしあの時に「ZENBU NOSE プチッと」のことを思い出していたら成仏できなかったと思うわ。
 謎時空は外側から割って入ってこられたけれど、もうあの僧たちは置いていこうよ。

#14 光の道筋

 事前情報から赫とあんまり変わらないのではという空気はしていたけれど、まさかOPもそのままとは思わなかった。EDは前回から変更になっていたので、実質変わったのはタイトルロゴ部分だけ。実況でも言われていたけれど、この調子で「赫」「玄」「蒼」「白」とか続いたらやだな。
 赫に比べるとおっぱいが大きくなったようで、はいてない新キャラも追加されエロ方面に弾けた気配。はいてないアクションを極めるというのも一興かもしれない。