ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#90 小っちゃいメモとでっかいお守り

 PD克服の特訓を続けてきた日々人に対する試験が行われることに。二酸化炭素濃度上昇がグリーンカードだと気付いても問題は対処できるか、発作が出ないか。ここで六太が日々人に送った鏡が役に立つ。たぶん六太はそこまで深く考えてないと思うんだけれど、直感的なところの冴えというか、必要な場面・場所で必要なアイテム・言葉を出してこられる豪運の持ち主だよなぁと。

#36 踊る宇宙飛行士

 ALSにかかったお父さんの治療法を探せるかもしれないと宇宙飛行士を目指したせりかさん。やべェ、背負ってるものが他と比べて段違いだ。
 長いシリーズだからこその脇役掘り下げが効いてくるが、せりかさんは特に六太と並ぶお気楽キャラクターに見えているから、なかなかに趣深い。

#34 月夜の晩にパグとハグ〜#35 だだっ広い施設のほんの一角から

 いよいよ宇宙飛行士試験の結果発表が始まる……なのだが、35話はまるまる1話かけてケンジの当選。そういえばケンジは家族まで出てきていたけれど、どうして宇宙を目指すようになったのかとか現職とか細かいところが描かれていないんだった。奥さんとの出会いからやるとは思わなかったけれど、こうして支えてくれる家族がいて、宇宙への思いも強い人なのであれば、そりゃ合格ですよね。宇宙飛行士に限らず「なりたい」と本気で思う情熱があれば、少なく思える勉強時間も補えるし、やれることはやれるはず。
 で、次がせりかさん回。

#21 久しぶりの空〜#33 月のウサギ

 感想を溜めている間に日々人のロケット打ち上げまで終わってしまった。アズマさん絡みでいうと、日々人のことを嫌っているとか、そのせいで六太が審査で不利になるんじゃないかとか色々ありましたが、日本人初の月面軌道周回を達成した飛行士は、そんな器の小さい人ではなかったという。NASA職員ですら誤解していたようだけど、マスコミ報道が過熱しすぎるのはわかる。

#16 アラームアリ時計ナシ〜#20 一番酷い仕打ち

 試験結果はジャンケンで新田とせりかさんが勝ち抜け。そのあとの、身長が低くて宇宙飛行士を諦めたというオジサンとやっさんのエピソードとか、宇宙飛行士の次の夢を早くも見つけた福田さんとか、細かいところまでアツいよね。
 一方、ダメだったかに見えた六太も最終には残っていたりして。

#15 宇宙の話をしよう

 閉鎖環境試験は後半戦に入り、管制室の担当者が鶴見から星加に変更。A班では設置されていた時計が紛失して壊されており、B班では深夜にアラームが鳴り響く。そうしてゴタゴタする中、新しい課題として真っ白なジグソーパズルを解くことに。あくまで宇宙飛行士気分で、時計を誰が壊したか探るのではなく、その環境の中でやっていくしかないと説明する六太は、実は福田さんが壊したところを見ていたのね……。
 「緑のアレ、使うのか」というセリフがあったので、これって試験の1つなんだと思うけれど。これで犯人捜しをしてぐちゃぐちゃになってしまうような班はダメじゃないですかね。

#14 壊れたメガネと足の裏

 福田さんのメガネを誤って古谷が踏んでしまう。それでも頑張る福田さんだったが、打ち込みテストの結果は過去最低に。候補者同士もライバル、意地を張る古谷だったが、拭えない足の裏の感覚に、新しいメガネを要求することに。
 なんだかんだで、古谷のようなトラブルメーカーっぽい人でもここまで残ったのには理由があるよねぇ。福田さんは家庭を失って、今度は職も捨てて挑んできているのか……なんて54歳だ。

#13 三次元アリ

 強硬な宇宙開発反対派に対する抗議文を書こうという次の試験。古谷の指摘通り、「抗議はしない、宇宙へ連れて行けばわかってもらえる」は回答にはなってないんですよねえ。しかし、A班がワイワイと盛り上がっている一方でB班の空気の険悪さと言ったら……。C班は空気ですな。

#12 わたしの名前は伊東せりかです

 六太、せりかと同じA班になったのはかつてロケット開発に携わっていたという壮年の福田さん、関西弁で絡み続けてくる京大霊長類研究所の古谷、筑波大学でスポーツ医学を専攻している新田。古谷はアンケートの中で宇宙飛行士にふさわしい者として下位2名に新田と六太を入れていて、面白いところ。このテストでは、最後に班内から2名を全員意見一致で選ぶ出すことになっているけれど、そこまでに誰がどのように共感を得ていくのか。

#11 閉じ込められたライバル達

 バスから閉鎖環境テストへ。せりかさんの敵は周囲の誰かよりも腹の虫ですな。バスから下り、3つの班に分けられて最初に挑むのは現在時間。宇宙飛行士ネタといえばすぐに思い出すのはプラネテスふたつのスピカ、あと直近で仮面ライダーフォーゼもやったな。自分がやるのはイヤだけど、他人が挑んでいる閉鎖環境テストってほんと面白い。

#10 バスバス走る

 完全に窓を封じられたバスで次の試験会場に移動する六太たち。しかし、この移動自体も試験の一環であると見抜いた六太とケンジ。この強烈な関西弁キャラ、ほんとなんでここまで残れたんだろう。どこまでもプレッシャーとか感じずにいられるというのはある種の才能だけど。

#09 それぞれの覚悟

 2次試験合格組の祝勝会で、せりかが宇宙を目指す理由を知った六太。それにしても、六太が日々人の兄だから……なんてことを、この場でもまだぶつけてくるのがいるんですな。

#08 白煙天国

 消火器強盗を捕まえたことでアメリカのテレビ番組に取り上げられた六太。オジーはその真相を知っていたけれど、六太に賭けてくれた。自身も言っていたけれど、こういう偶然をモノにする力も大事だよね。

#07 拝啓日々人

 六太はテレビを見ながら新聞を読みラジオを聞く、嫌なことがあったときの「コロコロムッタ」に変身。日々人に問い詰められて、頭突きの件によって宇宙飛行士に92%落ちたことを伝える。ドーハの悲劇生まれを言い訳にする六太に、日々人は「諦めんなよ」と、本来六太が日々人に言いたかった言葉をぶつけてくる。
 日々人のタイムを時計もなく数えられたり、今回のように目隠し訓練と同じレベルのことができたり、技量は本当に十分だと思う。でも最後は運を持っているか、持っていないか……。