ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

図書館戦争 革命のつばさ (2012)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター3
 当麻蔵人の著作に酷似した原発テロが発生し、検閲を強める良化隊と当麻を守ろうとする図書隊は激しく対立。当麻を原告としてメディア良化法のあり方を問う裁判に発展する。
 図書館戦争といえばかつてのノイタミナらしい女性向けトレンディアニメって感じだったが、その流れは続いていて、盛り上げ方はドラマ的。良い意味で。わりと本編は面白かったのだが、終盤に大阪が舞台になったときのガッカリ感は異常。ロケハンはよくなされていて、町並みも「そうそう、そんな感じ」って楽しめるのだが、それだけに服屋の店員が大阪弁丸出しはありえねーだろとか、カーナビの示すルートがあり得ないとか、考証不足・変な描写が目立ってしまって、劇場の空気も弛緩した。
 ※御堂筋はあの世界でも南向き一方通行なので、中之島あたりからアメリ総領事館に向かおうと思うと北側から回ってくる必要がある。笠原が御堂筋を逆行するのは構わないんだけれど、カーナビが一方通行を逆行するルートを示しちゃうのはダメだろ……。
 でも、ラストとかよかったですよ。堂上と笠原がどうなったのか、後輩が指導教官である郁に対して「堂上教官!」って言うだけのセリフで示したのとか。2人の結婚式シーンも見てみたくはあるけど。
 そういえば、この映画の上映前、「NARUTO」映画最新作の予告が2回も入っていて無駄な時間だと感じた。連続で映画を観ているとき、上映時間が被りそうだと予告編の間に入場できたりして助かることもあるが、そもそも予告抜いた時間で書いておいてくれればそれでスケジューリングするって話だな。正直、映画館の予告編を見て「これ見に行こう!」って思う作品はあんまりないので、もうちょっと減らして欲しい。特に邦画な。海猿とか、どんだけ予告編流されても見に行きませんから。

#12 図書館ハ誰ガタメニ<終>

 稲嶺司令の退任と、それを受けた図書隊勢揃いでの敬礼はイイんだけれど、本当に大変なのはここからだろうなあ。なんかちょっと笠原の綺麗事でごまかされた気分。
 良くも悪くもドラマ的な話で、図書隊と良化隊の背景に対する説明にもうちょっと時間をかけて欲しかったかなぁと思うが、それなりに無難な出来ではあった。

#11 死闘!茨城県展警備

 #03 小田原攻防戦もそうだが、本格的な戦闘になったときのこの嘘くささ、ああドラマだねとしか思えない戦闘はどうにかならないか。機動隊と過激派の激突よりも迫力ないぞ。戦闘の内容自体より、笠原がどう戦ったかの方に焦点があるせいか。
 防弾チョッキを着た相手に弱装弾撃っても死なないらしいですが、良化隊も顔まで完全防護してるわけではないので流れ弾で死んでるやつ絶対いるよなぁ。バリケード防衛で、上から堂上が撃ってるのは特に当たりまくってるはずだからただじゃすまんぜ。向こうはもう肉体だけを武器にぶつかってきたのか、堂上を狙うやつがいなかったな。
 館長の行動は明らかにおかしかったんだから誰か一人ぐらい監視につけておくべきだった…せめて、水戸図書隊の女性隊員でもよかったのに。

#10 里帰リ、勃発

 笠原は良くも悪くも戦いに燃え上がるタイプなので、堂上の冷静なアドバイスがなかったら本当に親子の縁を切りかねないよな。水戸の図書館の問題のついでではあったけれど、家族の問題が片付いたのはよかった。水戸の図書館も、一時的な措置だと笠原が帰った後に元通りになってしまうところだが、館長が更迭されることになりそうだから問題は解決か。

#09 昇任試験、来タル

 相手を意識しすぎるあまりに遠ざけてしまうってのはラブコメの鉄板ですな。一番今楽しいのはきっと堂上と笠原の反応を同時に楽しめる小牧だろう。手塚はいかにも実技に弱そうな感じだけれど、笠原がダントツの一番だったのは意外…かも。ただの読み聞かせではなく、図鑑に子どもを引きつけたテクニックは確かにすごいわ。

