ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 祈 焦 ―いのりのこがれ―<終>

 特戦一課には悪いけれど、これ以上犠牲者が出る前に黄泉を止められて良かった。一度で止めまで持って行かず、二人の覚悟を挟んだ上で最後の戦いへと持って行く演出は激燃え。2年後の「喰霊」へとつながる終わり方だったけれど、神楽は黄泉にトドメを刺せなかったのかね。あるいは、また別の可能性の一つ?

総括

 そう簡単にできるネタではないけれど、事前情報で出ていた主人公チームを第1話で全滅させ、第2話でも本当の主人公チームを苦境に追い込むという大がかりな仕掛けのおかげで、最後まで緊迫感を保ったままストーリーが展開した。特に、第3話から神楽と黄泉のぱやぱや展開で一度緩めていただけに、後半の引き締めが効果覿面。イメージアルバム「百合ームコロッケ」とか宣伝したそのあとのパートでグロ展開とか、真似できないわ。

#11 運命 乱 ―うんめいのみだれ―

 いよいよ物語は未知の領域へ。この段階においても菖蒲や桐がかなり際どい戦いを強いられ、ナブーは一人が乱紅蓮に喰い殺されるなど緊迫感漂った展開が続いており、それだけにマイケル登場には和んだ。でも変態だよ、このオッサンは。
 神楽が白叡を受け継ぎ、最後は乱紅蓮と白叡でバトルですかね。

#10 悲劇 裏 ―ひげきのうら―

 安直に「神作品」というのもアレだが、真ん中CMすっ飛ばしてのこの約20分は本気でヤラレタ。イメージアルバム「百合ームコロッケ」とか言ってる場合じゃない。
 毎度毎度ながら、喰霊は第1話のショックがいまだに抜けていないから見ている側もなかなか気が抜けず、今回の一騎も捕まった姿を見た時点で覚悟はしていた。していたけれど、あんな殺され方をされるとは思わんよ……。紀之のヘタレっぷりは情けないを通り越した。

#09 罪 螺旋 ―つみのらせん―

 もし物語が#03 邂逅 砌 ―かいこうのみぎり―から始まっていたら「え?え?ええ?」と驚愕していたところなのだが、これは待ちわびたカタルシス。決していい方向ではない、神楽と黄泉の物語が決定的に破綻する一線だけれど、それゆえに実に心地よい崩壊。
 紀之との破談がきっかけかに見えたけれど、むしろ神楽の同情の方がキツかったのね。

#08 復讐行方 ―ふくしゅうのゆくへ―

 幽が謀ったわけではないだろうが、黄泉に対する苛烈な仕打ち、よほど"諫山の血"とやらに執着があるらしいな。もっとも、その諫山の血を継いでいるおたくの大事な娘さんは単独で行動したあげくあっさり殺されましたけどね。殺生石によって操られていた冥だが、その行動は心の闇を三途河に突かれた結果。あれだけ煽って正気じゃなかったのでは済まないよな。
 "市ヶ谷の"は#01 葵 上 ―あおいのうえ―で能力を見せながらもボロカスにやられていた部隊じゃないか。
 黄泉が受けた傷はとても無事では済まないレベルに見えるので、ここで三途河に殺生石を埋め込まれて反転か。それなら神楽への猛烈なコンプレックスも納得である。

#07 呵責連鎖 ―かしゃくのれんさ―

 神楽が友達からハブられるかと思いきや、意外とすんなり受け入れてくれた。でも、そういう理解してくれる仲間って死にそうでイヤだね。この、神楽と友人との話の最中に第1話で壮絶に死んだ4課のトオルとナツキらしき人が横切っていった。
 冥が何事もなかったかのように顔を見せているが、それは冥であって冥ではない…。
 紀之とのデートにかまけている間に父親が襲撃されるなんて悔いても悔やみきれないなぁ。

#06 美 敵 ―うつくしのてき―

 超災害対策室とは別で動いている冥、やはり一人というのは強敵に出会ったとき支援に回る人員がいないから脆い。黄泉を狙ってくるのかと思っていただけに、ここでの死亡にはビビった。でも、「喰霊-零-」はすでに#01 葵上-あおいのうえ-でガッツリ全滅展開をやってのけているので、どこで誰が死ぬかわからない緊張感があって面白い。黄泉や神楽、一騎らは#02 憎発露-にくしみのはつろ-の時点までは生き残ってくれそうだけれど、あの話に出てこなかったサブキャラたちは死んでいてもおかしくないもの。
 その意味では、冥ではなく神楽の友人二人がロッカーに逃げ込んだときにはロッカーごと破壊されて死んでしまうのではないかとドキドキした。校内をスクール水着で歩きまわったり、狭いロッカーで密着したりと百合エロスを振りまいてくれて眼福だったけれど、ホラー映画ではその直後に殺されるケースなんて珍しくないからね。神楽が主人公らしくやってきてくれてよかった。

#05 頑 想 ―かたくなのおもい―

 退魔話はいったんお預けで、婚約者である黄泉と紀之の関係を心配した神楽による、嫉妬で仲を煽ってみよう作戦。作戦段階では暴漢のフリをして黄泉を遅い、そこを紀之が助けるという計画が立てられていたが、一騎もナブーも逆に乱紅蓮に食い殺されるイメージしか思いつかなかったというのは黄泉がどう見られているのかよくわかる。室長もノリノリで参加してきたのには笑った。あの室長だからみんなこういう雰囲気になるんだろうな。岩畑さん、ガチなんだ。
 ギャグ一辺倒ではなく、諫山の務めを養女である黄泉が継ぐことに反対して冥が顔出しする重要(っぽい)場面も。冥は黄泉を認めているのかというとそうでもなく、黄泉が消えれば自分が継ぐことになると考えているようなので、よろしくない。

#04 務 大義 ―つとめのたいぎ―

 どんどん黄泉と神楽の百合路線に走っているとしか思えないのだが、後には対立することがわかっているだけにどこに伏線があるのかと毎回じっくり見てしまう。今回は黄泉の「獅子王」がマイケル小原によってメンテに入ったため、神楽がメインに立ち黄泉は打杯28號(だぐらすにじゅうはちごう)を装備していたが、ひどい武器だ。ほかにもジャクソンだとかJ・フォックスだとか、そういうネーミングかい。

#03 邂逅 砌 ―かいこうのみぎり―

 前日譚みたい。#02 憎 発露 ―にくしみのはつろ―で出てきた黄泉と神楽が物語の中心人物2名だったらしい。年のちょっと離れた姉妹みたいに仲良くしていたけれど、なぜか対立するに至ったというわけか。

#02 憎 発露 ―にくしみのはつろ―

 とりあえず、前回の特戦四課の全滅はなかったことにはなってないみたいで、他のチームの化け物退治話。超自然災害対策本部には特戦四課以外にも多くの部隊が所属しているみたいだが、今回もまた一人死亡。相手の剣を自分の鞘で受けるとかどれだけ超人技だよと思ったが、とどめを刺せなかったからな。

#01 葵 上 ―あおいのうえ―<新>

 初回で主人公チームが全滅というのはなかなか斬新でよかったんではないでしょうか。エンディングは黒バックで曲だけだし、次回予告もないし、次回が気になる続き方としてはこれ以上はない。ただし、今回が抜群に面白かったというわけでもないので、第2話には相当な期待がかかってくるところだが、大丈夫だろうか。