ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 きらめきはこえ<終>

 そっかそっか、光太も天才だからとすべてを託されてプレッシャーはあるわな、とちょっと思った。見事ひもを倒して地球圏は救われた。大団円。すばらしい。伏線めいたものが残された気はするが…。
 第2期制作を希望する声があるのが理解できる出来。#01感想でも書いたが、今放送してもなお新作と十分に戦えるクオリティだと思う。ただ、個人的なところだと光太としーぽんがイマイチ好きになれなかったのには参った。自己中心的なのではなくて、外からの干渉を受け入れるように見えてその実、全部自分で決めてしまっているから、そこに至る心情を理解しづらい。それを補って余りあるだけの魅力はあったけどね。

#25 さよなら

 インフィニティとアルキュオンの合体攻撃は重力なんたらの影響を受けて失敗。こればかりはしーぽんのせいでも光太のせいでもないのだが、光太は自分のせいだと抱え込むし、しーぽんはもちろん焦るし。
 さていよいよ最終回、ひもは防げるのか。

#24 ふたたびのやみ

 ってなわけで「学舎たるステルヴィアを作戦に使うなら学生が参加してもいいよね」とアリサたちが残ったのは学生たちの総意だったらしい、やるね。
 光太としーぽんには再び距離。ジェネレーターをつけて、みんなの希望をのせてゆけゆけしーぽん。必ずしも皆あの天才インターフェースが必要とは限らないんだぜ。

#23 だからあなたがいる

 ジェネシスミッションに参加しないメンバーの退去が決定。もちろんアリサたちは潜んでいるわけですよ。
 光太は初佳との相談の中で、しーぽんは全部勝手に決めてしまうと。そしてそのころ、やっぱりしーぽんはこのミッションの間はパイロット同士でいようと勝手に決めてしまっていたのだった。光太だけじゃなくてしーぽんも結構苦手。この子、勝手にテンパって勝手に解決してるから、側にいると振り回されそう。

#22 それぞれのみち

 おっと、異星人との通信プロトコルをゲットだ。って、異星人だったんですね、ヒュッターさん。妙に「地球人は」って言うわけだ。しーぽんしーぽんのやり方、光太には光太のやり方。なんか自然に仲直りしちゃった。迅雷の意地をみた。

#20 みらいをきみに

 りんなのおかげで地球圏は救われ、土星が犠牲になることもなくなったみたいですよ。いったいなんなんだ。
 パーティーで光太としーぽんはやっぱり仲直りできず。光太から告白したわりに、光太はしーぽんが理解できないままなのだね。そこで初佳を頼ってしまうか。女性の気持ちは女性にしかわからんだろうけれどねえ。なかなか光太が好きになれませんなー。

#19 なきんぼ おこりんぼ

 光太と同じものが見られず、置いていかれた気分のしーぽん。晶の言葉もきっかけになり、アリサ、弥生もまじえて四人で仲違い。誰が悪いわけでもなく、どこにあたればいいという問題でもない。青春の壁。でも、しーぽんはアリサには謝るべき。そりゃ、アリサにはしーぽんの苦しみはわからない。友達ならぶつければいいじゃないか、ただの友達じゃなくて大親友なんだろう?

#18 とおいこえ

 主に小唄死ね。80日間艦を開けた間にアリサはパイロット予科生から整備へ、ジョジョたちは付き合うことになっており、晶には遠い人だと言われ。誰もしーぽんが苦しんでいることなんて汲みやしない。ここは一緒にインフィに乗っている光太が感じ取らなければならないのだけれど、光太はそれどころではないというか、自分の感じていた輝きが見えたことで周囲に気を使うどころじゃない。
 異星人の可能性。面白いというか、そう考えるしかないのかもしれんぜ。

#16 うたがいのなかで

 未確認機がウルティマを攻撃。宇宙の裂け目、コズミックフラクチャってなんぞや。
 反撃に移った敵の攻撃によるダメージの見せ方、えぐれるようなやられ方が見ていてつらい。初めての大損害か。作戦ミスでもあるが、奇数小隊は可哀想に…。
 そして、ウルティマはひとまず放置か。

#15 わかりません

 始業式。いきなり動員かけられてますな…。りんなは再び宇宙のステルヴィアに戻ってくるようで、歓迎会。
 ジョジョと晶が仲違い?戦争は好きじゃないのね。
 光太が忙しくてちょっとしーぽんは不満気味。そんな光太の相手は先生…?なにか光太には見えているけれど、検査ではおかしいところはなく。

#12 こくはく

 本放送時、自分はこの作品は見ていなかったけれど、よく見ていたサイトで「小唄死ね」なんて感想を見かけて一体どんな話だったんだろうと思っていたんだけれど、実際見てみるとその気持ちがわかる。そこまでしーぽんが好きってなわけでもないんだけれど、なんだろうこの気分は。
 初佳と弥生も仲直り。ぱやぱや。