#08 策動セシハ手塚慧

 手塚兄が派手に動いてどうなるのかと思ったら、笠原をあちら側に引き込むための工作なのか…しかも堂上の乱入だけであっさり笠原を諦めるような手紙を送りつけたり、どこまで本気だったのかさっぱりわからん。今回は笠原は振り回されるばかりで、その裏でのしっかりとした柴崎のフォローがどれだけ効果的なのかを実感した。「必要とあらば寝る」ってどこの女スパイだ。
 さりげなく明かされた笠原の「白馬の騎士」の正体、たぶん笠原以外はみんな最初から気付いてたと思うけどなぁ。まさか、思い当たりすらしなかったのかね…。

#07 恋ノ情報探索(レファレンス)

 手塚の兄貴は良化隊を引き上げさせることぐらいかんたんにできる実力者らしいが、兄弟仲は悪そう。柴崎に近づいてきた朝比奈は最初からあやしげな雰囲気をぷんぷんさせていたが、手塚兄の差し金か。図書隊の解体とか、そういうことを狙っているんだろうか。
 ドンパチない方が盛り上がるような気がする。

#06 図書隊ハ発砲セズ

 これは実弾を使っているけれど、本人たちは殺し合いをしているという実感を持ってやっているんだろうか、というような疑問を持ったら負けなのか?そのへんの説明エピソードをしっかり一つ挟んでも良かったと思うんだよなあ…。今回、小牧が協定違反の発砲で負傷したように、不測の跳弾で民間人が死亡することだって十分にあり得るわけだが、そういうのはどう処理されるんだろうな。
 良化隊はメディア良化法、図書隊には図書館法と根拠になる法があるわけだが、図書館法を潰しにかかろうという政治家はいないのだろうか。

#05 両親攪乱作戦

 母親というのは心配するのが仕事みたいなものだし、そもそも関東図書隊に入隊する際に親に相談せずに決めてきたのなら、あの過剰な心配っぷりも納得ですよ。お父さんがどの段階で笠原の本当の仕事に気付いたのかは明らかにされていなかったけれど、本当は最初から知っていて訪ねてきて、娘の仕事っぷりを見ようとしていたのかも知れないな。

#04 図書司令官ヲ奪回セヨ

 図書館は次から次へと変な連中に狙われているようで、良化隊だけでなく、良化法に賛同するなんたら団体みたいなのが…。笠原は今回は役に立ったと思うよ、あの暗号はギリギリながらもよくひねり出したもんだ。手塚の告白の真相もわかったし、これで懸念するような話はもうないと思ったら次は両親のお越し。前に手紙を送ろうとしてやめていたが、来るとなるとごまかしようがないな。

#03 小田原攻防戦

 今さらながら、これはもはや戦争ゴッコではなく本物の内戦なのに、状況があっさり終了するっていうのがどうも納得しづらいところではある。図書隊からは今回のケースでは死者は出ていないみたいだけれど、以前は死者が出るケースもあったみたいだし、毎回こんな火器使ってるなら大きな損害が出てもおかしくはないのにルールもクソもないだろう。実況でツッコまれまくっているが、じゃあなぜ本を守らなければならないのか、データではダメなのか。図書隊は図書館予算で独自で武装しているとして、政治でつぶしに来ようとする動きはないのか。このへんスルーして笠原と堂上、手塚の恋愛関係に持っていこうとするからスイーツ向けとバカにされてるんじゃないかねえ。ノイタミナでこれと同じような雰囲気だったのはのだめカンタービレになるが、こちらは現代の音大が舞台だから時代背景の説明をわざわざする必要がなかったし、何より2クールあったから余裕だったな。
 笠原はタスクフォース配属には驚いていたくせに、こうやって任務から外されると怒るんだな。

#02 図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)

 訓練、業務、実戦投入と目が回るような忙しさの話だった。物覚えが悪いとチョコレートを食べさせられるというのは肉体的罰則を科せられるよりも地味に効くな。お肌の荒れを気にしなくてもいいはずの二次元ヒロインがニキビ顔ですよ。
 手塚が面罵したように笠原が図書館業務面でかなり足を引っ張っていたのは事実だが、"図書特殊部隊"なんて名前がついてても図書館業務しないとダメなのか。大変だな図書隊。
 そして最後は手塚から告白。「ちょっと(そこまで)付き合って」の誤解なのか、本当に交際の申込みなのかわからんが、「提案なんだけど」で交際を申し込むのは珍しいよね。

#01 我ガ王子様ハ図書隊ニアリ

 メディアを取り締まる良化隊と図書を守る図書隊で武力闘争て!とは思ったが、中身は面白かった。のっぽヒロインて悪くないよなーと思ったら170cmか、そこまで抜群に高いというわけでもないんだな。